お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, CS
(共催)
2022-03-03
14:45
ONLINE オンライン開催 WDM-OWCにおけるLSTM層を持つニューラルネットワークを用いた信号分離性能の評価
猪俣政貴大柴小枝子岩松隆則京都工繊大CAS2021-81 CS2021-83
OFDM信号を用いた波長分割多重光無線通信において,新たな多重信号キャンセラを提案する.本研究ではMIMO通信においてL... [more] CAS2021-81 CS2021-83
pp.41-45
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
14:55
ONLINE オンライン開催 波長多重光無線通信におけるLSTMを用いた信号分離の提案
猪俣政貴岩松隆則大柴小枝子京都工繊大CS2021-43
OFDM信号を用いた波長分割多重光無線通信における逐次干渉キャンセラの新たな方法を提案する.逐次干渉キャンセラは,パイロ... [more] CS2021-43
pp.13-16
CS, CQ
(併催)
2021-05-14
09:50
ONLINE オンライン開催 ニューラルネットワークを用いた波長多重光無線におけるMIMO伝搬チャネル行列推定の提案
猪俣政貴柴田咲葵岩松隆則大柴小枝子京都工繊大CS2021-8
OFDM信号を用いた波長分割多重光無線通信における逐次干渉キャンセラの新たな伝搬路行列推定法を提案する.逐次干渉キャンセ... [more] CS2021-8
pp.25-30
CS 2020-11-06
10:50
ONLINE オンライン開催+中央・野々市公民館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
BLEを利用した人員接近防止手段の一検討 ~ COVID-19対策 ~
岩松隆則京都工繊大)・鈴木和浩ライフラボラトリ)・大柴小枝子京都工繊大CS2020-58
製造業や運送業などの現場における新型コロナ対策の人員接近防止手段に必要な位置推定として,Bluetooth v5.1で仕... [more] CS2020-58
pp.60-63
RCS 2019-06-21
09:30
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 3次元ユークリッド空間上での高効率な位相変調に関する一検討
嘉久和 翔藤井雅弘宇都宮大)・岩松隆則富士通テレコムネットワークスRCS2019-82
伝送の高速化のためにディジタル変調方式で用いられる多値化技術は,シンボル間距離の縮小により伝送の信頼性が劣化を伴う.本稿... [more] RCS2019-82
pp.261-266
CQ, CS
(併催)
2018-04-19
15:15
広島 広島工業大学 波長多重可視光通信へのMIMOキャンセラ適用による通信品質改善の考察
大柴小枝子大村成勲薮内 潤京都工繊大)・岩松隆則富士通テレコムネットワークスCS2018-2
多色LED照明を利用した波長多重可視光通信の大容量化を行うために,隣接色間干渉に対応可能なMIMOキャンセラ処理法につい... [more] CS2018-2
pp.7-10
CS, OCS
(併催)
2018-01-29
13:25
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター MIMO技術を用いたWDM-OFDM可視光通信の検討
薮内 潤大村成勲大柴小枝子京都工繊大)・岩松隆則富士通テレコムネットワークスCS2017-79
マルチカラーLED照明を利用した可視光通信における光波長分割多重通信システムについて検討した.演色性を高めた多色LED光... [more] CS2017-79
pp.5-8
MICT, WBS
(共催)
2016-07-20
12:30
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス [ポスター講演]多値QAMを用いたOFDMシステムのためのEMアルゴリズムを用いたブラインド伝送路推定に関する一検討
阿部紘和藤井雅弘宇都宮大)・岩松隆則富士通テレコムネットワークス)・羽多野裕之伊藤 篤渡辺 裕宇都宮大WBS2016-17 MICT2016-18
筆者らはこれまで,多値QAMの最大振幅を有するシンボルと対応付けられると仮定できる受信信号のみを適切な規範に基づき抽出し... [more] WBS2016-17 MICT2016-18
pp.33-38
MICT, WBS
(共催)
2016-07-20
12:30
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス [ポスター講演]OFDMシステムのための反復Mooseアルゴリズムを用いた周波数オフセット推定に関する一検討
伊藤匡哉藤井雅弘宇都宮大)・岩松隆則富士通テレコムネットワークス)・羽多野裕之伊藤 篤渡辺 裕宇都宮大WBS2016-18 MICT2016-19
送受信器での発信周波数誤差に起因する周波数オフセットによりOFDM受信信号のキャリア間の直交性が崩れ,キャリア間干渉が発... [more] WBS2016-18 MICT2016-19
