お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS 2022-10-27
11:00
広島 広島市立大学サテライトキャンパス 大手町平和ビル9階
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]紫外線ファイバ伝送によるウイルス感染予防技術 ~ Fivery® ~
田口勝久岩城亜弥子桐原誉人成川 聖寒河江悠途深井千里松井 隆中島和秀NTT
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCS, NS
(併催)
2021-12-17
14:05
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]畳み込みニューラルネットワークを用いた多端末・多基地局間の通信品質予測に関する性能評価
小野央也坂上裕希成川 聖NTTNS2021-108 RCS2021-191
複数のネットワークから接続先を選択可能な近年の移動端末を,各ネットワークへ最適に収容することは,通信キャリアがユーザの体... [more] NS2021-108 RCS2021-191
pp.59-64(NS), pp.82-87(RCS)
ICM 2011-03-11
17:50
沖縄 宮古島マリンターミナル [奨励講演]L2ネットワークにおける経路マーキング方式を用いたループ形状特定方法の試作評価
成川 聖西居健太郎宇野浩司NTTICM2010-76
これまで我々は,レイヤ2(L2)ネットワークにおけるループ障害の対策技術として,経路マーキング方式を用いてループ形状を特... [more] ICM2010-76
pp.127-132
ICM, IPSJ-IOT
(連催)
2010-05-14
10:55
新潟 新潟大学駅南キャンパス ときめいと L2ネットワークにおける経路マーキング方式を用いたループ形状特定方法の提案
成川 聖大倉一浩宇野浩司NTTICM2010-5
本稿では,レイヤ2(L2)ネットワークにおけるループ障害の対策技術として,経路マーキング方式を用いてループ形状を特定する... [more] ICM2010-5
pp.69-74
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会