お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-15
10:00
北海道 北海道大学 ドライビングシミュレータを用いた高齢運転者の運転挙動解析
井手 学志堂寺和則九大ITS2017-61 IE2017-93
高齢運転者の交通事故が社会問題となってきている.高齢運転者の交通事故防止策を検討するためには,高齢運転者の運転の特徴や事... [more] ITS2017-61 IE2017-93
pp.1-4
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-21
12:15
北海道 北海道大学 ドライビングシミュレータにおける視線解析システムの開発
井手 学志堂寺和則九大ITS2016-68 IE2016-126
ドライビングシミュレータ実験において使用する,運転者の視対象を特定する解析システムを試作した.
従来,眼球運動測定/解... [more]
ITS2016-68 IE2016-126
pp.371-374
ITS, IEE-ITS
(連催)
2016-03-10
10:40
京都 京都大学 高精度な視線計測を実現する両目の精度差を考慮した虹彩検出手法
平野公太杉原 真志堂寺和則九大ITS2015-86
近年,視線計測技術についての研究が盛んに行われている.カメラを用いた非接触型の視線計測では画像処理により虹彩中心と角膜曲... [more] ITS2015-86
pp.11-15
WIT 2015-03-13
14:10
茨城 筑波技術大学 春日キャンパス 手動車いすの移動経路情報にもとづいたバリアフリーマップ構築法
隅田康明松永勝也九大)・合志和晃九州産大)・志堂寺和則九大WIT2014-94
手動車いすでの移動においては,路面上の僅かな勾配や段差,狭い通路,独力で開くことが困難なドアなどの様々な障害が存在する.... [more] WIT2014-94
pp.51-56
WIT 2014-12-11
14:30
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 車いす使用者向け経路探索のための路面の傾斜及び段差測定システムの開発
隅田康明松永勝也九大)・合志和晃九州産大)・志堂寺和則九大WIT2014-64
車いす使用者が移動可能な経路探索を行うためには,車いすによる走行が困難な縦断傾斜路,横断傾斜路,段差の存在する地点を知る... [more] WIT2014-64
pp.63-68
ITS, IEE-ITS
(連催)
2014-03-13
10:50
京都 京都大学 Webアンケート調査によるドライバの認知状態共有に関する社会的受容性の検討 ~ 北米での質問調査 ~
立花宏教志堂寺和則九大)・内海 章ATR)・多田昌祐近畿大)・山本直樹ATR)・松尾典義鳥居武史富士重工ITS2013-73
我々は、交通事故を減らすために、運転者の認知状態を周囲の交通参加者に通知する仕組みについての提案を行っている。本研究では... [more] ITS2013-73
pp.31-35
ITS, IEE-ITS
(連催)
2014-03-13
11:10
京都 京都大学 ドライバの認知状態共有の効果 ~ シミュレータ運転場面 ~
今村興平志堂寺和則九大)・内海 章ATR)・多田昌祐近畿大)・山本直樹ATR)・松尾典義鳥居武史富士重工
 [more]
MBE 2014-01-24
16:00
佐賀 佐賀大学 味・匂い・視覚のセンサ情報を用いたトマトのおいしさ評価
田原祐助志堂寺和則林 健司都甲 潔九大MBE2013-102
人間が感じる「食のおいしさ」は総合感性情報であり,味覚のみならず,嗅覚,視覚, 触覚,聴覚の寄与により表現される.我々は... [more] MBE2013-102
pp.45-48
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター おいしそうなトマトの色彩特徴
折元 亮丸山高徳志堂寺和則九大
近年,人の食に対する関心は非常に高くなってきている.食品の評価をする際には,味やにおいだけではなく、その食品の見た目も大... [more]
ITS, IEE-ITS
(連催)
2013-03-11
14:40
京都 京都大学 ドライバの認知状態共有の効果 ~ 歩行者の道路横断判断 ~
志堂寺和則九大)・内海 章多田昌裕山本直樹ATR)・松尾典義鳥居武史富士重工ITS2012-66
