お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-29
09:50
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
直接波と海面反射波の関係性を用いた電波送信源のパッシブ測距方式
高橋善樹高橋龍平影目 聡三菱電機SANE2022-32
 [more] SANE2022-32
pp.55-60
SANE 2022-07-01
15:40
茨城 JAXA筑波宇宙センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スキャニングライダー観測風速場のEnKFによる高密度化検討
北村尭之伊藤優佑影目 聡三菱電機SANE2022-20
近年,民生用ドローンの高性能化と低価格化により世界的に民生用ドローンの各方面における活用が活発化してきているが,ドローン... [more] SANE2022-20
pp.27-32
SANE 2022-05-24
09:55
神奈川 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
異種変調を用いた相互強化レーダ方式
福島冬樹影目 聡諏訪 啓三菱電機SANE2022-3
複数のレーダの送信波を活用することで互いに能力を強化して遠距離高速の移動体の検出性能を改善する相互強化レーダの開発を目指... [more] SANE2022-3
pp.12-17
SANE 2022-05-24
10:30
神奈川 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LPRFレーダにおけるあいまいさのない速度算出および測距精度向上方式の提案
古田哲朗影目 聡三菱電機SANE2022-4
遠方の目標を観測するためにLPRF(Low Pulse Repetition Frequency)レーダが用いられるが、... [more] SANE2022-4
pp.18-23
SAT, SANE
(併催)
2022-02-24
14:00
ONLINE オンライン開催 レーダによる呼吸検知のための円フィッティング方式の検討
北村尭之松島 勲影目 聡三菱電機SANE2021-97
近年,ミリ波レーダによるバイタルセンシング技術の開発が世界的に進んでおり,車室内乗員や屋内居住者のバイタルモニタリング用... [more] SANE2021-97
pp.1-6
SAT, SANE
(併催)
2022-02-24
14:25
ONLINE オンライン開催 ビームフォーマ法とRNNを組み合わせた人検知の検討
松島勲旺北村尭之影目 聡三菱電機SANE2021-98
本稿では,ミリ波レーダを用いた屋内における人検知手法について述べる.屋内の静止体のドップラ信号および移動体の速度と移動距... [more] SANE2021-98
pp.7-11
SANE 2019-11-29
13:05
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス レンジウォーク,ドップラ周波数の影響を受けない周波数分割MIMOレーダにおけるコヒーレント積分法
影目 聡眞庭知成諏訪 啓三菱電機SANE2019-81
分散配置された複数の送信レーダ/受信レーダを用いる事で,単体のレーダに比べ検出性能向上やアンテナ実開口を拡大せずに高い角... [more] SANE2019-81
pp.61-66
SAT, SANE
(併催)
2018-02-22
10:25
山口 山口商工会議所 不等間隔に存在する周波数帯域を用いた目標測距法
眞庭知成影目 聡原 照幸三菱電機SANE2017-109
中心周波数の異なる複数の帯域で目標反射信号を受信し,その受信信号を合成することで高精度に測距可能な帯域合成レーダ方式があ... [more] SANE2017-109
pp.1-5
SANE 2018-01-25
16:00
長崎 長崎県美術館 チャープz変換を用いる周波数分割MIMOレーダの移動目標に対するコヒーレント積分法
影目 聡原 照幸三菱電機SANE2017-94
 [more] SANE2017-94
pp.47-52
SANE 2015-05-29
11:25
神奈川 JAXA相模原キャンパス 最大比合成積分を用いた加速度変化目標に対するSNR向上法の原理検証
影目 聡鈴木信弘三菱電機SANE2015-8
レーダにおいて,目標検出性能向上は重要な課題の一つである.HPRF(High Pulse Repetition Freq... [more] SANE2015-8
pp.13-18
SANE 2013-12-20
14:55
埼玉 日本工業大学 HPRFレーダにおける複数アンテナパターンを用いるサイドローブクラッタ内目標検出法
影目 聡平田和史三菱電機SANE2013-111
HPRF(High Pulse Repetition Frequency)パルスドップラーレーダは,高速接近目標に対して... [more] SANE2013-111
pp.25-30
SANE 2012-07-27
16:50
東京 電子航法研究所 2スキャンを用いるHPRFレーダ高分解能測距法の加速度目標への適用
影目 聡小幡 康原 照幸三菱電機SANE2012-48
 [more] SANE2012-48
pp.43-47
SANE 2012-05-18
10:40
神奈川 防衛大学校 航空機搭載HPRFレーダ向け低S/N目標の航跡抽出方式
小幡 康影目 聡亀田洋志三菱電機SANE2012-11
 [more] SANE2012-11
pp.1-6
SANE 2011-12-16
15:10
埼玉 日本工業大学 2スキャンのパルス圧縮とFMレンジングを併用するHPRFレーダの距離分解能向上アルゴリズムのクラッタ・雑音環境への適用
影目 聡小幡 康原 照幸三菱電機SANE2011-136
HPRF(High Pulse Repetition Frequency)レーダにおいて,目標の距離を得る事は重要な課題... [more] SANE2011-136
pp.53-58
SANE 2011-05-20
13:30
神奈川 防衛大学校 複数目標対処が可能なパルス圧縮とFMレンジングを併用するHPRFレーダの距離分解能向上アルゴリズムのクラッタ・雑音環境への適用
三原詩織影目 聡原 照幸三菱電機SANE2011-10
 [more] SANE2011-10
pp.1-6
SANE 2010-07-30
14:30
東京 電子航法研究所 パルス圧縮とFMレンジングを併用するHPRFレーダの距離分解能向上アルゴリズムのクラッタ分離性能評価
影目 聡原 照幸三菱電機SANE2010-56
 [more] SANE2010-56
pp.19-24
SANE 2009-12-18
15:25
埼玉 日本工業大学 移動目標に対するパルス圧縮とFMレンジングを併用するHPRFレーダの距離分解能向上アルゴリズムの原理検証
影目 聡原 照幸三菱電機SANE2009-137
HPRF(High Pulse Repetition Frequency)レーダにおいて,目標の距離を得る事は重要な課題... [more] SANE2009-137
pp.25-30
SANE 2009-05-29
14:45
神奈川 防衛大学校 目標レンジプロフィールのコヒーレント積分による目標検出性能改善アルゴリズムの原理検証
影目 聡福間雄一郎原 照幸三菱電機)・稲葉敬之電通大SANE2009-11
通常,レーダの距離分解能は,目標の寸法よりも長いため,目標による反射信号は目標の部分ごとの反射点からの反射信号のベクトル... [more] SANE2009-11
pp.19-24
SANE 2007-12-21
15:25
埼玉 日本工業大学 チャープパルス圧縮の距離シフトを用いた速度補正を行うパルス間コヒーレント積分法による検出確率と測速度性能の改善
影目 聡原 照幸関口高志三菱電機SANE2007-100
レーダにおいて,移動目標検出と目標相対速度算出は重要な課題である.従来,LPRF(Low Pulse Repetitio... [more] SANE2007-100
pp.31-36
SANE 2007-05-25
14:20
神奈川 防衛大 パルス圧縮の距離シフトを用いた速度補正を行うパルス間コヒーレント積分
影目 聡原 照幸関口高志三菱電機SANE2007-37
レーダにおいて,低SNR(Signal to Noise Ratio)移動目標検出は重要な課題の一つである.従来,LPR... [more] SANE2007-37
pp.13-17
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会