お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 190件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-28
13:05
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イジングモデル係数へのノイズ付与によるイジングマシン高精度化手法
吉村友和白井達彦多和田雅師戸川 望早大
 [more]
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-28
13:30
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
外部磁場の調整によるイジングマシンへの初期解擬似導入手法
川上蒼馬早大)・大野乾太郎巴 徳瑪八木哲志寺本純司NTT)・戸川 望早大
 [more]
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-28
13:55
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イジングマシンを繰り返し用いるイテレーティブアニーリング手法と組合せ最適化問題の評価
深田佳佑早大)・パリジ マチュー早大/富士通)・富田憲範富士通)・戸川 望早大
 [more]
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-28
14:20
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
基底状態の破壊を検出可能な係数分割によるイジングモデルのビット幅削減
谷地悠太多和田雅師戸川 望早大
 [more]
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-30
16:40
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
消費電力波形の形状を考慮したIoTデバイス異常動作検知手法のFPGAへの適用
久古幸汰戸川 望早大
 [more]
ITS, IEE-ITS, IPSJ-ITS
(連催)
2022-09-16
14:20
東京 ワイム貸会議室 お茶の水 RoomD
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
歩行時の加速度の周期性によるスマートグラス端末姿勢推定手法
佐藤大生戸川 望早大ITS2022-9
スマートグラスは,歩行者ナビゲーションシステムやゲーム,業務支援アプリケーションなど,多様な分野でその適用が期待されてい... [more] ITS2022-9
pp.17-22
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-24
11:50
ONLINE オンライン開催 イジング計算機のためのマルチスピンフリップ法とその応用
白井達彦戸川 望早大VLD2021-54 CPSY2021-23 RECONF2021-62
イジング計算機においてマルチスピンフリップを実装可能とするマージ手法を提案する. マージ手法は,イジング模型のハミルトニ... [more] VLD2021-54 CPSY2021-23 RECONF2021-62
pp.31-36
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-18
10:20
ONLINE オンライン開催 多様なアルゴリズムを用いた配置配線パズルの協調システム
若泉朋弥・○高崎和成谷地悠太吉村友和西澤誠人多和田雅師戸川 望早大VLD2020-35 ICD2020-55 DC2020-55 RECONF2020-54
LSIの高速化,高集積化に伴い,小面積でLSIを設計する需要が高まっている.
LSI設計に類似した問題に配置配線パズル... [more]
VLD2020-35 ICD2020-55 DC2020-55 RECONF2020-54
pp.132-137
ICD, HWS
(共催) [詳細]
2020-10-26
13:25
ONLINE オンライン開催 IoTデバイスにおけるアプリケーション電力抽出手法を用いた異常検知手法の評価
高崎和成早大)・木田良一ラック)・戸川 望早大HWS2020-32 ICD2020-21
近年 Internet of Things (IoT) デバイスが急速に普及するなかで,ハードウェアデバイスにおけるセキ... [more] HWS2020-32 ICD2020-21
pp.42-47
ICD, HWS
(共催) [詳細]
2020-10-26
16:50
ONLINE オンライン開催 トリガ回路の性質にもとづく特徴量を利用したランダムフォレストによるハードウェアトロイ識別
栗原 樹戸川 望早大HWS2020-39 ICD2020-28
近年,IoTデバイスの普及に伴い,日常の様々なものに組み込みハードウェアが利用されている.
