お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 122件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EE, WPT
(併催)
2022-10-06
10:05
大阪 大阪シティアカデミー さんくすホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
日本電機企業の貸借対照表縮小にともなって銀行の資金運用に起きた変化
新井大輔米澤 遊今岡 淳山本真義名大EE2022-14
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] EE2022-14
pp.1-6
CS 2022-07-14
10:20
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Fingerprint位置推定におけるCNNを特徴抽出器として用いたデータの選別手法
小西楊平相河 聡山本真一郎兵庫県立大CS2022-10
屋内位置推定として,FingerprintにCNN(Convolutional Neural Network)を適用した... [more] CS2022-10
pp.1-2
CS 2022-07-14
10:50
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Fingerprint位置推定におけるWi-FiのAP数とCNN,ResNetの設計に関する検討
坂西 優相河 聡山本真一郎兵庫県立大CS2022-13
 [more] CS2022-13
pp.14-15
EE, IEE-SPC
(連催)
2022-07-14
13:55
愛知 ウインクあいち
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
1990年代以降の日本エレクトロニクス企業の財務の劣化と銀行の貸出動向
新井大輔米澤 遊今岡 淳山本真義名大EE2022-8
本稿は,過去のEE研(2021年11月18日,2022年1月28日開催,2022年3月10日開催)にて発表した内容の続編... [more] EE2022-8
pp.1-6
CS 2022-07-15
14:20
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]屋内位置推定におけるCNN推定手法への状態空間モデルの適用
堀 開慎相河 聡山本真一郎兵庫県立大CS2022-36
現在,屋外の位置推定技術としてGNSSを用いた位置推定が高精度である.一方,屋内では衛星電波 が届きづらいため,GNSS... [more] CS2022-36
pp.100-103
OME, SDM
(共催)
2022-04-23
09:55
宮崎 高千穂ホール(宮崎市)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
有機共振器ポラリトンの室温Bose-Einstein凝縮による広帯域・低閾値ポラリトンレーザー
山本真毅東大)・森山彰治石田真敏古田弘幸九大)・深津 晋東大SDM2022-9 OME2022-9
量子井戸や有機分子をミラーで挟んだ微小共振器中では,閉じ込められたphotonと半導体中のexcitonが強く相互作用し... [more] SDM2022-9 OME2022-9
pp.43-46
EE, IEE-SPC
(併催)
2022-03-10
15:20
ONLINE オンライン開催 21世紀初頭における日本エレクトロニクス企業の貸借対照表の動向
新井大輔米澤 遊今岡 淳山本真義名大EE2021-56
本稿は,過去のEE研(2021年11月18日、2022年1月28日開催)にて発表した内容の続編である.ウィズコロナ時代に... [more] EE2021-56
pp.23-28
EE 2022-01-28
15:10
ONLINE オンライン開催 複式簿記から見たエルピーダメモリ株式会社の倒産
新井大輔米澤 遊今岡 淳山本真義名大EE2021-50
本稿は,前回のEE研(2021年11月18日開催)にて発表した内容の続編である.新型コロナ感染症の世界的拡大によって20... [more] EE2021-50
pp.106-111
EMCJ 2022-01-21
14:55
ONLINE オンライン開催に変更 正方形および十字型金属パターン周期配列シートを用いるマイクロ波帯用電波吸収体の設計
藤井洸平山本真一郎相河 聡兵庫県立大)・笠置映寛山陽小野田市立山口東京理科大EMCJ2021-69
 [more] EMCJ2021-69
pp.46-50
EMCJ 2022-01-21
15:20
ONLINE オンライン開催に変更 導電膜周期配列シートを用いる2.4GHz帯空間フィルターの設計
江原隆太山本真一郎相河 聡兵庫県立大)・松岡茂樹長尾正揮日本ジッパーチュービングEMCJ2021-70
 [more] EMCJ2021-70
pp.51-56
EE, OME, CPM
(共催)
2021-11-18
14:50
ONLINE オンライン開催 パワーエレクトロニクスとコロナショックと半導体不足
新井大輔米澤 遊今岡 淳山本真義名大EE2021-27 CPM2021-45 OME2021-21
2020年3月,新型コロナ感染症の拡散に伴って世界同時株安が発生した.しかし,各国の中央銀行の金融緩和により株価は数ヵ月... [more] EE2021-27 CPM2021-45 OME2021-21
pp.51-56
HCS 2021-10-29
14:30
ONLINE オンライン開催 ソシオン理論に基づいた弁明場面におけるコミュニケーションモデルの構築と検討
山本真弘竹内勇剛静岡大HCS2021-36
人は社会的苦境に陥った際, 自身への印象管理を行うための自己呈示の手段の一つとして弁明を行うとされる. その一方で, 弁... [more] HCS2021-36
pp.10-15
CS 2021-10-14
10:15
ONLINE オンライン開催 CNN, ResNetを用いたFinger Printにおける位置推定精度向上の実験的検討
坂西 優相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-52
GPS推定に誤りが生じやすい屋内環境での位置推定技術として無線LANを用いた方法を検討する. 推定手法にはFinger ... [more] CS2021-52
pp.1-5
CS 2021-10-14
10:40
ONLINE オンライン開催 RNNを用いたWi-Fi Finger Printにおけるシミュレーション歩行データの有効性
天田翔也相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-53
 [more] CS2021-53
pp.6-10
CS 2021-10-14
11:05
ONLINE オンライン開催 無線LANを電波を用いたNeural Networkによる二段階位置推定の実験的検討
高島勇也相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-54
 [more] CS2021-54
pp.11-14
CS 2021-10-15
10:40
ONLINE オンライン開催 Fingerprint位置推定におけるCNNを特徴抽出器として用いたデータの選別手法
小西楊平相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-57
屋内位置推定として,FingerprintにCNN(Convolutional Neural Network)を適用した... [more] CS2021-57
pp.26-31
CS 2021-10-15
11:05
ONLINE オンライン開催 無線LAN屋内位置推定のParticle Filterを用いたCNNに対する座標補間の実験的検証
堀 開慎相河 聡山本真一郎阪井祐太兵庫県立大CS2021-58
近年, GPS測位で精度が低下する屋内の位置推定手法として無線LAN測位が研究されている.無線LAN測位では事業者が予め... [more] CS2021-58
pp.32-37
EMCJ 2021-05-14
14:35
ONLINE オンライン開催 放熱孔のある穴あき金属板を用いた近傍磁界遮へい効果向上に関する研究
津田尭哉山本真一郎相河 聡兵庫県立大EMCJ2021-7
近年,電力機器から発生する低周波数の磁界ノイズが問題となっている.ノイズ対策には電磁遮へい材が用いられているが,電力機器... [more] EMCJ2021-7
pp.1-6
WPT 2021-03-05
13:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]反射波を受電可能とする電界・磁界併用の走行中ワイヤレス給電
大矢根 蒼蔵本大樹大野広道山本真義名大WPT2020-47
無線電力伝送研究会主催の2020年度の「動画投稿!移動体ワイヤレス給電コンテスト」において,模型自動車を用いた27.12... [more] WPT2020-47
pp.67-72
EE 2021-01-25
13:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) カスコード接続した分極超接合GaN-FETのターンオン過程の解析
新井大輔名大)・神山祐輔八木修一河合弘治成井啓修パウデック)・今岡 淳山本真義名大EE2020-32
ノーマリーオン型で1200V耐圧の分極超接合GaN-FETを低耐圧Si-MOSFETとカスコード接続し,抵抗負荷でスイッ... [more] EE2020-32
pp.47-52
 122件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会