お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2019-03-07
16:15
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター ユーザを欺く国際化ドメイン名の解析法
千葉大紀長谷川彩子小出 駿NTT)・澤部祐太後藤滋樹早大)・秋山満昭NTTICSS2018-76
国際化ドメイン名(Internationalized Domain Name(IDN))が悪用され,正規ブランドのドメイ... [more] ICSS2018-76
pp.47-52
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-08
11:35
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター 更新履歴を用いたWebサイト悪用の予測
高田雄太秋山満昭八木 毅波戸邦夫NTT)・後藤滋樹早大ICSS2017-73
管理者が更新を放棄したWebサイトを悪用する攻撃の脅威が増大している.
そこで本稿では,Webサイトを構成するソフトウ... [more]
ICSS2017-73
pp.133-138
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート DNSクエリの類似性に着目したユーザ利用OSの分類手法
駒井友香小林正裕原田薫明石橋圭介川原亮一NTT)・森 達哉後藤滋樹早大IN2017-89
通信端末の多様化に伴い複雑化するトラヒック変動に対して,適切にトラヒックを制御することが今後求められる.特に,OS特有の... [more] IN2017-89
pp.1-4
PN 2017-03-06
17:05
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) [招待講演]すでに人工知能に負けている人類
後藤滋樹早大/MBAPN2016-99
いずれ人工知能(AI)が人類を凌駕するという説がある(singularity)。著者の見立ては、すでに人間は多くの領域(... [more] PN2016-99
pp.91-92
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
14:00
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 マルウェア感染ホストが生成する通信の弁別手法
水野 翔畑田充弘森 達哉後藤滋樹早大ICSS2015-66
マルウェアがもたらす脅威は依然として顕著である.PC やスマートフォン等の端末をマルウェアの被害から保護するためには,未... [more] ICSS2015-66
pp.117-122
IN, IA
(併催)
2015-12-17
12:35
広島 広島市立大学 [招待講演]名前情報による隠されたトラヒックの顕現化
森 達哉早大)・井上 武下田晃弘NTT)・佐藤一道NTTコミュニケーションズ)・原田薫明石橋圭介芳賀夢久笹生 憲後藤滋樹早大IN2015-74 IA2015-69
インターネットにおける代表的な名前解決のメカニズムであるDNSを効果的に用いることにより、通常は隠れて見えない通信を「顕... [more] IN2015-74 IA2015-69
pp.19-24(IN), pp.1-6(IA)
IA, ICSS
(共催)
2015-06-11
13:45
福岡 九工大 百周年中村記念館 [招待講演]産学連携によるサイバーセキュリティ教育分野の確立
八木 毅秋山満昭NTT)・森 達哉早大)・針生剛男NTT)・後藤滋樹早大IA2015-2 ICSS2015-2
 [more] IA2015-2 ICSS2015-2
pp.3-8
IA, ICSS
(共催)
2015-06-12
10:50
福岡 九工大 百周年中村記念館 攻撃インフラの時系列変動特性に基づく悪性ドメイン名の検知法
千葉大紀NTT/早大)・八木 毅秋山満昭NTT)・森 達哉早大)・矢田 健針生剛男NTT)・後藤滋樹早大IA2015-10 ICSS2015-10
サイバー攻撃を実施する攻撃者は,自身の保有する悪性サイトを頻繁に変化させて運用することで,ブラックリストに代表される対策... [more] IA2015-10 ICSS2015-10
pp.51-56
IA, ICSS
(共催)
2015-06-12
14:10
福岡 九工大 百周年中村記念館 インターネット計測はダークネット解析のノイズになるか?
芳賀夢久笹生 憲森 達哉後藤滋樹早大IA2015-15 ICSS2015-15
ダークネットは未使用かつ到達可能なIPアドレス空間のトラフィックを観測するシステムである.
ダークネットはワームなどの... [more]
IA2015-15 ICSS2015-15
pp.81-86
NS, IN
(併催)
2015-03-03
15:10
沖縄 沖縄コンベンションセンタ DNSクエリ・応答を用いたHTTPS通信のホスト名推定
森 達哉早大)・井上 武下田晃弘佐藤一道石橋圭介NTT)・後藤滋樹早大IN2014-164
インターネット上で提供されるサービスの大多数はHTTPによるWeb通信である.
