お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 96件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ 2023-01-27
11:50
岡山 WASHU BLUE RESORT 風籠かさご 幾何光学近似手法による吸収電力密度推定の検討
阿久津裕大東京農工大)・櫛山祐次郎NICT)・有馬卓司宇野 亨東京農工大)・長岡智明NICT
 [more]
AP, WPT
(併催)
2023-01-20
14:55
広島 広島工業大学広島校舎
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MHz帯WPTシステム用メタマテリアルの小形化
柴田優太朗有馬卓司東京農工大
 [more]
AP, WPT
(併催)
2023-01-20
15:20
広島 広島工業大学広島校舎
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
多層基板メタマテリアルを用いた80GHz帯における電磁波吸収体の開発
大藪直威有馬卓司宇野 亨東京農工大
 [more]
EMT, IEE-EMT
(連催)
2022-11-18
13:50
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]FDTD法を用いたアンテナ解析 ~ 基礎から最新技術まで ~
有馬卓司東京農工大EMT2022-60
電磁界解析は光の領域からごく低周波の領域まで広い範囲で用いられている.この電磁界解析手法としては手法のFDTD法,モーメ... [more] EMT2022-60
pp.89-92
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-28
14:30
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
FDTD法を用いたV2V通信の解析
有山直樹有馬卓司東京農工大)・山口 良豊見本和馬ソフトバンクAP2022-51
より精度の高い自動運転や高度交通管理システムの実現に向けて車車間通信の必要性が増している.これらはV2V(Vehicle... [more] AP2022-51
pp.97-100
AP 2022-05-20
13:25
兵庫 神戸ポートオアシス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
時間・空間適応を用いたMR/FDTD法の解析時間改善手法
朝日 慧・○有馬卓司宇野 亨東京農工大AP2022-27
近年,通信技術が発展し,自動運転や次世代通信技術の更なる発達が予見されている.この発達に貢献するため,都市のような大規模... [more] AP2022-27
pp.90-94
MICT, EMCJ
(併催)
2022-03-04
17:15
ONLINE オンライン開催 電気自動車用WPT装置のばく露評価に向けた光電界プローブによる誘導電界測定法の検討
於保英志東京農工大)・清水悠斗長岡智明NICT)・有馬卓司宇野 亨東京農工大EMCJ2021-78
電気自動車に利用される動作周波数が85 kHz帯の無線電力伝送装置では,近傍で比較的強い漏洩電磁界が生じるため,人体に対... [more] EMCJ2021-78
pp.27-32
PEM
(ワークショップ)
2021-11-29
- 2021-11-30
北海道 北海道大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Uncertainty Evaluation of Optical Electric-Field Probe Calibration for Human Exposure Assessment at 85 kHz
Yuto ShimizuNICT)・Eishi OhoNICT/TUAT)・Jerdvisanop ChakarothaiTomoaki NagaokaNICT)・Takuji ArimaToru UnoTUAT
 [more]
AP 2021-05-21
13:50
ONLINE オンライン開催 2次元 Autoregressive Moving Average モデルを用いたFDTD法遠方界計算の高速化
中尾晃大・○有馬卓司宇野 亨東京農工大AP2021-17
 [more] AP2021-17
pp.44-47
SANE, SAT
(併催)
2021-02-18
15:55
ONLINE オンライン開催 合成開口レーダによる複数埋設物の識別
植松明久西堀俊幸JAXA)・有馬卓司東京農工大SANE2020-64
高分解能2次元走査型合成開口レーダによる室内実験において空間的に稠密な走査を行うことで,異なる位置及び深度における複数個... [more] SANE2020-64
pp.36-39
EMCJ, IEE-EMC, IEE-SPC
(連催)
