お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2011-10-27
14:20
石川 北陸先端科学技術大学院大学 DBスキーマ変更を吸収するXMLDB向けDAO設計パターンの提案
榎本俊文鈴木源吾小林伸幸山室雅司NTTSS2011-29
XML 技術をうまく活用することで, データベースのスキーマ変更か&#1... [more] SS2011-29
pp.13-18
PRMU, DE
(共催)
2011-06-06
16:10
神奈川 慶應大学日吉校舎 来往舎 虹雲ノート:クラウド上でのメディア処理の連携システム
赤間浩樹山室雅司毛受 崇NTT)・佐藤哲司筑波大DE2011-11 PRMU2011-42
我々が提案してきた虹雲システムは,分散データストリーム管理システムを核としたマルチメディア処理向けのクラウドシステムであ... [more] DE2011-11 PRMU2011-42
pp.61-66
DE 2010-08-04
16:10
東京 青山学院大学 分散インデックスアーキテクチャによる複数データリソースの同時結合方式の提案
須賀啓敏山室 健小谷尚也日高東潮山室雅司NTTDE2010-23
本報告では,ネットワーク上に分散する$3$個以上の複数データリソースの等結合の高速化を目的として,データリソースに共通す... [more] DE2010-23
pp.53-58
DE 2008-09-21
17:00
福島 飯坂ホテル聚楽 [ポスター講演]SPIRAL:隠れマルコフモデルのための高速探索手法
藤原靖宏櫻井保志山室雅司NTTDE2008-32
与えられた問い合わせシーケンスに対して HMM(Hidden Markov Model) のデータ集合の中からモデルを正... [more] DE2008-32
pp.5-6
DE 2007-07-03
13:35
宮城 秋保温泉(仙台) 分散データストリーム処理アーキテクチャの提案
内山寛之赤間浩樹NTT)・西岡秀一NTTレゾナント)・内藤一兵衛谷口展郎長谷川知洋三浦史光山室雅司櫻井紀彦NTTDE2007-76
センサやIC タグ等から発生する多量の情報,携帯機器の発達により収集される様々な個人の活動履歴情報,ブログのようにコンシ... [more] DE2007-76
pp.327-332
DE 2007-07-03
15:50
宮城 秋保温泉(仙台) Folksonomy のタグを用いた自動分類体系構築へ向けて
江田毅晴NTT)・吉川正俊京大)・山室雅司NTTDE2007-89
 [more] DE2007-89
pp.405-410
PRMU, DE
(共催)
2007-06-28
10:30
北海道 北海道大学 関係XMLデータベース用開発支援ツールの設計と実装
Tran The Vuダナン工科大)・榎本俊文・○江田毅晴山室雅司NTTDE2007-1 PRMU2007-27
 [more] DE2007-1 PRMU2007-27
pp.1-6
SITE, IPSJ-EIP
(共催)
2007-05-25
13:00
東京 ドコモテクノロジ本社(国際赤坂ビル) ログ検査を目的とした AP/DB ログ関連付け機能の実装と評価
山中真和榎本俊文谷口展郎山室雅司NTT
SOx法等に対応する内部統制の確立に向けては,複数の業務アプリケーションとそれらがアクセスするデータベースに対し統合的な... [more] SITE2007-1
pp.1-4
LOIS 2005-07-22
15:40
岩手 岩手県立大学 XMLストリーム処理: XPath 評価からSVGレンダリングまで
鬼塚 真兵藤正樹内山寛之西岡秀一山室雅司NTT
本稿では,インターネット上のアラートサービスなどに代表されるような
SDI システムにおいて,大量の利用者のフィルタ条... [more]
OIS2005-16
pp.25-31
PRMU, DE
(共催)
2005-06-16
11:00
北海道 北大 大量な時系列データストリームの類似検出手法
藤原靖宏三井一能柳沢 豊佐藤哲司山室雅司NTT
蓄積された時系列データは今まで様々なサービスに応用されてきた.今後はセンサの小型化・低価格化などが進んだことから,流入す... [more] DE2005-4 PRMU2005-25
pp.19-24
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会