お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 71件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, SeMI
(併催)
2023-01-19
17:25
徳島 鳴門グランドホテル海月
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]点群を用いたミリ波通信品質予測の点群データ量削減に関する基礎的検討
太田翔己西尾理志東工大)・工藤理一高橋馨子永田尚志NTT
 [more]
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-09
15:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) フィジカル空間情報に基づく通信品質予測モデル選択手法
永田尚志工藤理一高橋馨子小川智明NTTCQ2021-106
無線通信技術の発展により,あらゆるモノがネットワークに接続され,様々なアプリケーションの創出が期待されている.多様化する... [more] CQ2021-106
pp.31-36
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-20
15:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Society 5.0現実空間情報を用いた無線通信品質予測技術
工藤理一高橋馨子永田尚志村上友規小川智明NTTIT2021-44 SIP2021-52 RCS2021-212
無線通信技術の発展により、様々なコネクテッドデバイスが普及し、無線通信がより身近になっている。IoT(Internet ... [more] IT2021-44 SIP2021-52 RCS2021-212
pp.93-94
SIS, ITE-BCT
(連催)
2021-10-07
11:40
ONLINE オンライン開催 ガウス過程を用いた無線チャネル予測手法
オウ イトNTT)・仲地孝之琉球大)・井上 武間野 暢工藤理一NTTSIS2021-12
将来のチャネル状態情報(CSI)を高精度に予測することで、無線リソースをプロアクティブに制御でき、高品質な無線伝送サービ... [more] SIS2021-12
pp.11-16
CQ, MIKA
(併催)
2021-09-09
14:05
ONLINE オンライン開催 [招待講演]深層学習による無線LAN高精度端末位置推定技術
工藤理一高橋馨子村上友規小川智明NTTCQ2021-45
無線通信技術の発展により、様々なコネクテッドデバイスが普及し、無線通信がより身近になっている。IoT(Internet ... [more] CQ2021-45
pp.40-45
CQ, MIKA
(併催)
2021-09-10
10:40
ONLINE オンライン開催 マルチカメラによる無線通信品質予測技術の屋内実験評価
高橋馨子工藤理一小川智明NTTCQ2021-53
近年、深層学習の発展により映像情報を用いた環境認識技術が高度化しており、またセンサが低価格化・小型化が進んだことから、今... [more] CQ2021-53
pp.77-81
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-22
12:30
ONLINE オンライン開催 深層学習による自律走行ロボットの無線通信品質予測
工藤理一高橋馨子村上友規小川智明NTTIT2020-102 SIP2020-80 RCS2020-193
ロボット制御技術の進展により、自動走行車両をはじめとしたさまざまな自律走行ロボットの検討が進んでいる。これら自律走行ロボ... [more] IT2020-102 SIP2020-80 RCS2020-193
pp.218-223
MIKA
(第三種研究会)
2020-10-09
11:05
新潟 西堀会議室(新潟)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
カメラ・センサ情報を用いた機械学習による無線通信品質予測
工藤理一高橋馨子小川智明NTT
 [more]
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-10
10:20
ONLINE オンライン開催 深層学習オブジェクト検出を用いたSHF帯スループット予測性能評価
工藤理一高橋馨子井上 武水野晃平NTTSeMI2020-12
無線通信技術の発展により、様々なコネクテッドデバイスによるサービス創出が期待されている。コネクテッドデバイスとしては、ド... [more] SeMI2020-12
pp.51-56
SeMI 2020-01-30
15:50
香川 ことひら温泉琴参閣 移動ロボットによる無線LAN通信品質予測
工藤理一コクラン マシュー高橋馨子井上 武水野晃平NTTSeMI2019-103
 [more] SeMI2019-103
pp.23-28
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演][MIKA/RISING共同企画] スマートコネクテッドデバイスの環境認識による無線通信品質予測
工藤理一高橋馨子井上 武水野晃平NTT
 [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]映像情報に基づく無線通信品質予測
高橋馨子工藤理一井上 武水野晃平NTT
無線通信技術の発展により、様々なコネクテッドデバイスによるサービス創出が期待されている。本稿では、コネクテッドデバイスと... [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]移動ロボットによる無線通信品質予測
工藤理一高橋馨子井上 武水野晃平NTT
 [more]
CQ 2019-08-27
16:15
北海道 函館アリーナ [招待講演]機械学習が切り開くスマートコネクテッドデバイスによる次世代無線通信システムの可能性
工藤理一高橋馨子井上 武水野晃平NTTCQ2019-72
無線通信技術の発展により、様々なコネクテッドデバイスによるサービス創出が期待されている。コネクテッドデバイスとしては、ド... [more] CQ2019-72
pp.79-84
RCS 2018-04-23
14:00
山口 湯田温泉 ホテルニュータナカ LTE V2Xの端末間直接通信における2段階自律無線リソース選択におけるパケット衝突低減法に関する検討
丸小倫己安川真平工藤理一永田 聡岩村幹生NTTドコモRCS2018-9
車があらゆるものとつながる(V2X: Vehicle-to-Everything)は,高度道路交通システム(ITS:In... [more] RCS2018-9
pp.49-53
AP, RCS
(併催)
2017-11-08
16:20
福岡 福岡大学 LTE V2Xの端末間直接通信における自律無線リソース選択に関する検討
丸小倫己工藤理一安川真平永田 聡岩村幹生中村武宏NTTドコモRCS2017-217
高度道路交通システム(ITS: Intelligent Transport Systems)のさらなる発展のため,LTE... [more] RCS2017-217
pp.69-73
RCS 2017-04-24
13:35
香川 ことひら温泉 琴参閣 [依頼講演]LTE V2Xとコネクテッドカーサービス実現に向けた取り組み状況
安川真平工藤理一小原辰徳丸小倫己永田 聡中村武宏NTTドコモRCS2017-8
 [more] RCS2017-8
p.41
CQ 2015-09-01
14:30
京都 京都工芸繊維大学 将来無線通信システムにおけるアンライセンスバンドでのアクセス権制御方法の性能評価
アベセカラ ヒランタ工藤理一松井宗大鷹取泰司市川武男溝口匡人NTTCQ2015-52
モバイルトラヒックの急速な増大に対応し, 無線LAN (local area network) システムをはじめとするア... [more] CQ2015-52
pp.71-76
RCS, IN
(併催)
2015-05-21
14:25
東京 機械振興会館 [依頼講演]将来無線アクセス・モバイル光ネットワークにおけるアンライセンスバンドアクセス方式の検討
工藤理一アベセカラ ヒランタ鷹取泰司市川武男溝口匡人NTT)・安田浩人森岡康史山田 曉森広芳文奥村幸彦NTTドコモIN2015-8 RCS2015-29
 [more] IN2015-8 RCS2015-29
pp.39-44(IN), pp.33-38(RCS)
RCS, SR, SRW
(併催)
2015-03-05
11:15
東京 東京工業大学 将来無線アクセス・モバイル光ネットワークにおけるアンライセンスバンドアクセス権制御方式
工藤理一アベセカラ ヒランタ鷹取泰司市川武男溝口匡人NTT)・安田浩人森岡康史山田 曉森広芳文浅井孝浩奥村幸彦NTTドコモRCS2014-342
 [more] RCS2014-342
pp.243-248
 71件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会