お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, NLP
(併催)
2016-01-29
11:20
福岡 九州工業大学 若松キャンパス デジタルマップ解析のための特徴量
濱口智紀山岡弘樹斎藤利通法政大NLP2015-139
簡素なデジタルマップの多種多様な定常状態について考察する.
マップは有限の格子点集合上で定義されているので, 定常状... [more]
NLP2015-139
pp.75-79
MBE, NC
(併催)
2015-11-21
13:25
宮城 東北大学 デジタルスパイクマップの定常状態の解析
山岡弘樹斎藤利通法政大NC2015-41
様々なスパイク列を呈する簡素なデジタル力学系の定常状態について考察する。
スパイク列を解析するために、全格子点の中で定... [more]
NC2015-41
pp.25-29
NLP 2015-04-23
13:55
香川 香川県社会福祉総合センター(高松市) デジタルテントマップの格子点配置に対する動作解析
草野弘之山岡弘樹斎藤利通法政大NLP2015-7
テントマップを離散化することで格子点上で定義されるデジタルテントマップを得ることができる。テントマップは複雑なカオス軌道... [more] NLP2015-7
pp.27-32
MBE, NC
(併催)
2014-12-13
13:00
愛知 名古屋大学 特徴量平面に基づくデジタルスパイクマップの解析
山岡弘樹斎藤利通法政大NC2014-50
様々なスパイク列を呈する簡素なデジタル力学系の定常状態と過渡状態について考察する。スパイク列を解析するために、全格子点の... [more] NC2014-50
pp.37-42
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(併催)
(連催) [詳細]
2014-06-26
15:25
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 デジタルスパイク位相マップと2入力分岐ニューロン
山岡弘樹斎藤利通法政大NC2014-6 IBISML2014-6
デジタルスパイク位相マップ(DPM)の基本動作を考察する。
これは格子点の集合からそれ自身へのマップでありパラメータに... [more]
NC2014-6 IBISML2014-6
pp.97-100
NLP 2014-03-11
13:55
東京 上智大学 分岐ニューロンに基づくデジタルスパイクマップ
山岡弘樹堀本成俊斎藤利通法政大NLP2013-184
デジタルスパイク位相マップ(DPM)の基本動作を考察する。
これは、格子点の集合からそれ自身へのマップであり、
パラ... [more]
NLP2013-184
pp.111-115
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会