一方,組込み機器の需要増加... [more]
HWS2020-39 ICD2020-28
pp.83-87
ICD, HWS
(共催) [詳細]
2020-10-26
17:15
ONLINE オンライン開催 ハードウェアトロイ識別における敵対的サンプル用改変の体系的分類
野澤康平早大)・長谷川健人披田野清良清本晋作KDDI総合研究所)・戸川 望早大HWS2020-40 ICD2020-29
IC製品の設計・製造の外部委託が増え,第三者に悪意のある回路(ハードウェアトロイ)を製品に挿入される危険性が高まっている... [more] HWS2020-40 ICD2020-29
pp.88-93
MSS, NLP
(併催)
2020-03-10
14:55
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘
(開催中止,技報発行あり)
メタヒューリスティクスの制約なし二次形式二値変数最適化問題への適用
多和田雅師戸川 望早大MSS2019-65
多くの組合せ最適化問題は制約なし二次形式二値変数最適化問題に変換可能であることが確認されている. 変換された制約なし二次... [more] MSS2019-65
pp.43-48
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-05
16:50
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
乱数化関数を用いた乱数生成回路を共有するストカスティック数生成器
多和田雅師戸川 望早大VLD2019-122 HWS2019-95
ストカスティック演算は回路と消費電力が小さい利点が注目されている.
一方で2進数からストカスティック数への変換のストカ... [more]
VLD2019-122 HWS2019-95
pp.163-166
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-06
09:30
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
イジングマシンを用いたアミューズメントパークの経路最適化手法
武笠陽介若泉朋弥田中 宗戸川 望早大VLD2019-123 HWS2019-96
イジングマシンは組合せ最適化問題の準最適解を効率的に求められる計算技術として近年注目されている.アミューズメントパークの... [more] VLD2019-123 HWS2019-96
pp.167-172
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-06
09:55
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
イジング計算機による3次元直方体パッキング問題の解法
金丸 翔寺田晃太朗川村一志田中 宗早大)・富田憲範富士通研)・戸川 望早大VLD2019-124 HWS2019-97
 [more] VLD2019-124 HWS2019-97
pp.173-178
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-06
15:20
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
トリガ回路の性質にもとづく特徴量を利用したニューラルネットワークによるハードウェアトロイ識別
井上智貴長谷川健人戸川 望早大VLD2019-133 HWS2019-106
近年,急速にIoT (Internet of Things) 化が進み,身の回りの様々なものに組込みハードウェアが利用さ... [more] VLD2019-133 HWS2019-106
pp.227-232
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-14
10:05
愛媛 愛媛県男女共同参画センター ストカスティック計算におけるステップ関数の実装と評価
石川遼太多和田雅師柳澤政生戸川 望早大VLD2019-37 DC2019-61
 [more] VLD2019-37 DC2019-61
pp.69-74
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-14
14:40
愛媛 愛媛県男女共同参画センター イジングモデルによる類似誘導部分グラフ同型問題の解法
吉村夏一多和田雅師田中 宗早大)・新井淳也巴 徳瑪八木哲志内山寛之NTT)・戸川 望早大VLD2019-41 DC2019-65
イジングマシンを用いて組合せ最適化問題の準最適解を高速に得るためには,組合せ最適化問題からイジングモデルへのマッピングを... [more] VLD2019-41 DC2019-65
pp.103-108
HWS, ICD
(共催) [詳細]
2019-11-01
16:25
大阪 DNPなんばSSビル ニューラルネットワークを用いたハードウェアトロイ識別に対する敵対的サンプル攻撃の実証評価
野澤康平長谷川健人早大)・披田野清良清本晋作KDDI総合研究所)・橋本和夫戸川 望早大HWS2019-64 ICD2019-25
近年,IC設計・製造の外部委託が増加傾向にあり,第三者に製造工程の途中でハードウェアトロイと呼ばれる悪意ある機能を持つ回... [more] HWS2019-64 ICD2019-25
pp.41-46
HWS, ICD
(共催) [詳細]
2019-11-01
17:15
大阪 DNPなんばSSビル 非正規挿入デバイス検知のための電気容量監視装置とその実験的評価
西澤誠人長谷川健人戸川 望早大HWS2019-66 ICD2019-27
近年,電子機器は日常生活に深く浸透し,人々が生活するうえで欠かせないものとなった.しかし,攻撃者は非正規デバイスの挿入に... [more] HWS2019-66 ICD2019-27
pp.53-58
 190件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会