お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-13
11:10
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ミリ波デバイス間通信技術と移動体で構成するPiggyback Networkにおけるコンテンツキャッシング最適化
山本大輔東京理科大)・荘司洋三NICT)・長谷川幹雄東京理科大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SS 2022-03-07
16:45
ONLINE オンライン開催 トレースログを用いたバグ予測の性能評価
森田一成柏 祐太郎中村 司山本大貴近藤将成亀井靖高鵜林尚靖九大SS2021-53
ソフトウェア開発において早い段階でバグを検出するために,ソフトウェアに加えた変更にバグが含まれるか否かを予測する技術が広... [more] SS2021-53
pp.66-71
MW 2022-03-04
09:20
ONLINE オンライン開催 6Gに向けた100 GHz帯増幅器用ダイオードリニアライザの検討
青木すみれ濱田裕史山本大斗福田敦史NTTドコモ)・徐 照男高橋宏行NTT)・岡崎浩司鈴木恭宜NTTドコモMW2021-129
6Gに向けて,100 GHzを超えるサブテラヘルツ(Sub-THz)帯 を用いた高速無線通信に期待が高まっている.無線通... [more] MW2021-129
pp.100-104
MW 2021-11-19
13:55
鹿児島 鹿児島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
誘電体小片を付加した漏洩誘電体導波路によるカバレッジ拡張に関する一検討
山本大斗福田敦史岡崎浩司鈴木恭宜NTTドコモMW2021-81
ミリ波帯等の高周波数帯のカバレッジ拡張検討の一環として,誘電体導波路の表面に別の誘電体小片を付加することで電波が漏洩する... [more] MW2021-81
pp.81-85
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2021-06-10
16:15
宮城 東北大通研
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
(Bi,La)(Fe1-xCox)O3強磁性・強誘電薄膜における磁気Kerr効果と垂直磁気異方性のCo置換量依存性
尾関拓海山本大地江川元太吉村 哲秋田大
 [more]
SR 2021-05-21
10:50
ONLINE オンライン開催 大規模モバイルIoT環境における強化学習を用いた自律分散型チャネル選択手法の評価
山本大輔古川穂南伊藤友輔李 傲寒東京理科大)・金 成主慶大)・長谷川幹雄東京理科大SR2021-11
大規模なIoT環境ではネットワークの混雑による通信品質の低下が問題となる.従来研究では,各IoTデバイスのチャネル選択問... [more] SR2021-11
pp.73-78
SS 2021-03-03
16:15
ONLINE オンライン開催 プログラミング教育支援に向けた深層学習を用いた類似問題検索
山本大貴松尾春紀沖野健太郎亀井靖高鵜林尚靖九大SS2020-36
近年,プログラミング教育の需要が高まっており,プログラミングを扱う授業が増加している.一方で,限られた授業時間内で十分な... [more] SS2020-36
pp.49-54
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2020-10-05
16:30
ONLINE オンライン開催 電界駆動型光変調素子への応用に向けた磁気Kerr効果の大きいBiFeO3系強磁性・強誘電薄膜材料の探索
吉村 哲山本大地武田航太朗尾関拓海江川元太秋田大
 [more]
ISEC 2019-05-17
15:20
東京 機械振興会館 IoT機器に適したセキュアプロビジョニング方式の提案
山本 大小久保博崇町田卓謙森川郁也富士通研)・金岡 晃東邦大ISEC2019-8
近年,IoT機器がクラウドサーバに接続され,機器の一括管理やリモート制御といった有益なサービスが提供されている.IoT機... [more] ISEC2019-8
pp.37-44
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-06
10:00
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 [ポスター講演]LDM-BST-OFDM伝送方式の低電力階層においてLDPC符号の拡張パリティを多重化する階層伝送方式
山本大斗中村 聡伊丹 誠東京理科大WBS2018-31 ITS2018-14 RCC2018-62
次世代地上波放送の暫定方式として検討されているBST-OFDM(Band Segmented Transmission ... [more] WBS2018-31 ITS2018-14 RCC2018-62