そして多くの Web 通信が HTTP... [more]
IN2014-164
pp.255-260
NS 2014-10-16
17:15
島根 松江テルサ [招待講演]交通機関を活用したコンテンツ配信システム
佐藤拓朗朴 容震津田俊隆後藤滋樹田中良明亀山 渉嶋本 薫甲藤二郎早大)・市野将嗣電通大NS2014-120
 [more] NS2014-120
pp.93-97
IA 2013-02-15
14:30
東京 機械振興会館 ネットワーク内部情報可視化を利用した消費電力削減法
持永 大早大)・小林克志理研)・後藤滋樹早大)・村瀬一郎三菱総研IA2012-84
 [more] IA2012-84
pp.83-87
CQ, ICM, NS
(併催)
2012-11-15
15:45
滋賀 長浜バイオ大学 [チュートリアル講演]インターネットの資源管理をめぐる最近の話題
後藤滋樹早大NS2012-109 CQ2012-63 ICM2012-30
インターネットの資源管理は常に課題を抱えている.ここでは,IPv4アドレスの枯渇,IPアドレスの移転,IPv6におけるフ... [more] NS2012-109 CQ2012-63 ICM2012-30
pp.33-34(NS), pp.33-34(CQ), pp.9-10(ICM)
NS, IN
(併催)
2012-03-09
09:30
宮崎 宮崎シーガイア IPヘッダのTTLによる悪意のある通信の識別
山田 亮戸部和洋後藤滋樹早大IN2011-176
パケットが宛先ホストに到達するまでに通過するルータの数は高々30であると言われている.ところが現実に稼働しているネットワ... [more] IN2011-176
pp.235-240
NS, IN
(併催)
2012-03-09
15:20
宮崎 宮崎シーガイア 仮想センサを用いたダークネット空間の拡張
戸部和洋後藤滋樹早大IN2011-189
組織に配布されているが未使用のIPアドレスで構成されるネットワーク(ダークネット)では,異常な通信のみを観測できる.ダー... [more] IN2011-189
pp.311-316
IA 2011-10-12
10:50
東京 ガーデンシティ品川 APANの役割と課題
小西和憲サイバー大)・後藤滋樹早大IA2011-15
APAN (Asia-Pacific Advanced Network)は、米国政府機関NSF (National Sc... [more] IA2011-15
pp.3-5
IN 2011-01-20
11:35
大阪 大阪大学 Location Based Clusteringを用いたP2Pストリーミング
大村淳己高田和也後藤滋樹早大IN2010-124
一般家庭でもブロードバンド回線を利用するようになり,Youtube に代表される多くの動画共有サイトが誕生し,映像配信サ... [more] IN2010-124
pp.37-42
IA 2010-09-21
10:50
東京 東大武田先端知ビル APANの提供する"サービス" ~ ネットワークとそのコミュニテ ~
小西和憲サイバー大)・後藤滋樹早大IA2010-30
APAN(Asia-Pacific Advanced Network)はアジア各国を代表する研究教育ネットワークが参加す... [more] IA2010-30
pp.3-7
IA 2009-07-17
17:00
東京 IIJ神保町三井ビル [特別講演]大規模スパムボットの計測と全体像解明
森 達哉NTT)・ホリー エスキベルアキラ アディティヤUW-Madison)・下田晃弘後藤滋樹早大IA2009-31
2008年11月11日に実施されたホスティング会社McColo社の上位ISPによる遮断は,世界の至るところでスパム流量を... [more] IA2009-31
pp.53-58
IA 2009-01-28
11:25
東京 機械振興会館 end-to-endクロスレイヤ計測プロトコルおよびAPIの設計 ~ 開示ポリシにそったネットワーク内部情報可視化の実現 ~
小林克志産総研)・後藤滋樹早大)・村瀬一郎早大/三菱総研)・持永 大三菱総研IA2008-49
主としてトランスポート通信性能の向上を目指して、ネットワーク端末がインターネット
内部の状態を把握する手法として in... [more]
IA2008-49
pp.11-16
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会