お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP, WPT
(併催)
2022-01-21
10:50
鳥取 鳥取県立生涯学習センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
電界結合方式走行中ワイヤレス給電のための排水型高効率電化道路シミュレーション
横野翔勇水谷 豊大平 孝豊橋技科大)・崎原孫周遠藤哲夫新藤竹文大成建)・唐木健次渡部敬史城本政一大成ロWPT2021-17
電界方式は,一つの高周波電源装置で数十メートル連続的に給電走行できるという優位性がある.本研究は電界方式に用いる高効率電... [more] WPT2021-17
pp.9-12
EMCJ, WPT
(併催)
2016-01-29
11:15
熊本 熊本高専(熊本キャンパス) 電化道路電気自動車内の電磁界解析
澤田 篤糸数大己鈴木良輝崎原孫周坂井尚貴大平 孝豊橋技科大WPT2015-67
 [more] WPT2015-67
pp.19-22
MW 2015-11-20
10:00
沖縄 琉球大 移動する負荷へワイヤレス送電するための遠端全反射可変整合方式
崎原孫周鈴木良輝坂井尚貴大平 孝豊橋技科大MW2015-130
 [more] MW2015-130
pp.59-62
WPT 2015-06-12
17:00
東京 東京大学 キロワット級EVERに向けたV-WPT集電機構の設計と電力伝送実験
糸数大己青柳祐輝宮崎陽一朗鈴木良輝崎原孫周坂井尚貴大平 孝豊橋技科大WPT2015-31
本報告は電気自動車コムスを用いたタイヤ集電機構の設計と電力伝送実験について述べる.
金属車体による電力伝送効率低下を抑... [more]
WPT2015-31
pp.59-62
WPT, MW
(共催)
2015-04-17
15:25
東京 機械振興会館 EVERの電力伝達効率ηmaxを向上させる道路構造の提案
澤田 篤鈴木良輝崎原孫周坂井尚貴大平 孝豊橋技科大)・藤岡友美遠藤哲夫大成建設WPT2015-18 MW2015-18
電化道路電気自動車の実現に向けて,電化道路の損失低減は重要な課題である.本稿は,電磁界シミュレーションによって電化道路の... [more] WPT2015-18 MW2015-18
pp.93-96
WPT 2015-03-24
16:20
京都 京都大学宇治キャンパス 右手左手複合系電化フロア上のバッテリーレス電動カート走行実験 ~ 定在波電圧節の解消による走行中連続給電の実現 ~
鈴木良輝崎原孫周坂井尚貴大平 孝豊橋技科大)・遠藤哲夫藤岡友美大成建設WPT2014-100
電化フロア定在波節解消のための左手系回路装荷による連続走行中給電を達成した.
全長14mの周回電化フロアを試作し,電動... [more]
WPT2014-100
pp.37-40
MW 2013-03-08
15:15
広島 広島大学 高機能オシロスコープを用いた非線形負荷インピーダンス測定 ~ メビウス変換による定式化と実証実験 ~
崎原孫周大平 孝豊橋技科大MW2012-190
 [more] MW2012-190
pp.169-173
MW, ED
(共催)
2013-01-17
15:20
東京 機械振興会館 FETの寄生素子を考慮した伝送線路帰還FET発振回路のQファクタシミュレーションとSSB雑音測定
南 昂孝崎原孫周ウリン トヤ上原秀幸大平 孝豊橋技科大ED2012-114 MW2012-144
 [more] ED2012-114 MW2012-144
pp.11-16
MW 2012-11-22
09:30
沖縄 石垣島 ダブルループ帰還FET発振回路のQファクタ解析および実験によるSSB雑音評価
崎原孫周南 昂孝ウリン トヤ上原秀幸大平 孝豊橋技科大MW2012-119
 [more] MW2012-119
pp.35-40
MW 2012-06-29
11:00
岐阜 岐阜大学 伝送線路帰還型FET発振回路における最大有能QファクタMAQ理論
ウリン トヤ南 昂孝崎原孫周坂井尚貴大平 孝豊橋技科大MW2012-18
伝送線路帰還型FET発振回路における,発振条件および安定性を示し,最大有能Qファクタ(MAQ)の理論解析を行う.伝送線路... [more] MW2012-18
pp.1-4
MW 2012-03-01
09:20
佐賀 佐賀大学 [特別講演]利得偏差0.08dBpp/200MHzを達成した1GHz帯小型FET増幅回路
崎原孫周ウリン トヤ上原秀幸大平 孝豊橋技科大MW2011-166
周波数0.8GHz~1GHz帯域において,基底利得8dB以上となる小型FET増幅回路の設計・試作および測定を行い,結果,... [more] MW2011-166
pp.5-7
MW 2012-03-02
09:00
佐賀 佐賀大学 伝送線路帰還FET発振回路のQファクタ解析および実験
崎原孫周ウリン トヤ上原秀幸大平 孝豊橋技科大MW2011-178
本研究では,伝送線路で帰還回路を構成したFET発振回路において,理論解析および実験によって発振回路の回路パラメータと$Q... [more] MW2011-178
pp.61-64
MW 2010-03-05
10:30
京都 龍谷大 強制振動モデルを用いたFET発振回路の位相雑音解析
崎原孫周石田修己沖縄高専)・大平 孝豊橋技科大MW2009-202
強制振動モデルを用いてFET発振回路の位相雑音を解析する.
FET発振回路としてハートレー形発振回路を取り上げ,そのド... [more]
MW2009-202
pp.133-135
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会