お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT, SP, ASJ-H, PRMU
(共催)
2015-06-18
16:00
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 自己視点からの世界諸英語クラスタリングを目的とした発音距離予測とその耐雑音性に関する検討
佐藤惟知柏木陽佑笠原 駿峯松信明齋藤大輔広瀬啓吉東大PRMU2015-45 SP2015-14 WIT2015-14
近年,諸外国から日本を訪れる観光客が増加している.また,2020年には東京オリンピックが行なわれる.彼らとのコミュニケー... [more] PRMU2015-45 SP2015-14 WIT2015-14
pp.77-82
SP 2015-01-22
14:40
岐阜 じゅうろくプラザ 日本人英語発声を対象とした単語明瞭度の自動予測 ~ 特徴量とモデルに関する比較研究 ~
ポンキッティパン ティーラポン峯松信明東大)・牧野武彦中大)・齋藤大輔広瀬啓吉東大SP2014-132
日本語訛りを有する英語音声に対して、どの単語が、米語母語話者にとって聞き取り難くなってしまうのかを自動予測することを検討... [more] SP2014-132
pp.31-36
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-15
19:20
神奈川 東工大(すずかけ台) 発音クラスタリングを目的とした基準発音距離の定義と発音距離予測に用いる音響特徴量の実験的検討
笠原 駿東大)・史 天澤清華大)・峯松信明齋藤大輔広瀬啓吉東大SP2014-110
国際語となった英語について,「英語利用者が従うべき標準的な英語を設けるのではなく,英語が多様化した現状を受け入れる」世界... [more] SP2014-110
pp.47-52
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-16
11:00
神奈川 東工大(すずかけ台) MFCC領域におけるGMMクラスタリングを併用したNon-negative Matrix Factorizationによる雑音環境下音声認識
藤垣健太郎柏木陽佑齋藤大輔峯松信明広瀬啓吉東大SP2014-113
雑音環境下音声認識において,事例ベースの特徴量強調としてNon-negative Matrix Factorizatio... [more] SP2014-113
pp.69-74
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-16
11:00
神奈川 東工大(すずかけ台) 複数出力サブネットワークを有するディープニューラルネットワークに基づく声質変換
橋本哲弥柏木陽佑齋藤大輔広瀬啓吉峯松信明東大SP2014-117
(事前公開アブストラクト) 本研究では、任意話者への変換に向けてのDeep Neural Network(DNN) によ... [more] SP2014-117
pp.99-104
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-16
11:00
神奈川 東工大(すずかけ台) 話者コードに基づく話者正規化学習を利用したニューラルネット音響モデルの適応
柏木陽佑齋藤大輔峯松信明広瀬啓吉東大SP2014-118
近年,自動音声認識において,その高い認識性能により,deep neural network (DNN) を用いた音響モデ... [more] SP2014-118
pp.105-110
SP 2014-11-14
10:30
福岡 九州大学筑紫キャンパス 統計的音声-調音マッピングにおける声質変換を利用した話者正規化の検討
内田秀継齋藤大輔峯松信明広瀬啓吉東大SP2014-100
 [more] SP2014-100
pp.59-64
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-24
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [一般発表]訛り・性別・年齢を考慮した自己視点からの世界諸英語発音の可視化
川瀬佑司峯松信明齋藤大輔広瀬啓吉東大)・沈 涵平国立成功大SP2014-12
国際共通語である英語は、それぞれの国や地域の母語干渉により、多様な発音、所謂訛りが存在することが知られている。筆者らの先... [more] SP2014-12
pp.127-132
SP 2014-02-28
11:00
徳島 徳島大学 世界諸英語分類のための構造的表象を用いた発音距離予測
笠原 駿峯松信明東大)・沈 涵平成功大)・牧野武彦中大)・齋藤大輔広瀬啓吉東大SP2013-109
国際語として利用されている英語の様態を指し示す言葉として世界諸英語がある。発音の観点から世界諸英語を説明すれば、「英語に... [more] SP2013-109
pp.13-18
SP, IPSJ-SLP
(連催)
2013-12-20
16:40
東京 筑波大学文京キャンパス OJADを支える音声合成技術 ~ 音声を合成しない音声合成技術の使い方 ~
