お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME 2022-11-11
16:00
大阪 近畿大学東大阪キャンパス ブロッサムカフェ ルームA 3次元ペロブスカイト上へのテンプレート成長による2次元ペロブスカイトの配向制御
鶉野弦也阿部健太郎齋藤智樹三宅紹心阪大)・菱田大蔵竹岡裕子上智大)・藤井彰彦尾﨑雅則阪大OME2022-30
 [more] OME2022-30
pp.24-27
OME 2022-01-07
15:55
大阪 中央電気俱楽部 213号室 D-A型共役高分子の液中凝集性を利用した一軸コーティング法による超高配向薄膜の作製
籔内湧太蓑輪 裕藤井彰彦阪大)・永松秀一九工大)・永野修作立教大)・梶井博武尾﨑雅則阪大OME2021-52
溶液中において棒状の凝集体を形成するドナー・アクセプタ型共役高分子PDPP-DTTを用い,バーコート法によって分子配向薄... [more] OME2021-52
pp.23-28
OME, IEE-DEI
(連催)
2019-01-22
14:10
愛知 アイランドホテル浦島(日間賀島) 液晶性フタロシアニン類縁体混合系の基礎物性と太陽電池応用
藤井彰彦藤田健斗仲川 大中野知佳藤内謙光阪大)・清水 洋奈良先端大)・尾﨑雅則阪大OME2018-38
立体障害位にアルキル基を有するフタロシアニンのディスコティック液晶性に着目し、類縁体分子との混和性とキャリア輸送特性につ... [more] OME2018-38
pp.9-12
OME 2018-11-28
15:00
兵庫 じばさんビル502室(姫路) [招待講演]立体障害位にアルキル基を有するフタロシアニンの両極性キャリア輸送とバーコート製膜における結晶多形選択性
藤井彰彦渡辺 健中谷光宏安西佑策北川貴大尾﨑雅則阪大OME2018-31
立体障害位にアルキル基を有するフタロシアニンの結晶相における支配的なキャリア極性の起源について議論すると共に、バーコート... [more] OME2018-31
pp.21-24
OME 2017-11-17
14:10
大阪 大阪大学中之島センター 液晶性フタロシアニンを用いたサンドイッチセル型太陽電池デバイス
仲田裕哉臼井稔喜西川裕己阪大)・ファビアン ネケルソン産総研)・清水 洋奈良先端大)・藤井彰彦尾﨑雅則阪大OME2017-29
ディスコティック液晶に分類されるフタロシアニン誘導体C6PcH2の液晶性を利用することで、サンドイッチセル構造を有する有... [more] OME2017-29
pp.11-16
OME, IEE-DEI
(連催)
2017-01-19
09:30
愛知 アイランドホテル浦島(日間賀島) 液晶性フタロシアニンを用いた単結晶薄膜の作製
藤井彰彦東 卓也大森雅志宇野貴志ラマナナリヴォ ミハリ フィデラナ安西佑策中谷光宏北川貴大須藤孝一尾﨑雅則阪大
高い両極性キャリア移動度を示し、太陽電池用材料として期待される有機半導体の液晶性フタロシアニンについて、単結晶薄膜の作製... [more] OME2016-71
pp.47-52
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会