お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME 2017-11-17
16:05
大阪 大阪大学中之島センター 結晶成長を伴うペンチルフタロシアニンのバーコート製膜における多形選択性
中谷光宏大森雅志藤井彰彦尾崎雅則阪大OME2017-33
結晶多形を有するペンチルフタロシアニン(C5PcH2)の一軸配向薄膜をバーコート法により作製した。製膜条件の一つとして、... [more] OME2017-33
pp.33-38
OME 2016-09-30
16:35
大阪 大阪大学 吹田キャンパス 銀杏会館3F 会議室B 溶液プロセスによるフタロシアニン誘導体配向薄膜の作製と三次元X線結晶構造解析
大森雅志宇野貴志中谷光宏中野知佳藤井彰彦尾崎雅則阪大OME2016-35
non-peripheral型ヘキシルフタロシアニン(C6PcH2)の一軸配向薄膜を溶液プロセスにより作製した。偏光顕微... [more] OME2016-35
pp.13-18
OME 2015-10-23
14:15
大阪 大阪大学中之島センター Non-Peripheral型ヘキシルフタロシアニン薄膜の分子パッキング構造と単結晶の多形構造解析
大森雅志中野知佳東 卓也藤内謙光藤井彰彦尾崎雅則阪大OME2015-55
薄膜中におけるnon-peripheral型ヘキシルフタロシアニン(C6PcH2)の結晶構造および単結晶状態におけるC6... [more] OME2015-55
pp.25-30
OME 2014-10-10
13:40
大阪 大阪大学中之島センター 加熱スピンコート法による液晶性フタロシアニン配向膜の作製
東 卓也ミハリ フィデラナ ラマナナリヴォ大森雅志吉田浩之藤井彰彦尾崎雅則阪大OME2014-41
 [more] OME2014-41
pp.21-25
OME 2014-10-10
15:40
大阪 大阪大学中之島センター Electro-Optic Properties of Nano-Pore Dispersed Cholesteric Liquid Crystals with Varying Chiral Concentrations
Hoekyung KimJunji KobashiHiroyuki YoshidaMasanori OzakiOsaka Univ.OME2014-45
The chiral dopant concentration dependence of the threshold ... [more] OME2014-45
pp.45-49
OME 2013-10-11
11:20
大阪 阪大中之島センター 時間領域差分法を用いたコレステリックブルー相液晶の光学特性解析
小川康宏吉田浩之尾崎雅則阪大OME2013-55
コレステリックブルー相液晶は自発的に光の波長程度の3次元周期構造を形成する液晶相であり、その光学的等方性や電界に対する高... [more] OME2013-55
pp.23-26
OME 2013-03-05
13:10
佐賀 産総研九州センター テラヘルツ帯液晶素子の応答速度改善及び閾値電圧の低下
熊谷孝幸阪大)・伊東良太秋田県立大)・吉田浩之久保 等藤井彰彦阪大)・能勢敏明秋田県立大)・斗内政吉尾崎雅則阪大OME2012-95
テラヘルツ(THz) 波は、危険物や禁止薬物の検出、医療診断、大容量無線通信などへの応用が期待されている電磁波領域であり... [more] OME2012-95
pp.19-23
OME 2012-11-19
10:50
大阪 大阪大学中之島センター 講義室302 キャピラリ効果を用い作製したチオフェン系導電性高分子配向膜における熱処理効果
東 卓也山崎修幸吉田浩之藤井彰彦尾崎雅則阪大OME2012-64
 [more] OME2012-64
pp.11-16
OME 2011-09-22
13:55
大阪 大阪市中央公会堂 螺旋周期液晶薄膜の波長スイープレーザー応用
井上 曜吉田浩之井上健太塩崎祐介高橋雅也藤井彰彦尾崎雅則阪大OME2011-41
ドロップレット液晶が分散したコレステリック液晶薄膜素子を用いて、波長スイープレーザーが実現された。電界放射型走査電子顕微... [more] OME2011-41
pp.5-8
OME 2009-10-23
15:05
