お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2022-11-18
14:55
ONLINE オンライン開催 複数SP層からなるF関数を用いたType-2一般化Feistel構造のMILPによるActive S-box数解析
岡﨑雅哉岩田 哲名大
 [more]
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-20
14:50
ONLINE オンライン開催 ForkSkinnyに対するMILPを用いた差分パス探索
岡崎雅哉名大)・佐々木 悠NTT)・岩田 哲名大ISEC2021-35 SITE2021-29 BioX2021-36 HWS2021-35 ICSS2021-40 EMM2021-40
ForkSkinnyはTweakableブロック暗号SKINNYをもとに設計された共通鍵暗号技術であり,2つの暗号文ブロ... [more] ISEC2021-35 SITE2021-29 BioX2021-36 HWS2021-35 ICSS2021-40 EMM2021-40
pp.153-160
ISEC 2021-05-19
13:50
ONLINE オンライン開催 Romulus-N及びRomulus-Mに対する識別攻撃及び偽造攻撃
土生 亮名大)・峯松一彦NEC)・岩田 哲名大ISEC2021-6
Romulusはtweakableブロック暗号を利用した認証暗号方式であり,NIST Lightweight Crypt... [more] ISEC2021-6
pp.25-31
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
09:25
ONLINE オンライン開催 Tweakableブロック暗号を用いた4ブロックのType-2 Feistel暗号
中家一輝岩田 哲名大IT2020-118 ISEC2020-48 WBS2020-37
Tweakableブロック暗号(TBC)を用いることで,安全なブロック暗号を構成できる.本稿では,設計が比較的容易である... [more] IT2020-118 ISEC2020-48 WBS2020-37
pp.37-44
SITE, ISEC, HWS, EMM, BioX, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2020-07-20
15:45
ONLINE オンライン開催 Sum of Even-Mansour擬似ランダム関数に対する量子攻撃
品川和生岩田 哲名大ISEC2020-21 SITE2020-18 BioX2020-24 HWS2020-14 ICSS2020-8 EMM2020-18
CRYPTO~2019において,公開のランダム置換から擬似ランダム関数を構成する方法が提案された.本稿ではこのうち,Su... [more] ISEC2020-21 SITE2020-18 BioX2020-24 HWS2020-14 ICSS2020-8 EMM2020-18
pp.47-51
ISEC 2020-05-20
10:10
ONLINE オンライン開催 Google Adiantumに対する識別,偽造,平文回復攻撃
土生 亮岩田 哲名大ISEC2020-2
 [more] ISEC2020-2
pp.7-14
ISEC, IT, WBS
(共催)
2020-03-11
10:20
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド)
(開催中止,技報発行あり)
Ideal Cipherの繰り返し構造で構成される暗号学的置換の安全性証明
中道良太岩田 哲名大IT2019-110 ISEC2019-106 WBS2019-59
Coronらは,鍵長$n$ビット,入出力長$n$ビットのideal cipherを用いた構造を$3$回繰り返して構成され... [more] IT2019-110 ISEC2019-106 WBS2019-59
pp.135-141
ISEC 2017-09-04
16:00
東京 機械振興会館 [招待講演]Tweakableブロック暗号を用いた高速かつ安全なメッセージ認証コードZMAC
岩田 哲名大)・○峯松一彦NEC)・Thomas Peyrin南洋理工大)・Yannick SeurinANSSIISEC2017-47
 [more] ISEC2017-47
p.43
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-09
10:50
東京 東海大学 高輪キャンパス 3ラウンドRSA-OAEPの関連鍵攻撃に対する安全性
伊藤玄武森田 啓岩田 哲名大IT2016-101 ISEC2016-91 WBS2016-77
2013年に,JiaらはRSA-OAEPがアフィン関数に関する関連鍵攻撃に対して安全であることを証明した.関連鍵攻撃はB... [more] IT2016-101 ISEC2016-91 WBS2016-77
pp.15-22
NS, IN
(併催)
2017-03-03
15:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 同一所有者に属する端末間のユーザ認証用秘密鍵のセキュアな共有に関する一検討