pp.39-44
RCC, ITS, WBS
(共催)
2015-12-17
13:30
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]OFDMシステムにおけるEMアルゴリズムを用いたブラインドチャネル推定に関する一検討
阿部紘和藤井雅弘宇都宮大)・岩松隆則富士通テレコムネットワークス)・羽多野裕之伊藤 篤渡辺 裕宇都宮大WBS2015-53 ITS2015-25 RCC2015-55
無線通信システムにおいて,コヒーレント検波を行うためには,受信機で伝送路情報を推定する必要がある.受信機で既知のパイロッ... [more] WBS2015-53 ITS2015-25 RCC2015-55
pp.79-84
CS 2015-11-13
10:50
北海道 層雲峡温泉 ホテル大雪(北海道) 直線/正方アレイ配置LOS-MIMO方式の性能評価に関する考察
山田訓久梅原大祐若杉耕一郎京都工繊大)・岩松隆則富士通ワイヤレスシステムズCS2015-55
送受信アンテナ間に障害物が存在せず,互いに見通せる状態~(見通し内)での通信を前提としたLOS-MIMO~(Line O... [more] CS2015-55
pp.59-64
OCS, CS
(併催)
2015-01-23
11:10
徳島 徳島大学 偏波多重OFDM方式へのAlamouti符号の適用と評価
関 智仁梅原大祐若杉耕一郎京都工繊大)・岩松隆則富士通ワイヤレスシステムズCS2014-87
偏波多重通信システムは高い周波数利用効率が実現できる.一方,時空間符号化で得られるダイバーシティ利得によって,通信品質の... [more] CS2014-87
pp.37-40
EMCJ, ITE-BCT
(連催)
2013-03-08
14:05
東京 機械振興会館 Matching Pursuitを用いた伝搬路推定のOFDMシステムへの応用
古舘英樹梅田雅敬岩松隆則富士通研)・馬 子驥佐藤智紀岡田 実奈良先端大
 [more]
CS, OCS
(併催)
2012-01-27
09:00
三重 伊勢市観光文化会館 時間領域ICIキャンセラを適用したOFDM方式の周波数オフセット補償
山本 智若杉耕一郎京都工繊大)・岩松隆則梅田雅敬富士通研CS2011-89
周波数オフセットは端末移動によるドップラーシフトや受信機における搬送波周波数ずれにより生じる.このためOFDM方式ではキ... [more] CS2011-89
pp.43-47
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-03
09:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) マルチアンテナによるインパルス性干渉対策に関する一検討
古舘英樹岩松隆則富士通研)・若杉耕一郎京都工繊大CAS2010-102 SIP2010-118 CS2010-72
受信信号にインパルス性干渉波が混入する場合,干渉波除去を行う前に干渉波が発生している期間を特定する必要がある.しかしPA... [more] CAS2010-102 SIP2010-118 CS2010-72
pp.1-6
SIP, CAS, CS
(共催)
2010-03-02
10:30
沖縄 宮古島 ブリーズベイマリーナ ガードインターバルを越える遅延波を抑圧する等化器併用型OFDM用アダプティブアレーに関する検討
梅田雅敬岩松隆則富士通研)・若杉耕一郎京都工繊大CAS2009-112 SIP2009-157 CS2009-107
アダプティブアレーアンテナは複数のアンテナに適切な重み付けを行なうことにより干渉波を抑圧し,希望波信号だけを取り出す技術... [more] CAS2009-112 SIP2009-157 CS2009-107
pp.197-202
CS, OCS
(併催)
2010-01-29
09:55
山口 海峡メッセ下関 Modulo演算を省きPAPRに制限がないTHP-OFDMの性能評価
澤田岳志京都工繊大)・岩松隆則富士通研)・若杉耕一郎京都工繊大CS2009-71
ISIキャンセラの様々な研究がなされてきたが,受信側の回路規模が一般的には増大し移動端末には好ましくない.
そこで,予... [more]
CS2009-71
pp.25-30
CS, OCS
(併催)
2010-01-29
10:20
山口 海峡メッセ下関 OFDM方式への自波消去型干渉波除去技術の適用と性能評価
上松亮介京都工繊大)・岩松隆則富士通研)・若杉耕一郎京都工繊大CS2009-72
アナログ世代のマイクロ波システムでは二つの受信アンテナの振幅と位相の差分を利用して干渉波のみを除去する自波消去型干渉波除... [more] CS2009-72
pp.31-36
CS 2009-01-22
09:10
沖縄 沖縄県 西表島 OFDMにおける判定帰還を用いた伝搬路推定
小林崇春・○岩松隆則富士通研)・若杉耕一郎京都工繊大CS2008-57
端末の高速移動により伝搬路状態が激しく変動することで高速フェージング環境が発生する.OFDM(Orthogonal Fr... [more] CS2008-57
pp.1-6
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会