お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, CS
(併催)
2022-05-12
12:05
福井 福井 (福井県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
車載ネットワークを対象とした Network Calculus に基づく遅延性能評価手法
松田脩佑廣森聡仁山口弘純阪大)・陶山洋次郎泉 達也住友電工)・浦山博史オートネットワーク技術研究所)・小林史歩梅原茂樹谷 英哲住友電工システムソリューションCS2022-3
提案手法では,数学的理論を用いて最悪通信遅延を導出する Network Calculus により導出される通信遅延 に基... [more] CS2022-3
pp.12-17
IN, MoNA, CNR
(併催)
2016-11-18
11:20
鹿児島 霧島観光ホテル [奨励講演]在室者への温熱快適性把握のための室温予測手法と実証に向けた取り組み
三浦太樹濱谷尚志廣森聡仁山口弘純東野輝夫下田吉之阪大MoNA2016-28
本研究では,オフィスなど比較的大規模な屋内空間において,空調室内機の制御に応じて室内の各地点でどのように室温が変化するか... [more] MoNA2016-28
pp.31-36
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2015-01-26
09:00
和歌山 南紀白浜温泉 ホテルむさし 大衆の生活ノウハウの定量化とモデル化による生活改善アドバイス生成システム
中村笙子志垣沙衣子廣森聡仁山口弘純東野輝夫阪大ASN2014-111
 [more] ASN2014-111
pp.25-30
MoNA 2014-07-30
12:35
愛知 愛知工科大学 商業ビル内でのセンシングデータ解析の試み
山口弘純廣森聡仁東野輝夫下條真司阪大MoNA2014-30
我々の研究グループでは,大規模商業施設グランフロント大阪内の技術展示空間「The Lab」において,2013 年4 月よ... [more] MoNA2014-30
p.81
MoNA 2013-08-01
15:20
北海道 北海道大学 共有空間の「ひと」「くうき」「きもち」を一体化する「ひとなび」のコンセプトとビッグデータ蓄積に向けた実証実験
山口弘純廣森聡仁樋口雄大内山 彰梅津高朗東野輝夫孫 為華下條真司山口容平下田吉之阪大MoNA2013-15
本研究では,ある共有空間における人々の存在・行動情報,それらの人々の気持ちや考え,感覚や周辺環境情報などを統合的に共有す... [more] MoNA2013-15
pp.13-18
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
MoNA, AN
(併催) [詳細]
2013-03-15
15:25
東京 東京大学 駒場リサーチキャンパス 都市環境における人流推定を目的としたセンサ配置最適化手法の提案
金谷拓実廣森聡仁山口弘純東野輝夫阪大MoMuC2012-72
人流情報は様々なサービスへの応用が期待されており,屋内外に配置された複数の歩行者検出センサを連携利用して商業施設内や地下... [more] MoMuC2012-72
pp.323-328
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
AN, MoNA
(併催) [詳細]
2012-03-13
13:30
東京 情報通信研究機構小金井 行動検出に基づく空調及び照明機器省エネルギー制御システムの性能評価手法
中濱浩二金谷拓実廣森聡仁山口弘純東野輝夫山口容平村井絢香下田吉之阪大MoMuC2011-58
一般的なオフィスビルにおける消費電力の約7割は空調及び照明機器に起因することが知られており,空調及び照明機器に対する様々... [more] MoMuC2011-58
pp.117-122
RCS, MoNA, SR
(併催)
2011-03-02
13:00
神奈川 YRP Performance Evaluation of Vital-Sign Collection Mechanism using Wireless Sensor Devices
Anuj Ratna BajracharyaOsaka Univ.)・Akira UchiyamaAkihito HiromoriHirozumi YamaguchiTeruo HigashinoOsaka Univ./JSTMoMuC2010-79