西村豪生大森芳彦山下高生岩田哲弥NTTIN2016-172
非対称鍵暗号に基づいたWebユーザ認証においては、秘密鍵を端末外には出さずに管理することで、秘密鍵の盗難によるなりすまし... [more] IN2016-172
pp.449-454
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
10:00
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 複数の公開鍵秘密鍵ペアの中継による認証方式のセキュリティに関する考察
緒方祐介大森芳彦山下高生岩田哲弥NTTICSS2015-62
WEBサービスでの認証はパスワードによる認証では十分なセキュリティを確保することが難しくなってきている.パスワードにかわ... [more] ICSS2015-62
pp.89-94
NS, IN
(併催)
2016-03-04
11:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 共用デバイスのオンデマンドな利用を実現するユーザ・デバイス・Webサービス三者間の信頼関係の確立方式
斎藤奨悟山下高生岩田哲弥NTTIN2015-137
シェアリングエコノミーを背景に,個人や中小企業など様々な立場からのデバイスの提供が広まりつつある.さらに,IoT( In... [more] IN2015-137
pp.171-176
IN 2015-10-15
15:20
大阪 大阪大学 公開鍵秘密鍵を用いた認証方式に関するセキュリティ、利便性、運用性における一考察
緒方祐介大森芳彦山下高生岩田哲弥NTTIN2015-55
WEBサービスでの認証はパスワードによる認証では十分なセキュリティを確保することが難しくなってきている.パスワードにかわ... [more] IN2015-55
pp.13-18
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-10
11:25
愛知 名古屋大学 東山キャンパス 多入力多出力非線形関数を用いたタイプ1一般化Feistel暗号の拡散性
伊藤圭介柳原慎吾岩田 哲名大IT2013-60 ISEC2013-89 WBS2013-49
 [more] IT2013-60 ISEC2013-89 WBS2013-49
pp.41-48
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2013-07-19
13:45
北海道 札幌コンベンションセンター E-MACに基づく認証暗号化方式に対する攻撃
小林隼人森田 啓岩田 哲名大ISEC2013-50 SITE2013-45 ICSS2013-55 EMM2013-52
 [more] ISEC2013-50 SITE2013-45 ICSS2013-55 EMM2013-52
pp.403-410
ISEC 2013-05-23
12:55
東京 機械振興会館 CTRモードとCENCのKCVとの併用
伊木一真岩田 哲名大ISEC2013-1
 [more] ISEC2013-1
pp.1-8
ISEC 2012-12-12
16:00
東京 機械振興会館 [招待講演]Breaking and Repairing GCM Security Proofs (from CRYPTO 2012)
岩田 哲大橋佳祐名大)・峯松一彦NECISEC2012-78
 [more] ISEC2012-78
p.41
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-03
16:35
大阪 大阪大学 リーダの計算量を削減したRFID識別プロトコル
三好孝明岩田 哲名大IT2010-76 ISEC2010-80 WBS2010-55
一般的なRFIDシステムでは,それぞれのタグは異なる秘密鍵を保有しているため,リーダはタグを識別,あるいは認証するために... [more] IT2010-76 ISEC2010-80 WBS2010-55
pp.49-55
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-10
13:50
北海道 公立はこだて未来大学(函館) ハッシュ関数ファミリーAURORA
岩田 哲名大)・渋谷香士・○白井太三盛合志帆秋下 徹ソニーIT2008-87 ISEC2008-145 WBS2008-100
本稿では, ハッシュ関数ファミリー AURORA を提案する.
AURORA は出力長 224, 256, 384,... [more]
IT2008-87 ISEC2008-145 WBS2008-100
pp.277-286
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2007-07-20
11:35
北海道 公立はこだて未来大学 128ビットブロック暗号CLEFIAのハードウェア実装評価
白井太三渋谷香士・○秋下 徹盛合志帆ソニー)・岩田 哲名大ISEC2007-49
本稿では,128 ビットブロック暗号 CLEFIA のハードウェア実装における最適化手法の検討およびその評価結果について... [more] ISEC2007-49
pp.29-36
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会