お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF, VLD
(連催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2023-01-24
10:55
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎2階大会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
脳波を用いた感情認識システムにおける無線送信データ削減手法および実装に関する検討
原田勇輝兼本大輔廣瀬哲也阪大
 [more]
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2022-08-08
14:40
ONLINE オンライン開催に変更 現地開催(北海道大学百年記念会館)は中止 極低電圧熱エネルギーハーベスティングに向けた50mV以下の低電圧で動作する昇圧コンバータ
瀬部 光兼本大輔廣瀬哲也阪大SDM2022-39 ICD2022-7
微小な温度差を利用した熱エネルギーハーベスティングに向け,50 mV以下の極低電圧で動作する昇圧コンバータを提案する.提... [more] SDM2022-39 ICD2022-7
pp.21-26
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
09:45
ONLINE オンライン開催 FVFを応用したPSRR帯域拡張回路を搭載した脳波計測ウェアラブルデバイス向け低消費LDO
三井健司兼本大輔毎田 修廣瀬哲也阪大VLD2021-18 ICD2021-28 DC2021-24 RECONF2021-26
本稿では脳波計測ウェアラブルデバイス向けにフリップドボルテージフォロワ(FVF)を応用しPSRR(Power Suppl... [more] VLD2021-18 ICD2021-28 DC2021-24 RECONF2021-26
pp.7-12
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-02
10:10
ONLINE オンライン開催 圧縮センシングを活用した心電図計測フレームワークの一設計法
松村侑紀兼本大輔毎田 修廣瀬哲也阪大VLD2021-34 ICD2021-44 DC2021-40 RECONF2021-42
近年、心電図をインターネットを介して医療関係者にリアルタイムに提供する需要が増えてきている。し かし、無線による生体信号... [more] VLD2021-34 ICD2021-44 DC2021-40 RECONF2021-42
pp.99-104
IMQ 2021-10-22
13:45
大阪 阪大吹田キャンパス A Tiny Convolutional Neural Network for Image Super-Resolution
Kazuya UrazoeNobutaka KurokiYu KatoShinya OhtaniKobe Univ.)・Tetsuya HiroseOsaka Univ.)・Masahiro NumaKobe Univ.IMQ2021-7
 [more] IMQ2021-7
pp.2-7
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-25
16:45
ONLINE オンライン開催 OD-ICAを利用した圧縮センシング脳波計測フレームワークにおけるICAアルゴリズムの比較
奥村 渡兼本大輔毎田 修廣瀬哲也阪大VLD2020-52 CPSY2020-35 RECONF2020-71
無線型の脳波計測装置における軽量化及び長時間の測定を可能にするには、脳波計の消費電力削減が必要となる。そこで我々は圧縮セ... [more] VLD2020-52 CPSY2020-35 RECONF2020-71
pp.75-79
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-25
17:10
ONLINE オンライン開催 圧縮センシングを用いた低消費電力脳波計測フレームワークのサンプリング間隔に関する検討
岡部勇樹兼本大輔阪大)・望月智弥山梨大)・毎田 修廣瀬哲也阪大VLD2020-53 CPSY2020-36 RECONF2020-72
近年では被験者に不快感の少ない無線脳波測定デバイスに注目が集まっている. そのため, 無線脳波測定デバイスに搭載するバッ... [more] VLD2020-53 CPSY2020-36 RECONF2020-72
pp.80-84
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-18
09:30
ONLINE オンライン開催 圧縮センシングを用いた低消費電力カプセル内視鏡システム実現のための設計指針に関する検討
原田勇輝兼本大輔阪大)・大木 真山梨大)・毎田 修廣瀬哲也阪大VLD2020-27 ICD2020-47 DC2020-47 RECONF2020-46
近年,低侵襲な消化管診察手法としてカプセル内視鏡が注目されている.しかし,カプセル内視鏡は撮影した画像を無線により送信す... [more] VLD2020-27 ICD2020-47 DC2020-47 RECONF2020-46
pp.95-100
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
14:50
鳥取 鳥取大鳥取キャンパス [依頼講演]微弱光エネルギーを利用する集積回路システムの構築
廣瀬哲也阪大
 [more]
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2017-12-14
15:10
沖縄 アートホテル石垣島 近傍界磁界通信・電界測距共用mm3級アンテナの実装と評価
白井 僚河野 仁阪大)・廣瀬哲也神戸大)・橋本昌宜阪大CAS2017-86 ICD2017-74 CPSY2017-83
本稿では,近傍界磁界通信および電界測距の両方を同一構造で実現するアンテナを提案する.提案方式は2枚のスパイラルコイルを利... [more] CAS2017-86 ICD2017-74 CPSY2017-83
pp.101-105
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2017-12-14
15:10
沖縄 アートホテル石垣島 時間計測アプリケーションに向けた抵抗レスで面積利用効率の高い超低電力フルオンチップ弛張発振器
浅野大樹廣瀬哲也尾崎年洋黒木修隆沼 昌宏神戸大CAS2017-98 ICD2017-86 CPSY2017-95
本稿では,時間計測アプリケーションに向けた抵抗レスで
面積利用効率の高い超低電力フルオンチップ弛張発振器を提案する.
