お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2020-03-06
09:55
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
神経回路の簡易的な疑似記憶サンプル想起法の提案 ~ -疑似サンプルを用いた神経回路の追加学習 ~
佐藤和也山内康一郎中部大NC2019-105
Deep Neural Network の課題の一つとして破滅的忘却が挙げられる.これは学習済みのネットワークに当 たら... [more] NC2019-105
pp.169-174
ET 2016-06-11
15:45
愛知 名古屋工業大学 初心者プログラミング教育におけるPADの導入とその効果
小宅直樹鈴木裕利山内康一郎奥居 哲中部大)・石井成郎愛知きわみ看護短大ET2016-18
本稿では,プログラミング初心者の学習支援の在り方を検討するために,異なる環境で実施される複数のプログラミングに関連する授... [more] ET2016-18
pp.59-64
MBE, NC
(併催)
2015-12-19
13:00
愛知 名古屋工業大学 組み込み用神経回路LGRNNのスループットを高める実装法
西尾大輔山内康一郎中部大NC2015-46
マイクロコンピュータの性能の向上に従い,複雑な計算も組み込み機器上で実行できるようになってきている.
しかし,追加学習... [more]
NC2015-46
pp.1-6
MBE, NC
(併催)
2014-12-13
14:00
愛知 名古屋大学 アンサンブル法による学生スキル収集と教育への利用 ~ skill collectorの提案 ~
小木曽貴也山内康一郎中部大NC2014-53
人工知能の発達により,人工知能に如何に物事を教えるのかが課題になりつつある.機械学習に事前知識ゼロの状態から学習サンプル... [more] NC2014-53
pp.55-58
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
15:00
東京 玉川大学 ページ置き換えアルゴリズムを導入したLimited General Regression Neural Network ~ 組み込み用学習アルゴリズムの性能向上法の検討 ~
近藤勇祐山内康一郎中部大NC2013-112
筆者らは以前、組み込み機器向け神経回路Limited General Regression Neural Network... [more] NC2013-112
pp.139-143
NC, MBE
(併催)
2013-12-21
15:45
岐阜 岐阜大学サテライトキャンパス 組み込み用学習法LGRNNとその探索木を用いた高速計算法
加藤晶久山内康一郎中部大NC2013-66
 [more] NC2013-66
pp.75-80
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
16:00
東京 玉川大学 素子数制限下での連続関数近似のための追加学習法
山内康一郎中部大NC2011-145
筆者は既に,は組み込み機器向け神経回路:Limited General Regression Neural Networ... [more] NC2011-145
pp.141-146
NC 2011-07-25
15:15
兵庫 神戸大学大学院工学研究科 素子数の制限されたkernelマシンの重要度重み付き追記学習
山内康一郎中部大NC2011-28
 [more] NC2011-28
pp.43-48
NC, MBE
(併催)
2011-03-07
11:30
東京 玉川大学 Limited General Regression Neural Networkを使った環境に自動適応する最大電力点高速追従装置
山内康一郎中部大NC2010-134
筆者は既に,は組み込み機器向け神経回路:Limited General Regression Neural Networ... [more] NC2010-134
pp.41-46
NC, MBE
(共催) [詳細]
2010-12-19
11:45
愛知 名古屋大学 ユニット数に上限を持つ一般回帰ニューラルネットワークの学習法
山内康一郎中部大MBE2010-71 NC2010-82
組み込み機器などのリソースの制限された環境下で動作させることを前提とした機械学習アルゴリズムを提案する.
このような環... [more]
MBE2010-71 NC2010-82
pp.91-96
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2010-12-15
- 2010-12-17
宮崎 宮崎シーガイア 独立成分分析を用いた、脳磁場信号からの感情分類方法の検討
曽根祐輝栗原正仁北大)・山内康一郎中部大)・栗城眞也東京電機大
MEG(脳磁図)やfMRI(機能的核磁気共鳴画像法)に代表される非侵襲な脳の活動計測法は,医療分野での利用のみならず工学... [more]
PRMU, HIP
(共催)
2010-03-15
10:30
鹿児島 鹿児島大 自動車運転における危険状況を模した電動車椅子運転時の視線分布の解析 ~ 危険予測に基づく運転者モデルの評価に向けて ~
山本涼平石川 悟北星学園大)・大森隆司玉川大)・山内康一郎中部大)・幸田一隆玉川大)・脇田敏裕豊田中研PRMU2009-241 HIP2009-126
これまで我々は,危険の予測に基づく自動車運転時の視線移動モデルの構築を進めてきたが,このモデルの妥当性の検証には実際の運... [more] PRMU2009-241 HIP2009-126
pp.49-54
NC 2010-01-18
15:30
北海道 北海道大学、百年記念会館 好奇心を持つ学習機械 ~ 変動環境下での逐次学習とモデル選択 ~
山内康一郎中部大NC2009-75
機械学習における追記学習では,逐次的に新しいサンプルの学習と運用とを交互
に行う.このように運用と学習とが交互に行われ... [more]
NC2009-75
pp.25-30
NC, MBE
(併催)
2009-03-12
13:25
東京 玉川大学 共変量シフトと追記学習
山内康一郎北大NC2008-142
機械学習における追記学習では,逐次的に新しいサンプルの学習と運用とを交互
に行う.
このように運用と学習とが交互に行... [more]
NC2008-142
pp.231-236
NC 2009-01-20
15:55
北海道 北海道大学 変化検出を要する学習課題における人の行動調査と変化検出モデルの提案
島田章平西田京介北大)・石川 悟北星学園大)・山内康一郎北大NC2008-101
逐次学習を行うクラス分類器にとって学習対象に突然かつ重大な変化が発生した
場合には変化を高速に検出して対応する必要があ... [more]
NC2008-101
pp.107-112
NC, MBE
(併催)
2008-03-13
15:00
東京 玉川大学 人間の学習対象変化の検出に関する仮説検証とそのモデル化
島田章平西田京介北大)・石川 悟北星学園大)・山内康一郎北大NC2007-158
逐次学習を行うクラス分類器にとって学習対象の変化に対応する能力は実問題を扱う上で必要不可欠であり,特に突然かつ重大な変化... [more] NC2007-158
pp.273-278
NC, MBE
(併催)
2008-03-13
15:40
東京 玉川大学 主観的メタ情報を利用した顔画像に対する個人嗜好推定の研究
増田真平高橋英之栗原正仁山内康一郎北大NC2007-160
本研究では,特定のユーザに対して,画像などそのユーザが好むと思われる嗜好を推定するシステムを考える.
従来にも検索・推... [more]
NC2007-160
pp.283-288
NC, MBE
(併催)
2008-03-13
10:00
東京 玉川大学 動的環境下における人の適応的プランニングの計算モデル化
佐藤敦史北大)・石川 悟北星学園大)・大森隆司玉川大)・山内康一郎北大NC2007-162
日常での行為の柔軟性によって人は効率的な行為を行える.この柔軟な処理過程の理解のために,本研究では人の動的状況での適応的... [more] NC2007-162
pp.295-300
PRMU 2007-03-15
10:00
岡山 岡山大 複数のクラシファイアを用いた状況変化に対応可能なオンラインスパムフィルタリングシステム
鳴海建太西田京介山内康一郎北大
現在スパムメールが問題化しており,メールの内容を基にスパムメールか否かを分類するスパムメールフィルタが多数考案されている... [more] PRMU2006-235
pp.1-6
PRMU 2007-03-16
13:15
岡山 岡山大 状況変化に適応可能なクラシファイアアンサンブルシステム
西田京介山内康一郎北大
 [more] PRMU2006-272
pp.103-108
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会