お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 参加者の多視点と多様性を引き出す人間中心の考え方に基づくサービス企画ワークショップのデザイン
草野孔希木村篤信井原雅行NTT
変化のはげしい不確実な時代において,ユーザニーズを捉えてサービスを企画するには,ユーザ視点を中心に,技術,ビジネスなどを... [more]
LOIS, IPSJ-GN, IPSJ-SPT
(連催)
2012-05-18
10:00
千葉 千葉工業大学 複数アルゴリズムの評価検討を踏まえた映像コンテンツ推薦システムの設計と実装
片岡 明木村篤信大橋盛徳中山 彰石田達郎中辻 真甲谷 優吉田大我深津真二瀬下仁志谷口行信阿久津明人鈴木英夫NTTLOIS2012-4
映像配信サービスにおける映像コンテンツの推薦を対象とし,複数の推薦アルゴリズムの推薦結果がユーザに与える印象を主観評価に... [more] LOIS2012-4
pp.73-77
LOIS, IPSJ-GN, IPSJ-SPT
(連催)
2012-05-18
10:30
千葉 千葉工業大学 映像コンテンツ推薦システムのフィールド実験による主観評価
木村篤信大橋盛徳片岡 明中山 彰中辻 真甲谷 優吉田大我深津真二谷口行信阿久津明人鈴木英夫NTTLOIS2012-5
従来,レコメンド技術は,アルゴリズムの精度やWeb上でのクリック率,購買率などで評価されてきた.しかし,精度やクリック率... [more] LOIS2012-5
pp.79-83
PRMU, MVE
(共催)
2008-11-27
10:00
大阪 阪大 自省的思考を促進するアイデア外化支援システム
木村篤信鈴木由里子中茂睦裕玉木秀和小林 稔NTTPRMU2008-113 MVE2008-62
 [more] PRMU2008-113 MVE2008-62
pp.15-20
LOIS, IPSJ-DC
(共催)
2008-07-25
14:20
北海道 北海道大学学術交流会館 アンケート調査によるテレワーク環境の課題についての一考察
片桐有理佳木村篤信中谷桃子宮本 勝加藤洋一NTTOIS2008-26
多くの企業では多様な人材が多様な働き方を選択しながら自身の持つ能力を最大に発揮することで競争力を維持・強化する施策を進め... [more] OIS2008-26
pp.61-64
MVE 2008-01-24
14:00
兵庫 神戸臨床研究情報センター(TRI) QLeavesを用いたパブリックスペースにおける情報発信モデルの検討
木村篤信NTT)・メーガン ドイチャーコロンビア大)・井原雅行NTTコムウェア)・小林 稔NTTMVE2007-69
パブリックスペースでのコミュニケーションを促進するため,タンジブル情報コンテナQLeavesを提案している.携帯を利用し... [more] MVE2007-69
pp.7-12
CQ, MVE
(併催)
2007-01-25
10:20
福岡 アジア太平洋インポートマート 話し始めを支援する視覚フィードバック提示手法の比較
木村篤信井原雅行小林 稔NTT)・眞鍋佳嗣千原國宏奈良先端大
テレビ電話のような遠隔コミュニケーションの環境では,自分の発話が相手にどの程度の音量で聞かれているのかを推測することが難... [more] MVE2006-71
pp.1-6
MVE, CQ, MoNA
(併催)
2006-01-27
08:20
大分 別府温泉(リゾーピア別府:一泊二食付でナイトセッションを予定) 音情報可視化によるコミュニケーション支援の一検討
木村篤信井原雅行小林 稔NTT
人は自分に届く音を聞くことはできるが,相手に届く音を知覚することはできない.日常のコミュニケーションを行う際には自分で聞... [more] MVE2005-62
pp.33-38
LOIS 2005-03-11
09:30
東京 機械振興会館 遠隔コミュニケーションにおける発話音量制御手法
木村篤信島田義弘小林 稔NTT
スピーカを用いた遠隔コミュニケーションシステムでは,電話のように相手の耳にささやくように話す形のメディアではないために,... [more] OIS2004-95
pp.1-6
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会