... [more]
CAS2017-98 ICD2017-86 CPSY2017-95
p.141
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2017-12-15
10:30
沖縄 アートホテル石垣島 IoTノード向けアンテナ組込型小体積高効率トランスミッタの開発
白井 僚阪大)・廣瀬哲也神戸大)・橋本昌宜阪大CAS2017-104 ICD2017-92 CPSY2017-101
本研究は,コイルをLC発振と電磁波放射に共用することで外部アンテナを省略するVHF帯OOKトランスミッタを提案する.提案... [more] CAS2017-104 ICD2017-92 CPSY2017-101
pp.159-163
ICD, CPM, ED, EID, EMD, MRIS, OME, SCE, SDM
(共催)
QIT
(併催) [詳細]
2017-01-31
15:00
広島 みやじま杜の宿(広島) 時間計測アプリケーションに向けた超低電力フルオンチップ電流比較型RC発振器
浅野大樹廣瀬哲也椿 啓志三好太朗尾崎年洋黒木修隆沼 昌宏神戸大EMD2016-85 MR2016-57 SCE2016-63 EID2016-64 ED2016-128 CPM2016-129 SDM2016-128 ICD2016-116 OME2016-97
本稿では,製造プロセスのばらつき,電源電圧の変動,そして温度変化 (PVT ばらつき) に対して安定であり,小面積で低電... [more] EMD2016-85 MR2016-57 SCE2016-63 EID2016-64 ED2016-128 CPM2016-129 SDM2016-128 ICD2016-116 OME2016-97
pp.81-86
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-15
15:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]超低電力・環境発電デバイスに向けた最大発電量予測システム
佐藤孝憲廣瀬哲也尾崎年洋浅野大樹黒木修隆沼 昌宏神戸大ICD2016-86 CPSY2016-92
本稿では,エネルギーハーベスティング技術に向けた最大発電量予測システムを提案する.
提案回路は,電流源DACとキャパシ... [more]
ICD2016-86 CPSY2016-92
p.105
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-15
15:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]適応バイアス技術を用いた低電流・高速スイッチトキャパシタ型増幅回路
竹川和希廣瀬哲也尾崎年洋浅野大樹黒木修隆沼 昌宏神戸大ICD2016-87 CPSY2016-93
本稿では,適応バイアス技術を用いたスイッチトキャパシタ型増幅回路を提案する.提案回路は,信号遷移時に動作電流を増大させる... [more] ICD2016-87 CPSY2016-93
p.107
RECONF 2016-09-06
13:50
富山 富山大学 近似を導入した簡略化アルゴリズムに基づくRNN回路のリソース削減と高効率化
村田大智廣瀬哲也黒木修隆沼 昌宏神戸大RECONF2016-38
本稿では,時系列情報の学習に有効なニューラルネットワークであるRNN(Recurrent Neural Network)... [more] RECONF2016-38
pp.69-74
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2016-08-01
10:00
大阪 中央電気倶楽部 高速起動を特徴とした間欠動作型VLSIシステム用32-MHzオンチップクロック源回路
浅野大樹廣瀬哲也三好太朗椿 啓志尾崎年洋黒木修隆沼 昌宏神戸大SDM2016-49 ICD2016-17
本稿では,高速起動を特徴とした間欠動作型VLSIシステム用32-MHzオンチップクロック源回路を提案する.提案回路は,従... [more] SDM2016-49 ICD2016-17
pp.3-8
ICD, ITE-IST
(連催)
2015-07-03
14:20
神奈川 防衛大学校 [招待講演]エネルギーハーベスティングのシステム回路設計 ~ 高効率な昇圧回路と低消費電力なデジタル回路設計 ~
岡田光司雫 譲廣瀬哲也神戸大ICD2015-22
本講演では、高効率· 低消費電力なエネルギーハーベスティングシステムを実現するための技術について論ずる.使用環... [more] ICD2015-22
pp.47-52
ICD, SDM
(共催)
2014-08-05
15:20
北海道 北海道大学 情報教育館(札幌市) 時間計測アプリケーションに向けた超低電力弛張発振回路
椿 啓志廣瀬哲也尾崎年洋黒木修隆沼 昌宏神戸大SDM2014-80 ICD2014-49
本稿では,時間計測アプリケーションに向けた超低電力弛張発振回路を提案する.一般に,弛張発振回路はコンパレータのオフセット... [more] SDM2014-80 ICD2014-49
pp.99-104
IMQ 2013-12-13
14:20
静岡 静岡大学 浜松キャンパス 画質評価のための注視重要度の関数近似
泉 直孝黒木修隆廣瀬哲也沼 昌宏神戸大IMQ2013-19
本稿では,画質評価において汎用的に用いることが可能な注視重要度MAPの関数近似を行ったので報告する.アイトラッキングによ... [more] IMQ2013-19
pp.11-14
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会