お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA 2010-08-06
16:35
東京 IIJ 神保町三井ビル フローデータとBGPの連携によるトラヒック分析システム
小林淳史倉上 弘加島伸悟高橋洋介石橋圭介NTTIA2010-28
自律システム(AS)間の経路変動に伴う急激なトラヒック変動は、ネットワーク回線を逼迫し、ユーザに提供するサービス品質の低... [more] IA2010-28
pp.65-70
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2010-03-02
14:25
宮城 作並温泉一の坊(宮城県) BGP経路情報とフローデータによるトラヒック変動監視システムの提案
小林淳史廣川 裕倉上 弘NTTSITE2009-68 IA2009-120
自律システム(AS)間の経路変動に伴うトラヒック変動は、急激なトラヒック迂回により、あるネットワーク回線を逼迫し、ユーザ... [more] SITE2009-68 IA2009-120
pp.271-276
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2010-03-02
14:05
宮城 作並温泉一の坊(宮城県) IPFIX/PSAMPを用いたデータリンク層のトラヒック監視の提案と実装
加島伸悟小林淳史NTTSITE2009-73 IA2009-125
IPFIX/PSAMPはフロー技術の標準方式であるが,主にネットワーク層以上の監視を想定した方式であるため,広域イーサネ... [more] SITE2009-73 IA2009-125
pp.311-316
IA 2009-07-17
16:00
東京 IIJ神保町三井ビル [特別講演]フロー統計技術を用いた多目的トラヒック計測技術の検討
小林淳史NTTIA2009-29
 [more] IA2009-29
pp.43-48
ICM, CQ, NS
(併催)
2008-11-13
13:00
福島 日本大学(郡山) [奨励講演]フロー計測技術による大規模VoIPトラヒック品質計測システムの提案
小林淳史NTT)・西野将史木村真吾NTT-AT)・石橋圭介NTTNS2008-89
 [more] NS2008-89
pp.1-6
NS, ICM, CQ
(併催)
2007-11-15
13:15
福岡 福岡システムLSI総合開発センター 選択的sFlowによる大規模VoIPトラヒック品質測定手法の提案
小林淳史石橋圭介西田晴彦NTTNS2007-95
 [more] NS2007-95
pp.7-12
NS, CS, IN
(併催)
2007-09-21
10:10
宮城 東北大学 大規模バックボーンネットワークにおけるアプリケーション異常トラヒック検出方式の提案
桑原 健八木 毅小林淳史石橋圭介村山純一NTTIN2007-61
大規模バックボーンネットワーク上でアプリケーションレイヤの異常トラヒックを経済的に検出するためのネットワーク監視・制御方... [more] IN2007-61
pp.105-110
ICM 2007-05-11
09:15
高知 高知工科大学 [奨励講演]フロー・メディエータを用いた大容量トラフィックコレクタの設計
小林淳史NTT)・松原大典日立)・近藤 毅石橋圭介NTT
膨大なトラフィック情報を処理する次世代バックボーン向けのトラフィック監視システムは、柔軟性とともにスケーラビリティが要求... [more]
NS, IN
(併催)
2007-03-09
11:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター 選択的sFlowルータの実装とトラフィック分析手法の提案
小林淳史石橋圭介山本公洋外山勝保NTTNS2006-233
近年、インターネット・バックボーンを流れるトラフィックは、年々増加傾向にある.このような状況では、大容量のトラフィックの... [more] NS2006-233
pp.391-396
CQ, MVE
(併催)
2007-01-26
09:25
福岡 アジア太平洋インポートマート 選択的sFlowによるVoIPトラフィックのゆらぎ測定方法の提案
小林淳史NTT)・斎藤元之NTT-AT)・石橋圭介外山勝保NTTCQ2006-87
本研究では、音声品質劣化の要因となりうるVoIPトラフィックのゆらぎに着目し、実際のネットワークでの特性をもとに、VoI... [more] CQ2006-87
pp.47-52
IA 2007-01-19
09:05
広島 広島国際会議場 Development of Aggregation Device for Next Generation Backbone Networks
Daisuke MatsubaraSatoshi KiyotouTomohiro BabaYasushi FukudaHitachi)・Atsushi KobayashiTsuyoshi KondohNTTIA2006-31
 [more] IA2006-31
pp.5-8
CQ, NS, ICM
(併催)
2006-11-16
13:10
鳥取 鳥取環境大学 [奨励講演]次世代ネットワーク向けトラフィック交流監視コレクタの提案
小林淳史近藤 毅廣川 裕石橋圭介山本公洋NTTNS2006-123 CQ2006-64 TM2006-37
膨大なトラフィック情報を処理する次世代バックボーン向けのトラフィック監視コレクタは、システムのスケーラビリティを必要とす... [more] NS2006-123 CQ2006-64 TM2006-37
pp.1-6(NS), pp.31-36(CQ), pp.1-6(TM)
ICM 2006-05-12
09:00
北海道 北海道情報大学 次世代バックボーン向け大容量トラフィック・コレクタの提案
小林淳史NTT)・松原大典日立)・木村真吾斎藤元之NTT-AT)・廣川 裕坂本仁明石橋圭介山本公洋NTT
 [more]
NS 2006-04-21
10:50
高知 ホテル日航高知旭ロイヤル(高知県) 異なり数上位Nホストの推定および異常検出への応用
石橋圭介森 達哉川原亮一廣川 裕小林淳史山本公洋坂本仁明NTTNS2006-14
DDoS、スキャン等の異常トラヒックを検出するためには、ホスト毎にフロー数、通信相手ホスト数等を監視することが有効である... [more] NS2006-14
pp.53-56
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会