大阪 中央電気倶楽部 214号室 Poly(3-hexylthiophene):[60]PCBM太陽電池における分子配向制御 ~ P3HT分子量,乾燥プロセスのブレンド層構造への影響 ~
阪井 淳堀 哲郎藤井彰彦尾崎雅則阪大OME2009-49
 [more] OME2009-49
pp.47-52
OME 2009-10-23
16:20
大阪 中央電気倶楽部 214号室 特異的な分子間相互作用を導入したディスコチック液晶性半導体のキャリア移動度特性
三宅康雄産総研/阪大)・物部浩達産総研)・胡 平趙 可清四川師範大)・藤井彰彦尾崎雅則阪大)・清水 洋産総研OME2009-52
ディスコチック液晶の高配向秩序カラムナー相においてアモルファスシリコンに匹敵する高キャリア移動度(~10-1 cm2/V... [more] OME2009-52
pp.65-70
OME 2008-09-30
15:55
兵庫 情報通信研究機構 神戸研究所 Poly(3-hexylthiophene)/C60相互浸透型有機薄膜太陽電池の基礎特性とMoO3陽極バッファー層挿入効果
堀 哲郎芝田岳史Kittichungchit Varutt阪大)・Ju Xiaouhui阪大/天津大)・阪井 淳阪大/松下電工)・久保 等藤井彰彦尾崎雅則阪大OME2008-48
poly (3-hexylthiophene) とC60のヘテロ接合を有する光電変換素子について光電変換特性の改善を試み... [more] OME2008-48
pp.27-32
OME 2007-11-09
14:25
新潟 新潟大学 一次元ホログラフィック高分子分散型液晶によるレーザー発振と電界制御
八木響二尾島正禎川平雄一藤井彰彦尾崎雅則阪大OME2007-52
ホログラフィック高分子分散型液晶(HPDLC)は、ポリマーと液晶が光の波長程度の周期で分布した微細誘電体周期構造である。... [more] OME2007-52
pp.23-26
OME 2007-09-20
14:15
兵庫 情報通信研究機構, 未来ICT研究センター, 第三研究棟中会議室 コレステリック液晶のフィンガープリント構造を用いたレーザー発振とその電界変調
松久裕子井上 曜鷹尾祐樹阪大)・尾崎良太郎防衛大)・藤井彰彦阪大)・森岳 洋尾崎雅則防衛大OME2007-25
色素を添加したコレステリック液晶に電界を印加し、フィンガープリント構造を形成させた。それを光励起することにより、ストップ... [more] OME2007-25
pp.15-18
OME 2007-09-20
14:55
兵庫 情報通信研究機構, 未来ICT研究センター, 第三研究棟中会議室 高分子ネットワークによるコレステリックブルー相のピン留め効果
野間健史尾島正禎浅木大明川平雄一藤井彰彦尾崎雅則阪大)・菊池裕嗣九大OME2007-26
カイラリティを有するコレステリック相は一次元螺旋構造を形成するが、カイラリティが強くなると、三次元螺旋構造をもつコレステ... [more] OME2007-26
pp.19-22
OME 2006-09-25
10:25
兵庫 兵庫県立大学本部(中会議室) 湿式法によるドナー/アクセプタ分子へテロ接合界面の作製と太陽電池特性
野田秀樹芝田岳史キッティシュンチット ワルット藤井彰彦尾崎雅則阪大
スプレー法によりC$_{60}$薄膜上に導電性高分子膜を作製し、次に加熱処理をすることによりC$_{60}$/導電性高分... [more] OME2006-78
pp.7-10
OME 2006-09-25
14:20
兵庫 兵庫県立大学本部(中会議室) レーザー光造形によるコレステリック液晶へのキラル欠陥導入と光学特性
吉田浩之リー チーヘン松久裕子美浦裕介藤井彰彦尾崎雅則阪大
自己組織的な一次元フォトニック結晶であるコレステリック液晶にレーザー光造形を施すことで螺旋の変歪を誘起し、構造欠陥を導入... [more] OME2006-85
pp.45-48
ED 2006-08-04
09:00
大阪 大阪大学 コンベンションセンター 炭素反転オパールからの電界電子放出特性とその熱処理効果
尾島正禎樋渡伸二荒木 久藤井彰彦阪大)・吉野勝美島根大)・尾崎雅則阪大
近年、炭素材料は様々な分野において盛んに研究されている。中でも、人工オパールを鋳型として用いて作製した炭素反転オパールは... [more] ED2006-127
pp.53-56
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会