お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 39件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2016-03-04
14:45
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 単一カラーペトリネットモデルによるGoogle App Engineデータ整合性および性能の同時評価
西田紗知・○新川芳行龍谷大IN2015-151
Google App Engine (GAE)などに代表されるPaaS型クラウドサービスは,アプリケーションの柔軟性とシ... [more] IN2015-151
pp.253-258
SWIM 2015-12-05
14:50
東京 東京工芸大学 中野キャンパス UPPAALによるGAEの性能評価
西田紗知新川芳行龍谷大SWIM2015-15
近年,Google App Engine (GAE) などの PAAS 型クラウドが,企業情報システム実行基盤の選択肢と... [more] SWIM2015-15
pp.19-24
SC 2015-03-27
15:05
福島 会津大学UBIC VDM++によるBASEトランザクションのデータ整合性評価
西田紗知新川芳行龍谷大SC2014-18
クラウドコンピューティング環境,特にパブリッククラウドでのトランザクション処理におけるデータ整合性維持は,並行処理におけ... [more] SC2014-18
pp.25-30
SWIM 2014-08-21
14:35
京都 龍谷大学 時間オートマトンによるUMLタイミング図の検証
梶村賢吾新川芳行龍谷大SWIM2014-11
従来、UMLは業務系システムのモデリングに適したモデル記述言語として、情報システムの分析・設計・製作・評価の各工程で幅広... [more] SWIM2014-11
pp.17-21
SWIM 2014-08-21
15:00
京都 龍谷大学 VDM++とCPNによるUMLクラス図-アクティビティ図間の整合性検証
小原正義新川芳行龍谷大SWIM2014-12
統一モデリング言語であるUML(Unified Modeling Language)は大規模ソフトウェア開発の標準手法と... [more] SWIM2014-12
pp.23-28
SWIM 2014-08-21
15:40
京都 龍谷大学 BASEトランザクション評価ワークベンチ
西田紗知新川芳行龍谷大SWIM2014-13
クラウドコンピューティングで,トランザクション処理を行うことは困難だと考えられてきた.その主な理由は,クラウド環境で採用... [more] SWIM2014-13
pp.29-34
SWIM 2014-08-21
16:05
京都 龍谷大学 待ち行列と実測データに基づくGAE性能予測モデル
西田紗知新川芳行龍谷大SWIM2014-14
Google App Engine (GAE) は低コスト・高品質なデータベーストランザクション処理システムを効率的に開... [more] SWIM2014-14
pp.35-39
SWIM 2013-08-21
14:00
宮城 宮城大学 仙台駅前AER (アエル) サテライトキャンパス クラウド環境におけるトランザクション処理の性能評価
國枝秀行新川芳行龍谷大SWIM2013-6
近年,普及が進んでいるクラウドコンピューティングは高度な分散化,多重化,仮想化により,性能予測が従来のネットワークシステ... [more] SWIM2013-6
pp.1-7
SWIM 2013-08-21
14:30
宮城 宮城大学 仙台駅前AER (アエル) サテライトキャンパス CPNによるUMLクラス図とステートマシン図間の整合性検証
小原正義新川芳行龍谷大SWIM2013-7
統一モデリング言語であるUML(Unified Modeling Language)は大規模ソフトウェア開発の標準手法と... [more] SWIM2013-7
pp.9-13
SWIM 2013-08-21
15:00
宮城 宮城大学 仙台駅前AER (アエル) サテライトキャンパス BASEトランザクションにおけるデータ整合性
西田紗知新川芳行龍谷大SWIM2013-8
クラウドコンピューティング環境におけるトランザクション処理では,可用性と拡張性を重視されるため,従来よりデータ整合性の基... [more] SWIM2013-8
pp.15-20
SWIM 2012-11-30
10:35
東京 東海大学(高輪) CPNによるクラウドトランザクションの等価性評価
田中一樹新川芳行龍谷大SWIM2012-15
クラウドコンピューティング環境でのトランザクション処理では,基盤となるシステムが従来と大きく異なるため,データ整合性に関... [more] SWIM2012-15
pp.1-6
SWIM 2012-11-30
11:00
東京 東海大学(高輪) Event-Bによるモデル駆動モバイルアプリケーション開発
越賀 準新川芳行龍谷大SWIM2012-16
近年,ソフトウェアの複雑化にともない,従来の手法ではソフトウェアの信頼性や開発生産性の向上に限界が見えてきたため,上流工... [more] SWIM2012-16
pp.7-12
SWIM 2012-05-26
13:05
東京 機械振興会館 インタプライズ改革の基底 ~ ひとつのビュー ~
松本正雄ソリューション総研)・片岡信弘東海大)・新川芳行龍谷大SWIM2012-1
直近の20年間はインタプライズにとって険しかった。浮上への転換点を得る業の基底を探索する. [more] SWIM2012-1
pp.1-8
SWIM 2011-11-18
16:25
東京 東海大学 高輪キャンパス UMLステートマシン-アクティビティ図間の整合性分析
野村将人新川芳行龍谷大SWIM2011-29
UMLアクティビティ図は複数のオブジェクト間の相互作用を含むプロセスの進行を体系的に記述する。一方、UMLステートマシン... [more] SWIM2011-29
pp.65-70
SWIM 2011-06-17
16:25
東京 機械振興会館 Event-BモデルのHaskellによる実装
越賀 準新川芳行龍谷大SWIM2011-7
近年,ソフトウェアの複雑化にともない,従来の手法ではソフトウェアの信頼性や開発生産性の向上に限界が見えてきたため,上流工... [more] SWIM2011-7
pp.31-36
SWIM 2011-06-17
16:50
東京 機械振興会館 CPNによるGoogle App Engineのモデル化と検証
國枝秀行新川芳行龍谷大SWIM2011-8
クラウドコンピューティングは分散システムの規模を拡大させ、従来のリレーショナルデータベース(RDB)では扱えないほどの大... [more] SWIM2011-8
pp.37-42
SWIM 2011-06-17
17:15
東京 機械振興会館 CPNによるデータベース整合性検証
田中一樹新川芳行龍谷大SWIM2011-9
クラウドコンピューティング環境でのトランザクション処理には,これまでのACIDトランザクションにはない様々な制約が存在し... [more] SWIM2011-9
pp.43-48
SWIM 2011-02-25
15:05
東京 機械振興会館 CPNによるUMLモデル間整合性検証
野村将人安田佳宏新川芳行龍谷大SWIM2010-31
UMLによりシステムの動的側面をモデル化する場合、一般にステートマシン図、シーケンス図、アクティビティ図などを組み合わせ... [more] SWIM2010-31
pp.33-38
SWIM 2011-02-25
15:30
東京 機械振興会館 CPNによるトランザクションモデルの表現と検証
田中一樹・○山内一馬新川芳行龍谷大SWIM2010-32
従来のACIDトランザクションをクラウドに移行する際,データベース構造や整合性に関する制約の違いから起こるさまざまな問題... [more] SWIM2010-32
pp.39-44
SWIM 2010-11-19
15:25
東京 東海大学(高輪) 時間制約を含むUMLシーケンス図の検証手法
安田佳宏新川芳行龍谷大SWIM2010-23
ソフトウェアの仕様検証は,構造や機能に焦点を当てた静的検証,振る舞いに焦点を当てた動的検証,そして時間制約の検証が独立に... [more] SWIM2010-23
pp.39-44
 39件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会