お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2014-05-08
15:35
三重 いせ市民活動センター テキスト行の類似度に基づいた設計文書向け差分検出手法
早瀬康裕加藤狩夢伊藤弘貴筑波大)・坂田祐司谷野英昭NTTデータSS2014-3
 [more] SS2014-3
pp.13-18
SS 2012-03-13
09:00
沖縄 てんぶす那覇 ソースコード中に出現する動詞-目的語関係を利用したメソッド名の命名支援手法
鬼塚勇弥阪大)・早瀬康裕筑波大)・石尾 隆井上克郎阪大SS2011-57
プログラム理解は,ソフトウェア保守にかかるコストのうち大きな割合を占めるが,理解の過程で識別子が果たす役割は大きい.本研... [more] SS2011-57
pp.1-6
SS 2011-10-27
15:05
石川 北陸先端科学技術大学院大学 ソフトウェア部品検索に適したファセット探索の一考察
駒水孝裕早瀬康裕北川博之筑波大SS2011-30
ソフトウェア再利用はソフトウェアの品質向上と開発工程数の低減に役立つと考えられており,再利用するソフトウェア部品を見つけ... [more] SS2011-30
pp.19-24
SS 2010-10-14
16:15
岩手 岩手県立大学 ソフトウェアライセンスがコピーアンドペーストによる再利用に与える影響の調査
鹿島 悠阪大)・早瀬康裕東洋大)・吉田則裕奈良先端大)・真鍋雄貴井上克郎阪大SS2010-32
オープンソースソフトウェア(OSS)のソースコードは,ライセンスに示された条件を満たすことで再利用することが出来る.
... [more]
SS2010-32
pp.25-30
SS 2010-08-06
11:00
北海道 旭川市民文化会館 コメント文によるプログラム中に出現する名詞の説明文生成
藤木哲也阪大)・早瀬康裕東洋大)・井上克郎阪大SS2010-27
ソフトウェア開発者はプログラム理解の際に,ソフトウェア中の識別子から関数や変数の役割や振舞いを類推する.識別子名中の単語... [more] SS2010-27
pp.65-69
SS 2010-03-08
10:00
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 開発プロセスの観察とグループ間比較による実践的ソフトウェア開発演習の支援環境
柿元 健阪大)・井垣 宏神戸大)・川口真司奈良先端大)・福安直樹和歌山大)・佐伯幸郎高知工科大)・早瀬康裕阪大)・崎山直洋NTTデータSS2009-50
本稿では,ソフトウェア技術者育成のためのPBL形式のソフトウェア開発において,プロジェクトのプロダクトとプロセスをリアル... [more] SS2009-50
pp.13-18
SS 2010-03-08
13:10
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 状況に応じた設計情報の再利用を支援するUML図の自動推薦ツール
松下 誠早瀬康裕松下 誠井上克郎阪大SS2009-54
ソフトウェア開発において,適切な再利用を行うことによりソフトウェアの生産性や信頼性が向上するとされている.
そして,再... [more]
SS2009-54
pp.37-42
SS 2008-03-03
14:35
長崎 長崎大学 Token Comparison Approach to Detect Code Clone-related Bugs
Yii Yong LeeYasuhiro HayaseMakoto MatsushitaKatsuro InoueOsaka Univ.SS2007-64
 [more] SS2007-64
pp.43-48
SS 2007-12-17
15:15
島根 島根大学 識別子の共起関係に基づく類似コード検索法の提案と欠陥検出への適用
服部剛之吉田則裕早瀬康裕肥後芳樹松下 誠楠本真二井上克郎阪大SS2007-47
ソフトウェアの保守を行う際に,複数箇所に同様の修正を加える必要が生じるこ
とがある.
例えば,ソースコード中にある欠... [more]
SS2007-47
pp.55-60
SS 2007-02-02
09:45
愛知 愛知県立大学 ソフトウェア変更間の関連抽出のための差分集合構築手法
今枝誉明市井 誠早瀬康裕松下 誠井上克郎阪大
現在広く用いられている版管理システムのリポジトリ閲覧システムでは個々の変更を表示するのみであるため,開発者が過去に行われ... [more] SS2006-80
pp.7-12
SS 2005-12-20
13:00
高知 高知女子大 保守の影響波及範囲に基づいたレガシーシステムの障害予測
小林健一吉野利明富士通研)・井上克郎早瀬康裕阪大)・松尾昭彦上村 学富士通研
ソフトウェア保守において、モジュールやサブシステムのリスクを予測するメトリクス「インパクトスケール」を保守の影響範囲の広... [more] SS2005-68
pp.31-36
SS 2005-12-20
15:45
高知 高知女子大 保守請負時を対象とした労力見積りのためのメトリクスの提案
早瀬康裕松下 誠楠本真二井上克郎阪大)・小林健一吉野利明富士通研
コストなどの問題によって保守が困難になったソフトウェアプロダクトの保守作業を,元の業者に代わって請け負うサービスが一般化... [more] SS2005-73
pp.61-66
SS 2005-04-22
11:10
和歌山 和歌山県立情報交流センター 閲覧状態復元機能付き Web ブラウザの試作
今枝誉明早瀬康裕松下 誠井上克郎阪大
ソフトウェア開発を行う際には,開発状況やプロダクトを閲覧する為のシステムが広く使われている.こういったシステムではユーザ... [more] SS2005-9
pp.13-18
SS 2004-08-02
13:30
北海道 はこだて未来大学 インタフェースの provide-require 関係の解析に基づいた自動的な構成管理手法の提案
早瀬康裕阪大)・神谷年洋JST)・松下 誠井上克郎阪大
ソフトウェアシステムは,複数のサブシステムから構成するのが一般的である.
しかし,それぞれのサブシステムが独立に進化す... [more]
SS2004-7
pp.7-12
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会