2020-12-11
09:30
ONLINE オンライン開催 ループアンテナを用いた30MHz以下のEMI測定 ~ ループアンテナの給電点位置による影響 ~
近山 潤東京農工大)・チャカロタイ ジェドヴィスノプ藤井勝巳和氣加奈子NICT)・有馬卓司宇野 亨東京農工大EMCJ2020-56
近年,無線電力伝送装置をはじめとした30 MHz以下の電波利用機器の開発が行われている.しかしながら,30 MHz以下に... [more] EMCJ2020-56
pp.7-12
MW, EST, EMCJ
(共催)
PEM, IEE-EMC
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2020-10-22
15:50
ONLINE オンライン開催 85kHz帯におけるシース付きダイポールアンテナによる液剤中光電界プローブ校正法の検討
於保英志東京農工大/NICT)・清水悠斗チャカロタイ ジェドヴィスノプ和氣加奈子NICT)・有馬卓司宇野 亨東京農工大
 [more]
MW, AP
(併催)
2020-09-24
12:50
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]FDTD法を用いた多層誘電体平板上のアンテナ解析
渡辺湧斗有馬卓司東京農工大)・山ヶ城尚志FATEC)・宇野 亨東京農工大AP2020-42
電磁界解析法の一つであるFDTD法は複雑な構造でも比較的容易に解析ができるため広く使用されて いる.しかし,波長に比べて... [more] AP2020-42
pp.53-56
AP 2019-12-12
15:30
東京 機械振興会館 MR-FDTDを用いた海面ドップラースペクトルの解析
小林寛希宇野 亨東京農工大)・藤井智史琉球大)・有馬卓司東京農工大AP2019-147
海洋レーダを用いた海況観測技術は,津波の早期検知,漂流物の追尾,潮目の検出,流氷監視など多くの応用が考えられている.海洋... [more] AP2019-147
pp.31-35
AP 2019-06-20
13:00
東京 機械振興会館 FDTD法による無限周期構造上の水平ダイポールアンテナの解析
倉原彰秀宇野 亨有馬卓司東京農工大AP2019-16
筆者らはこれまで無限周期のメタ表面近傍に置かれた単一のアンテナの特性を解析する手法として,表面インピーダンス法をFDTD... [more] AP2019-16
pp.7-11
WPT, AP
(併催)
2019-01-18
15:30
愛知 トヨタ博物館 表面インピーダンス法を組み込んだFDTD法による周期構造上の水平ダイポールアンテナの解析
倉原彰秀宇野 亨有馬卓司東京農工大AP2018-165
メタマテリアル,あるいはメタ表面とは導体や誘電体の周期構造を利用した人工媒質で,これまでに知られていない様々な性質を持つ... [more] AP2018-165
pp.81-86
WPT, AP
(併催)
2019-01-18
16:50
愛知 トヨタ博物館 オングラスダイポールアンテナ特性に対する車体の影響
小川鉄矢宇野 亨有馬卓司櫛山祐次郎東京農工大)・加賀谷 修AGCAP2018-169
近年,自動車に搭載されるアンテナは意匠の観点から,フロントガラスやリアガラスに直接プリントされるオングラスアンテナを用い... [more] AP2018-169
pp.103-107
EE, WPT, IEE-SPC
(連催) ※学会内は併催
2018-07-03
10:45
北海道 北海道大学 フロンティア応用科学研究棟 EV用kHz帯無線電力伝送システムに対する測定電界を用いた接触電流の評価
新井圭祐東京農工大)・チャカロタイ ジェドヴィスノプ和氣加奈子藤井勝巳渡辺聡一NICT)・有馬卓司宇野 亨東京農工大WPT2018-22
電気自動車への給電を目的とした無線電力伝送システムは,その近傍に比較的強い電磁界を発生させる可能性があるため,人体に対す... [more] WPT2018-22
pp.67-71
AP 2018-06-21
14:30
東京 機械振興会館 (口頭発表)2次元平面波展開を用いた単一面近傍界遠方界変換手法
大見峻太郎宇野 亨有馬卓司東京農工大
 [more]
RCC, MICT
(共催)
2018-05-24
13:00
東京 東京ビッグサイト [ポスター講演]中間周波数帯における測定電界を用いた接触電流評価 ~ 中波送信所近傍での実験的評価 ~
チャカロタイ ジェドヴィスノプNICT)・新井圭祐東京農工大)・和氣加奈子藤井勝巳渡辺聡一NICT)・有馬卓司宇野 亨東京農工大RCC2018-11 MICT2018-11
近年,中間周波数帯(300 Hz-10 MHz)を利用する電波利用機器の開発が盛んに行われている.特に無線電力伝送(Wi... [more] RCC2018-11 MICT2018-11
pp.51-55
 96件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会