お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SSS 2017-12-19
14:10
東京 機械振興会館 高安全システムにおけるGSN適用とセーフティケース評価
武藤慈英平尾裕司長岡技科大SSS2017-27
 [more] SSS2017-27
pp.9-12
SSS 2017-12-19
15:05
東京 機械振興会館 自動車機能安全におけるGSN要求モデリングによるシステム開発
片井正行平尾裕司長岡技科大SSS2017-28
自動車における機能安全規格ISO26262が2011年11月に発行され,次第に定着しつつある.鉄道や航空関係で導入されて... [more] SSS2017-28
pp.13-16
SSS 2016-12-20
15:50
東京 日大駿河台キャンパス GSN展開評価手法とセーフティクリティカルなシステムの開発への適用
水本圭祐平尾裕司長岡技科大SSS2016-30
本論文では,安全要件に関する議論の不十分さを定量的に識別するためにGSN展開評価手法を提案し,システムの安全を十分に保証... [more] SSS2016-30
pp.17-20
DC 2015-12-18
17:00
新潟 クリエート村上(村上市) 自律分散制御鉄道信号システムにおけるアシュアランス技術の応用と効果について
川野 卓松本雅行JR東日本)・平尾裕司長岡技科大DC2015-84
この論文は,自律分散制御方式を採用した鉄道信号システムにおけるアシュアランス技術の応用について述べている.アシュアランス... [more] DC2015-84
pp.57-63
SSS 2015-11-26
15:10
東京 機械振興会館 機械と人の協働作業における安全制御 ~ プレス機械への協働作業安全制御の適用 ~
畑 幸男平尾裕司長岡技科大SSS2015-22
 [more] SSS2015-22
pp.15-18
SSS 2015-02-23
13:40
大阪 関西大高槻ミューズキャンパス EU指令による鉄道の安全マネジメントシステム
平尾裕司長岡技科大SSS2014-25
 [more] SSS2014-25
pp.5-8
SSS 2014-06-26
16:20
東京 機械振興会館 重要度継承を導入したGSNとソフトウェア開発への適用
川嵜一将平尾裕司長岡技科大SSS2014-12
 [more] SSS2014-12
pp.21-24
SSS 2012-12-20
13:40
京都 京都高度技術研究所 A Relay Drive Circuit for a Safe Operation Order
Sansak DeeonYuji HiraoNagaoka Univ. of Tech.)・Kiyoshi TanakaTri EngineeringSSS2012-23
 [more] SSS2012-23
pp.5-8
SSS 2012-07-26
15:00
東京 機械振興会館 機械と人の協働作業における安全制御 ~ プレス機械への協働作業安全制御の適用 ~
畑 幸男平尾裕司長岡技科大SSS2012-8
 [more] SSS2012-8
pp.13-16
DC 2008-12-12
13:00
山口 サンライフ萩 光結合を用いたフェールセーフ論理ゲート
工藤大地平尾裕司木村哲也蓬原弘一長岡技科大DC2008-59
光結合を用いたフェールセーフ論理回路素子を提案する. 従来のフェールセーフ論理回路素子は, 回路内部が電気的に結合され... [more] DC2008-59
pp.1-4
DC 2007-12-07
16:20
山口 下関市勤労福祉会館 鉄道信号分野における国内技術と国際規格
平栗滋人鉄道総研)・平尾裕司長岡技科大)・奥谷民雄鉄道建設・運輸施設整備支援機構)・田代維史日立)・森 稔東芝DC2007-66
近年,国内の鉄道分野においても国際規格の重要性が高まっている.鉄道分野では,発行済みのヨーロッパ規格を原案として国際規格... [more] DC2007-66
pp.33-38
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会