峯松信明中村新芽橋本浩弥広瀬啓吉東大SP2013-95
日本語の韻律教育を支援すべく,自然言語処理技術,音声言語処理技術を用いたオンラインアクセント辞書(Online Japa... [more] SP2013-95
pp.129-134
SP 2013-11-22
13:30
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 日本人英語音声を対象とした単語了解度の自動予測
ポンキッティパン ティーラポン峯松信明東大)・牧野武彦中大)・沈 涵平国立成功大)・広瀬啓吉東大SP2013-79
本研究では,日本人が英文を読み上げた場合に日本語訛りによって聞き取り難くなってしまう単語を自動的に予測する手法を検討する... [more] SP2013-79
pp.47-52
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2013-07-25
17:30
宮城 壮鳳(遠刈田温泉) 出力特徴量の状態識別と長時間特徴量を用いた区分的線形変換による声質変換
池島 純鈴木雅之齋藤大輔峯松信明広瀬啓吉東大SP2013-56
出力話者の状態識別と長時間特徴量を用いた区分的線形変換に基づく声質変換の手法を提案する。区分的線形変換は、入出力話者間の... [more] SP2013-56
pp.19-24
SP, EA, SIP
(共催)
2013-05-16
14:25
岡山 岡山大学 REDIALを用いた狭帯域音声の帯域復元
グェン ドゥックズイ鈴木雅之峯松信明広瀬啓吉東大EA2013-7 SIP2013-7 SP2013-7
広帯域復元技術(ABE)は電話システムの狭帯域音声の音質を改善するために提案された技術である.多くのアルゴリズムではAB... [more] EA2013-7 SIP2013-7 SP2013-7
pp.37-42
SP, EA, SIP
(共催)
2013-05-16
14:50
岡山 岡山大学 データ適応型プリフィルタリングによるスペクトル重み法 ~ 単一チャンネル音声強調に向けて ~
モラ エモデ カデムル イスラム広瀬啓吉東大EA2013-8 SIP2013-8 SP2013-8
スペクトル重み法による音声強調は、音声のパワーレベルが事前に得られる場合、それによって異なる処理を施すことが可能となり、... [more] EA2013-8 SIP2013-8 SP2013-8
pp.43-48
SP 2013-02-28
14:10
愛知 大同大学 識別モデルを用いた英語文発声からの強勢自動検出
加藤集平鈴木雅之峯松信明広瀬啓吉東大)・山内 豊東京国際大)・西川 惠東海大SP2012-117
 [more] SP2012-117
pp.13-18
SP 2013-02-28
15:00
愛知 大同大学 [ポスター講演]スーパーベクトルとSVRに基づくMtF話者のための女声度推定
王 程碩鈴木雅之峯松信明東大)・櫻庭京子獨協医科大病院)・広瀬啓吉東大SP2012-120
MtF話者の音声を対象に,女声度推定の高精度化を試みた。GMMスーパーベクトルあるいはHMMスーパーベクトルを話者特徴量... [more] SP2012-120
pp.23-24
SP 2013-01-30
16:15
京都 同志社大学 日本語HMM音声合成のフルコンテキストラベルの改良
橋本浩弥広瀬啓吉峯松信明東大SP2012-103
HMM音声合成におけるコンテキストラベルを改良した。従来のラベルでは、文のモーラ数や文中における呼気段落の番号などが用い... [more] SP2012-103
pp.31-36
SP, IPSJ-SLP
(連催)
2012-12-21
15:25
東京 東工大(大岡山 西9号館) 波形包絡を用いた音節核の自動抽出とそれを用いた構造的表象による単語獲得プロセスのモデル化の初期検討
尾崎洋輔峯松信明広瀬啓吉東大)・Donna Erickson昭和音大SP2012-94
幼児の音声言語獲得の過程を計算機上で模擬する研究が盛んに行われており,発達心理学や脳科学で示された仮説やモデルの妥当性が... [more] SP2012-94
pp.113-118
SP 2012-11-08
10:30
宮城 東北工業大学 一番町ロビー テンソル表現に基づく任意話者声質変換に対する話者正規化学習の効果
齋藤大輔峯松信明広瀬啓吉東大SP2012-72
本報告ではテンソル表現に基づく任意話者声質変換における話者正規化学習の効果について検証する.声質変換の研究において,任意... [more] SP2012-72
pp.1-6
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2012-07-19
14:30
山形 滝の湯(山形・天童温泉) 構造的特徴を用いたSVMによる中国語自動発音誤り検出
趙 童牧東大)・星野朱美富山高専)・鈴木雅之峯松信明広瀬啓吉東大SP2012-50
外国語学習者の発声には多くの発音誤りが観測される。彼らの学習を支援するCALL (Computer-Aided Lang... [more] SP2012-50
pp.1-6
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会