我々は、交通事故を減らすために、運転者の認知状態を周囲の交通参加者に通知する仕組みについての提案を行っている。提案システ... [more] ITS2012-66
pp.61-64
ITS, IEE-ITS
(連催)
2013-03-11
15:00
京都 京都大学 画像による顔姿勢推定を利用したドライバの運転挙動評価
乗冨修蔵ATR/同志社大)・多田昌裕内海 章山本直樹ATR)・松尾典義鳥居武史富士重工)・志堂寺和則九大ITS2012-67
画像を利用した顔姿勢推定手法で得られる頭部動作と車両位置情報から交差点等における運転者の確認動作の適否を判定し運転評価を... [more] ITS2012-67
pp.65-69
HCS 2013-01-24
13:15
高知 高知市文化プラザ かるぽーと ドライバの認知状態共有に関する社会的受容性のアンケート調査
志堂寺和則九大)・内海 章多田昌祐山本直樹ATR)・松尾典義鳥居武史富士重工HCS2012-56
我々は、交通事故を減らすために、運転者の認知状態を周囲の交通参加者に通知する仕組みについての提案を行っている。本研究では... [more] HCS2012-56
pp.13-18
ITS, IEE-ITS
(連催)
2012-03-15
14:50
東京 電気学会本部 ドライバーの認知状態共有に関する社会的受容性の予備的研究 ~ 歩行者視点のシミュレーション ~
志堂寺和則九大)・内海 章多田昌祐山本直樹ATR)・松尾典義富士重工ITS2011-58
我々は、交通事故を減らすために、ドライバの認知状態を周囲の交通参加者に通知する仕組みについての提案を行っている。本研究で... [more] ITS2011-58
pp.23-26
ITS, IEE-ITS
(連催)
2012-03-15
15:15
東京 電気学会本部 車外搭載ディスプレイによる歩行者への注意喚起効果
山本直樹内海 章多田昌祐ATR)・志堂寺和則九大)・松尾典義富士重工ITS2011-59
歩行者と自動車の事故の多くは運転者・歩行者双方の不注意や危険認識の欠如などに起因する.そこで我々は,交通参加者同士が互い... [more] ITS2011-59
pp.27-32
MBE 2012-01-28
15:55
福岡 九州大学 眼画像のパタン認識を用いた瞬目の自動検出
早見武人岡山大)・福田恭介福岡県立大)・松尾太加志北九州市大)・志堂寺和則九大MBE2011-105
安価な情報端末に付属したUSBカメラを用いて記録した眼画像から,瞬目を自動的に検出するために画像処理によるテンプレートマ... [more] MBE2011-105
pp.135-139
HIP, HCS, MVE, WIT
(共催)
(第二種研究会)
2009-12-10
- 2009-12-12
北海道 札幌コンベンションセンター 対象が複数ある場合のポインティング特性
青木耕平志堂寺和則九大
Fittsの法則はユーザインタフェースの分野でも適用されている.これまでFittsの法則はターゲットが単独で呈示されるよ... [more]
HIP, HCS, MVE, WIT
(共催)
(第二種研究会)
2009-12-10
- 2009-12-12
北海道 札幌コンベンションセンター リンゴの形状特徴と主観評価の関係
小川陽平志堂寺和則九大
人が食品を評価する際には,味やにおいだけでなく,食品の見た目による影響も大きい.本研究は,リンゴの物理的な「形状特徴」の... [more]
ITS, IPSJ-ITS, IEE-ITS
(共催)
2006-09-29
10:30
北海道 はこだて未来大 簡易設置可能な運転挙動測定システムの開発
中村貴志松木裕二志堂寺和則渡邉 聡九大
現在,運転挙動の測定を行う実験の多くは,運転挙動測定装置を搭載した実験専用車両を被験者が運転することによって行われている... [more] ITS2006-26
pp.7-10
ITS, IPSJ-ITS, IEE-ITS
(共催)
2006-09-29
11:00
北海道 はこだて未来大 眼瞼映像解析による反応時間推定の試み
峯山貴行松木裕二志堂寺和則九大)・植草 理日産ディーゼル
運転者の覚醒水準低下は,反応を遅らせる主原因の一つとされ,交通事故を引き起こすとされている.そのため,これまで覚醒水準低... [more] ITS2006-27
pp.11-14
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会