お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-13
11:10
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]PONプロテクション機能と連携した高信頼C-NATの提案
横谷温子峰野博史静岡大)・横谷哲也金沢工大
 [more]
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-14
10:40
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]サービスレベル帯域制御アルゴリズムとその運用方式
小崎成治峰野博史静岡大)・末廣 雄名倉健一白井 聡三菱電機)・畑中勇樹笹川晃平横谷哲也金沢工大
 [more]
CS 2022-07-14
11:50
鹿児島 屋久島環境文化村センター 第1~第3レクチャー室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
5Gトラヒック収容に向けた帯域割当てアルゴリズムの実装
畑中勇樹笹川晃平横谷哲也金沢工大)・峰野博史小崎成治静岡大)・小崎成治末廣 雄名倉健一白井 聡三菱電機CS2022-18
第5世代モバイルネットワーク(5G)では多数のスモールセルが展開される.これらを集約するためにPON技術を適用した光アク... [more] CS2022-18
pp.32-33
SC 2022-05-27
09:55
ONLINE オンライン開催 機械学習モデルの認証に向けた検討
桐淵直人鈴木亮平芦澤奈実NTT)・大木哲史峰野博史西垣正勝静岡大SC2022-2
機械学習モデルの認証に向けた検討の一環として,モデルの挙動から複数の異なるモデルを識別できるか検証した.一般的なソフトウ... [more] SC2022-2
pp.7-12
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-28
15:55
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]IoT/AIを用いたマルチモーダルフェノタイピングによる適応型情報協働栽培に向けて
峰野博史静岡大
 [more]
CS 2021-07-15
15:40
ONLINE オンライン開催 光・5G連携トラヒック制御方式の検証に向けたプラットフォームの構築
笹川晃平畑中勇樹横谷哲也金沢工大)・末廣 雄名倉健一野田雅樹三菱電機)・小崎成治峰野博史静岡大CS2021-16
 [more] CS2021-16
pp.15-16
MIKA
(第三種研究会)
2020-10-09
15:20
新潟 西堀会議室(新潟)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]IoT/AIを用いたトマトとの対話への挑戦
峰野博史静岡大
 [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [依頼講演]深層強化学習を用いたモバイルデータオフローディングの研究
峰野博史静岡大
 [more]
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
MoNA, ASN
(併催)
(連催) [詳細]
2018-02-26
14:25
東京 上智大学 深層強化学習を用いたモバイルデータオフローディング手法の評価
望月大輔安孫子 悠静岡大)・齊藤隆仁片桐雅二池田大造NTTドコモ)・峰野博史静岡大MoNA2017-65
IoTの普及に伴いモバイルデータ通信需要は増加傾向にあり,通勤時間帯や都市部に偏りが発生することが知られている.モバイル... [more] MoNA2017-65
pp.141-146
PRMU, CNR
(共催)
2018-02-20
11:15
和歌山 和歌山大学 ニューラルネットワークを用いた植物蒸発散量推定における時系列特徴重畳手法
若森和昌柴田 瞬澤村 武鈴木大地切岩祥和鈴木克己峰野博史静岡大PRMU2017-165 CNR2017-43
農業分野では植物の蒸発散量の積算値(積算蒸発散量)に基づいて灌水を制御することで過不足のない灌水制御を実現するだけでなく... [more] PRMU2017-165 CNR2017-43
pp.115-120
MoNA 2018-01-19
17:10
京都 キャンパスプラザ京都(京都市下京区) 遅延耐性を考慮したハンドオーバ制御に基づくモバイルデータオフローディング手法の検討
安孫子 悠望月大輔静岡大)・齊藤隆仁片桐雅二池田大造NTTドコモ)・峰野博史静岡大MoNA2017-62
近年,スマートフォンやIoT機器の急速な普及でモバイルデータ通信需要が増加しており,トラフィックの収容効率を向上させるこ... [more] MoNA2017-62
