お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-28
15:15
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
外部メモリアクセス抑制による高効率疎行列積アクセラレータの研究
永原雄大東工大)・安藤洸太北大)・川村一志劉 載勲本村真人Thiem Van Chu東工大CPSY2022-11 DC2022-11
 [more] CPSY2022-11 DC2022-11
pp.59-64
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2021-06-24
13:25
ONLINE オンライン開催 乱数重みニューラルネットワークにおけるアンサンブル学習の研究
大越康之廣瀬一俊安藤洸太川村一志ティエム ヴァン チュ本村真人劉 載勲東工大SIS2021-7
近年,重みの値を学習する代わりに,乱数重みの結合を学習する深層ニューラルネットワークが提案され,膨大な重み係数の格納に必... [more] SIS2021-7
pp.37-42
RECONF 2021-06-08
14:10
ONLINE オンライン開催 乱数生成ノードの並列閾値最適化に基づくエッジ指向決定木アンサンブル学習
熊澤峻悟川村一志Thiem Van Chu本村真人劉 載勲東工大RECONF2021-2
エッジデバイス上での機械学習の学習処理は、消費電力や計算資源といった問題の解決が必要である。そ こで本研究ではメモリアク... [more] RECONF2021-2
pp.2-7
RECONF 2021-06-08
15:00
ONLINE オンライン開催 特徴空間事前分割に基づく決定木アンサンブルのFPGA推論アクセラレータ
北島龍一川村一志劉 載勲本村真人Thiem Van Chu東工大RECONF2021-4
本研究では,決定木アンサンブルモデルの推論で一般的な,決定ノードと葉ノードによる二分決定木的な従来の推論方法を見直すこと... [more] RECONF2021-4
pp.14-19
RECONF 2021-06-08
16:35
ONLINE オンライン開催 対称的二進表現に基づくビットスケーラブルCNN推論手法
鈴木淳之介安藤洸太廣瀬一俊川村一志Thiem Van Chu本村真人劉 載勲東工大RECONF2021-7
組み込みシステム向けのニューラルネットワークは,学習段階で消費電力や計算資源の制約を考慮すること で設計要求を満たすこと... [more] RECONF2021-7
pp.32-37
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-06
09:55
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
イジング計算機による3次元直方体パッキング問題の解法
金丸 翔寺田晃太朗川村一志田中 宗早大)・富田憲範富士通研)・戸川 望早大VLD2019-124 HWS2019-97
 [more] VLD2019-124 HWS2019-97
pp.173-178
VLD 2017-03-01
15:55
沖縄 沖縄県青年会館 ニューラルネットワークにもとづく概算回路設計手法
川村一志柳澤政生戸川 望早大VLD2016-106
近年,Approximate Computingを活用した概算回路設計に関する研究が盛んに進められ,画像処理・信号処理分... [more] VLD2016-106
pp.25-30
VLD 2016-03-01
09:50
沖縄 沖縄県青年会館 制御回路を考慮したローテータベースマルチプレクサネットワークによるフィールドデータ抽出器の評価
伊東光希川村一志早大)・田宮 豊富士通研)・柳澤政生戸川 望早大VLD2015-120
$(M,N)$フィールドデータ抽出器は,$M$バイト長データから連続する$N$バイトを読み出す回路であり,TCPオフロー... [more] VLD2015-120
pp.55-60
VLD 2016-03-01
15:10
沖縄 沖縄県青年会館 フロアプラン指向高位合成を用いたレジスタ分散型アーキテクチャ回路のFPGA実装
藤原晃一川村一志五十嵐啓太柳澤政生戸川 望早大VLD2015-127
近年,様々なアプリケーションに対しFPGAの利用が急速拡大するに伴って,FPGA向け高位合成の需要が高まっている.
F... [more]
VLD2015-127
pp.93-98
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-02
17:35
長崎 長崎県勤労福祉会館 配線遅延とクロックスキューを利用したフロアプラン指向FPGA高位合成手法
藤原晃一川村一志柳澤政生戸川 望早大VLD2015-54 DC2015-50
FPGAでは近年プロセスの微細化が進み,配線遅延とクロックスキューが回路の動作周波数を著しく悪くする恐れがある.
従っ... [more]
VLD2015-54 DC2015-50
pp.99-104
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-03
12:05
長崎 長崎県勤労福祉会館 タイミングエラー予測回路によるデータ依存最適化回路設計とそのFPGA評価
川村一志柳澤政生戸川 望早大VLD2015-66 DC2015-62
LSI内部のパス遅延及び遷移確率は入力データに応じて様々に変動する.
この性質を利用することで計算精度をわずかに落とし... [more]
VLD2015-66 DC2015-62
pp.183-188
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
09:40
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) タイミングエラー予測回路による再構成可能デバイス上でのデータ依存最適化回路設計
川村一志阿部晋矢史 又華柳澤政生戸川 望早大VLD2014-80 DC2014-34
LSI内部の各パス遅延は入力データに応じて様々に変動する.
この性質を利用することで,計算精度をわずかに落としながらも... [more]
VLD2014-80 DC2014-34
pp.51-56
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-28
15:10
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) マルチプレクサ木分割によるフィールドデータ抽出器の構成手法
伊東光希川村一志柳澤政生戸川 望早大)・田宮 豊富士通研VLD2014-101 DC2014-55
TCP/IPオフロードエンジンのパケット解析や動画データエンコード・デコード回路のストリームデータ処理に見られるように,... [more] VLD2014-101 DC2014-55
pp.197-202
CAS, SIP, MSS, VLD, SIS
(共催) [詳細]
2014-07-11
14:00
北海道 北海道大学 フロアプランを考慮したマルチプレクサ入力数制限FPGA向け高位合成手法
藤原晃一阿部晋矢川村一志柳澤政生戸川 望早大CAS2014-41 VLD2014-50 SIP2014-62 MSS2014-41 SIS2014-41
 [more] CAS2014-41 VLD2014-50 SIP2014-62 MSS2014-41 SIS2014-41
pp.219-224
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-28
09:45
鹿児島 鹿児島県文化センター 信頼性と時間オーバーヘッド間のトレードオフを考慮した面積制約にもとづくRDRアーキテクチャ向けフォールトセキュア高位合成手法
川村一志柳澤政生戸川 望早大VLD2013-79 DC2013-45
半導体の微細化技術の進展に伴い,ソフトエラーに起因する信頼性の低下,及び配線遅延の相対的増大が問題となっている.
信頼... [more]
VLD2013-79 DC2013-45
pp.129-134
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2013-05-16
16:00
福岡 北九州国際会議場 RDRアーキテクチャを対象とした時間及び面積オーバーヘッドのないフォールトセキュア高位合成手法
川村一志柳澤政生戸川 望早大VLD2013-9
本論文では,RDRアーキテクチャを対象とした時間及び面積オーバーヘッドのないフォールトセキュア高位合成手法を提案する.提... [more] VLD2013-9
pp.67-72
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-26
11:20
福岡 九州大学百年講堂 島内消費電力量見積もりにもとづく温度特性を考慮したRDRアーキテクチャ向け高位合成手法
川村一志柳澤政生戸川 望早大VLD2012-61 DC2012-27
半導体の微細化技術向上に伴い,ICチップ内部の発熱,特にホットスポットと呼ばれる局所的に温度の高い空間が問題となっている... [more] VLD2012-61 DC2012-27
pp.13-18
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会