 [more] MoMuC2010-79
pp.1-6
AN, MoNA, USN
(併催)
2011-01-21
15:00
広島 広島市立大学 センサネットワークアプリケーションを対象とした統合型シミュレーション環境の提案
廣森聡仁阪大)・森 駿介阪大/学振)・山口弘純東野輝夫阪大MoMuC2010-74
ワイヤレスセンサネットワーク上のアプリケーション開発においては,分散システム開発にみられる課題だけでなく,ネットワーク性... [more] MoMuC2010-74
pp.81-86
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2010-03-03
10:50
神奈川 YRP 目的地選択の公平性と指定されたノード密度分布を実現する移動モデルの提案
上野瑛次郎廣森聡仁山口弘純東野輝夫阪大MoMuC2009-74
モバイルワイヤレスネットワークにおいては,対象とする領域のノード密度分布やノードの移動が通信プロトコルやアプリケーション... [more] MoMuC2009-74
pp.7-12
USN, AN, MoNA
(併催)
2010-01-21
12:00
静岡 アクトシティ浜松 [技術展示]傷病者の自動監視を実現する電子トリアージシステム
内山 彰阪大/JST)・木山 昇楠田純子阪大)・廣森聡仁梅津高朗山口弘純東野輝夫阪大/JSTMoMuC2009-59 AN2009-55 USN2009-55
大事故や災害発生時には一度に多くの人々が負傷することが想定されるため,トリアージと呼ばれる救急
救命方式に基づき治療優... [more]
MoMuC2009-59 AN2009-55 USN2009-55
pp.35-36(MoMuC), pp.51-52(AN), pp.35-36(USN)
VLD 2009-09-25
10:25
大阪 大阪大学 情報系総合研究棟 災害医療支援ネットワークのための軽傷者用負傷者端末
坂主圭史廣森聡仁阪大/JST)・今村多一郎岡本潤也阪大)・稗田拓路武内良典今井正治阪大/JST)・北道淳司会津大)・東野輝夫阪大/JSTVLD2009-37
 [more] VLD2009-37
pp.45-50
MoNA, ITE-CE, ITE-BCT
(共催)
2009-09-25
09:30
沖縄 てんぶす那覇 無線センサーネットワークを利用した電子トリアージシステムの実現
楠田純子木山 昇阪大)・内山 彰廣森聡仁梅津高朗山口弘純東野輝夫阪大/JSTMoMuC2009-32
近年,大規模事故や災害発生時の救急救命において,トリアージと呼ばれる救急救命方式が導入されつつある.トリアージとは,傷病... [more] MoMuC2009-32
pp.33-38
CQ, MoNA, IPSJ-AVM
(連催) ※学会内は併催
2009-07-09
11:30
北海道 小樽市民会館 詳細度の異なるモデルを用いた無線シミュレーションの高速化手法の提案
村中慎治廣森聡仁山口弘純東野輝夫阪大MoMuC2009-15
一般に,ネットワークシミュレーションにおいて,通信方式の再現精度とそれに要する計算量との間にはトレードオフが存在する.高... [more] MoMuC2009-15
pp.7-12
NS, ICM, CQ
(併催)
2007-11-16
14:40
福岡 福岡システムLSI総合開発センター 実環境を想定したユーザ協調型トラフィック制御方式の性能評価
金田 茂廣森聡仁品川準輝滝田 亘NTTドコモNS2007-105
移動通信ネットワークでは,花火大会などのイベント時に局所的にユーザが集中することによって,ネットワークの処理能力を超える... [more] NS2007-105
pp.63-68
NS, CS, IN
(併催)
2007-09-20
17:10
宮城 東北大学 地図情報を利用したセル滞在時間推測手法の提案
廣森聡仁金田 茂品川準輝滝田 亘NTTドコモNS2007-67
セル間をユーザが移動するセルラーネットワークにおいては,ユーザの移動がネットワークに与える影響を考慮できるよう,移動行動... [more] NS2007-67
pp.73-76
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会