pp.115-120
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2017-12-21
12:50
東京 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター 咽喉音を用いた会話・摂食行動の認識
安藤純平静岡大)・齊藤隆仁川崎仁嗣片桐雅二池田大造NTTドコモ)・峰野博史綱川隆司西田昌史西村雅史静岡大SP2017-60
 [more] SP2017-60
pp.23-27
ASN 2016-11-18
10:10
愛知 名古屋大学 アスマン通風乾湿計に基づいた高精度な温湿度センサ値補正手法の検討
ダンゴック タック静岡大)・峰野博史静岡大/JSTASN2016-57
 [more] ASN2016-57
pp.91-96
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-09-06
15:45
富山 富山大学 Deep CNNとSW-SVRを用いた植物の萎れ具合予測手法の検討
兼田千雅柴田 瞬峰野博史静岡大PRMU2016-87 IBISML2016-42
近年,農業分野では熟練の農業従事者の高度な栽培技術を形式知化する研究が進められている.特に,灌水のタイミングや量を緻密に... [more] PRMU2016-87 IBISML2016-42
pp.257-262
IN 2016-06-16
14:30
静岡 静岡大学(浜松) [招待講演]モバイルデータ3Dオフローディングの研究
峰野博史静岡大IN2016-21
スマートフォンの普及や様々なIoTシステムの急速な展開によってモバイルアプリケーションのトラフィックパターンは大きく変化... [more] IN2016-21
pp.35-40
ASN 2014-11-06
13:45
東京 機械振興会館 [招待講演]高度農業ICTを実現する高信頼双方向多点無線センサ/アクチュエータネットワーク
峰野博史静岡大ASN2014-86
栽培者の経験と勘による養水分制御ではなく,作物葉面積(LAI)のリアルタイム非破壊・非接触な多点同時計測に基づく適切な養... [more] ASN2014-86
p.33
ASN 2014-05-29
14:30
東京 東京大学先端科学技術研究センター An棟2階 コンベンションホール [ポスター講演]無線センサネットワークと機械学習を用いた施設園芸環境制御システムの提案
兼田千雅井林宏文鈴木雄也静岡大)・大石直記静岡県農林技研)・峰野博史静岡大ASN2014-22
近年,ICTを用いた農業支援が活発に行われている.その内の一つに,施設園芸内にセンサネットワークを構築することによって環... [more] ASN2014-22
pp.75-76
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-24
14:45
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) 不安定な電力供給に対応するRPLの設計と評価
鈴木良典猿渡俊介峰野博史静岡大ASN2013-154
本稿では,無線電力伝送や環境発電を前提とした無線センサネットワークにおいて,電力供給が不安定な
状況下で効率的にデータ... [more]
ASN2013-154
pp.201-206
ASN 2013-11-28
10:00
東京 機械振興会館 [ポスター講演]IEEE1888拡張規格を用いたEMSのアクセス制御方式の改良
赤井和幸・○荒川 豊福田富美男古川嘉識NTTコムウェア)・落合秀也東大)・峰野博史静岡大)・江崎 浩東大ASN2013-88
消費電力の見える化や省エネ制御を行うエネルギーマネジメントシステム(EMS)において,設備管理プロトコルIEEE1888... [more] ASN2013-88
pp.7-9
ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2013-07-18
15:45
静岡 アクトシティ浜松 [ポスター講演]有線/無線相互補完通信を用いたマルチゲートウェイメッシュネットワークの提案
河合孔明遊佐直樹峰野博史静岡大NS2013-58 RCS2013-109 SR2013-47 ASN2013-76
大規模災害からの復興において,通信インフラの迅速な復旧が課題となっている.ネットワークを短時間で構築する方法として無線メ... [more] NS2013-58 RCS2013-109 SR2013-47 ASN2013-76
pp.129-130(NS), pp.171-172(RCS), pp.145-146(SR), pp.157-158(ASN)
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会