pp.23-27
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
11:15
愛知 名城大 次元数の異なる部分空間同士の近似最近傍部分空間探索
山本大貴岩村雅一黄瀬浩一阪府大BioX2016-36 PRMU2016-199
ある部分空間から最も近い部分空間を高速に探索する手法に我々が提案した小西らの手法がある。
これは、グラスマン多様体は部... [more]
BioX2016-36 PRMU2016-199
pp.17-22
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2016-02-22
11:15
北海道 北海道大学 位相回復像群による球殻構造の内部解析
山本大稀市橋克哉塩谷浩之室蘭工大)・広林茂樹富山大)・郷原一寿北大ITS2015-63 IE2015-105
回折イメージングは回折パターンから物体を復元することであり,計算機によるフーリエ位相回復によって実現される.ノイズ混入な... [more] ITS2015-63 IE2015-105
pp.41-46
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2015-11-13
09:30
熊本 崇城大学 池田キャンパス 位相回復像群による球殻構造の中心推定
市橋克哉山本大稀塩谷浩之室蘭工大)・広林茂樹富山大)・郷原一寿北大IE2015-80
 [more] IE2015-80
pp.35-40
ET 2015-06-06
16:15
三重 三重大学工学部大会議室 実行履歴を用いたCプログラム読解問題生成システム
肥田悠汰立岩佑一郎山本大介高橋直久名工大ET2015-22
指導者は,学習者のプログラムに対する読解力を向上させることを目的として,読解問題を用いる.この読解問題を作成するに当たり... [more] ET2015-22
pp.67-72
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
14:20
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 2階層Supervisor Processorにおける信頼性管理機能
山本大貴久我守弘尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大VLD2014-144 CPSY2014-153 RECONF2014-77
コンピュータシステムは携帯電話やテレビなど民生機器だけでなく,電車や医療機器など様々な産業機器に用いられている. 産業機... [more] VLD2014-144 CPSY2014-153 RECONF2014-77
pp.199-204
ET 2014-06-14
10:05
静岡 静岡大学(浜松キャンパス) プログラミング演習作成のためのソースコードの検索・抽出システムの実現
森田 航立岩佑一郎山本大介高橋直久名工大ET2014-8
初心者向けCプログラミング演習では,指導者は問題文,正解例プログラム,テストデータからなる演習問題を作成する.また,難し... [more] ET2014-8
pp.1-6
NC, MBE
(併催)
2013-12-21
13:55
岐阜 岐阜大学サテライトキャンパス 医療機器保守業務での消毒が機器素材に及ぼす影響と細菌定着性の変化に関する検討
山本大介黒田 聡菅原俊継守田憲崇有澤準二木村主幸北海道工大MBE2013-84
医療機器は感染対策として日常的に消毒が行われている.しかし,使用する消毒剤によっては機器表面にヒビなどの変化を及ぼすこと... [more] MBE2013-84
pp.47-51
CNR 2013-02-18
16:10
東京 機械振興会館 インタフェースロボットApriPetit(TM)(アプリプチ)の開発
山本大介山地雄土杉山博史土井美和子東芝CNR2012-24
 [more] CNR2012-24
pp.31-34
DE 2012-12-13
11:15
京都 キャンパスプラザ京都 領域リバースジオコーダーの実現と旅程生成システムへの応用
樋川貴一山本大介高橋直久名工大DE2012-31
任意の地点の緯度経度が与えられると,その地点を包含する領域の名前と外周を返す領域リバースジオコーダー(ARG)を提案し,... [more] DE2012-31
pp.99-104
DE 2012-12-13
14:50
京都 キャンパスプラザ京都 任意形状Focus生成機能を有するFocus+Glue+Contextマップシステムの実現
加藤史也山本大介高橋直久名工大DE2012-35
注目地域を拡大して表示する領域(Focus),周辺部を表示する領域(Context),拡大部と周辺部の縮尺差を吸収する領... [more] DE2012-35
pp.119-124
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会