お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
13:00
ONLINE オンライン開催 散乱線測定を導入したDual-Energy X線CTの再構成精度
近藤尚弥戸田尚宏愛知県立大MBE2020-38
X 線CT の再構成問題において散乱線は断層像画像上におけるアーティファクトやカッピングの発生といった悪影響を及ぼす原因... [more] MBE2020-38
pp.1-6
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
13:25
ONLINE オンライン開催 コンプトン散乱を用いたCTに対する逐次再構成法
小林奈央戸田尚宏愛知県立大MBE2020-39
現在のX 線CT では, 直接線のみの利用を前提としたアルゴリズムにより再構成が行われている.そのため, 散乱線は再構成... [more] MBE2020-39
pp.7-10
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
13:50
ONLINE オンライン開催 動的ビームストッパによるX線撮影における散乱線除去
赤塚寛斗戸田尚宏愛知県立大MBE2020-40
X 線を用いた医療画像診断において, 散乱線は診断情報を汚すものであるため, 除去する方法が種々検討されてきた. そのた... [more] MBE2020-40
pp.11-14
NC, MBE
(併催)
2020-03-05
16:35
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
交流雑音の周波数変動に耐性のある臨床用適応ノイズキャンセラ
福田有哉戸田尚宏愛知県立大MBE2019-91
臨床診断では,微小な生体電気信号の測定において交流雑音が障害となるため,適応フィルタを用いた適応ノイズキャンセラによって... [more] MBE2019-91
pp.57-62
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
15:25
東京 電気通信大学 急峻な特性変動を含む交流雑音の適応フィルタによる除去
亀井健吾戸田尚宏愛知県立大)・萩原克幸三重大MBE2018-100
網膜電位などの微小な生体電気信号を測定する際には,商用交流電源由来の交流雑音が大きな障害となる.これに対して適応フィルタ... [more] MBE2018-100
pp.71-76
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
15:50
東京 電気通信大学 X線CTにおけるサイノグラム上での局所的平滑化による再構成
杉浦早紀戸田尚宏愛知県立大MBE2018-101
X 線CT は医療診断において不可欠なものとなったが,その被曝低減が課題となっている.X 線CT において照射線量を少な... [more] MBE2018-101
pp.77-82
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
16:15
東京 電気通信大学 コンプトン散乱X線を用いる断層像再構成法
松原哲志戸田尚宏愛知県立大MBE2018-102
現在のX 線CT においては,直接線光子のみを利用することを前提としたアルゴリズムによる再構成を行っている.そのため,散... [more] MBE2018-102
pp.83-88
MBE, NC
(併催)
2018-03-13
11:15
東京 機械振興会館 適応ノイズキャンセラにおける窓関数の最適化
松原由友介戸田尚宏愛知県立大MBE2017-82
信号の観測の障害となる雑音を除去する方法として,適応フィルタを用いた適応ノイズキャンセラが知られている.適応ノイズキャン... [more] MBE2017-82
pp.17-20
MBE, NC
(併催)
2018-03-13
13:10
東京 機械振興会館 コリメートされた散乱線を利用するX線CT
広羽健太戸田尚宏愛知県立大MBE2017-83
 [more] MBE2017-83
pp.21-23
MBE, NC
(併催)
2018-03-13
13:35
東京 機械振興会館 散乱線を考慮したX線CTの再構成精度
長江大地戸田尚宏愛知県立大MBE2017-84
X 線 CT の再構成において,散乱線は再構成像上にアーティファクトを発生させる要因とされている.そのため,散乱線成分を... [more] MBE2017-84
pp.25-28
MBE, NC
(併催)
2017-03-14
13:35
東京 機械振興会館 散乱線の測定による減弱係数の推定精度向上 ~ 光電吸収の導入 ~
中神徹也戸田尚宏愛知県立大)・山崎陽一関西学院大)・吉岡博貴愛知県立大)・小山修司名大MBE2016-97
近年 X 線 CT(X-ray Computed Tomography) はコーンビーム化へと進んでおり,コーン角の増加... [more] MBE2016-97
pp.75-78
MBE, NC
(併催)
2016-03-23
16:05
東京 玉川大学 X線CTにおける散乱線利用の理論的考察
中神徹也戸田尚宏山崎陽一吉岡博貴愛知県立大)・小山修司名大MBE2015-128
X 線 CT は今日医療診断に不可欠となっているが,被曝の低減化が望まれている.現行の CT においては散乱線は有害とさ... [more] MBE2015-128
pp.143-148
MBE, NC
(併催)
2016-03-23
16:30
東京 玉川大学 周波数変動する交流雑音の適応フィルタリング
松原由友介戸田尚宏愛知県立大MBE2015-129
周波数変動する交流雑音を,FIR型適応フィルタを用いて除去する際には,交流雑音を完全に除去するための理想的なフィルタ係数... [more] MBE2015-129
pp.149-154
NC, MBE
(共催)
2015-03-16
15:50
東京 玉川大学 適応ノイズキャンセラにおける係数平滑化
金森隼斗戸田尚宏愛知県立大MBE2014-126 NC2014-77
適応フィルタによる適応ノイズキャンセラを用いる際,最小二乗法に基礎を置く適応アルゴリズムによって,パルス状信号に加わった... [more] MBE2014-126 NC2014-77
pp.57-62
NC, MBE
(共催)
2015-03-16
16:15
東京 玉川大学 X線CTにおける散乱線利用の原理的検討
中神徹也山崎陽一戸田尚宏吉岡博貴愛知県立大)・小山修司名大MBE2014-127 NC2014-78
X 線 CT は今日医療診断に不可欠となっているが,被曝の低減化が望まれている.現行の CT においては散乱線は有害とさ... [more] MBE2014-127 NC2014-78
pp.63-68
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
13:10
東京 玉川大学 振幅変動状況下における非因果的平滑化を導入した適応ノイズキャンセラによる交流雑音除去
長谷川雅之戸田尚宏愛知県立大MBE2013-139
適応フィルタを用いて,生体電気信号中に混入する交流雑音を除去する場合に生ずる自己除去成分への対処法として,因果的フィルタ... [more] MBE2013-139
pp.133-138
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
13:30
東京 玉川大学 周波数変動状況下における適応交流ノイズキャンセラのスペクトルに現れる特徴
草間康平戸田尚宏愛知県立大MBE2013-140
適応フィルタを用いたノイズキャンセラによって生体電気信号に混入する周波数ゆらぎのある交流雑音を除去する際,除去結果のスペ... [more] MBE2013-140
pp.139-144
NC, MBE
(併催)
2013-12-21
10:15
岐阜 岐阜大学サテライトキャンパス 散乱線を利用するX線CTの原理的考察
竹本和馬山崎陽一戸田尚宏愛知県立大MBE2013-78
 [more] MBE2013-78
pp.15-18
NC, MBE
(併催)
2013-12-21
17:10
岐阜 岐阜大学サテライトキャンパス 眠気誘発時の高次スペクトル解析
佐久間雅斗戸田尚宏愛知県立大MBE2013-91
脳波の解析においては,パワースペクトル解析が広く用いられてきたが,
近年,パワースペクトルからは知ることのできない新た... [more]
MBE2013-91
pp.87-92
MBE, NC
(併催)
2013-03-13
15:10
東京 玉川大学 非正規性の観点に基づいた脳波モデル
山井智博戸田尚宏愛知県立大MBE2012-95
 [more] MBE2012-95
pp.39-42
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会