お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 数値推定における回答バイアス ~ 尺度の違いの影響に関する分析 ~
本田秀仁追手門学院大)・香川璃奈筑波大
本研究では、実世界における対象の数値推定を尺度で回答する際、尺度の違いが回答に与える影響について分析を行った。具体的には... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) ゲーム内のエージェントに対する名前の付け方と呼名がインタラクション内容に与える影響
野島慎哉本田秀仁植田一博東大
情報通信技術の進展とともに,高度に知的な人工物をインタラクションの相手とする試みが広くなされている.本研究では,そのよう... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) ゾロ目にどのような意味を見出すか? ~ 判断・意思決定に与える影響 ~
本田秀仁松永聡太植田一博東大
本研究では,「222」,「777」のような連続した数値の配列を持つゾロ目が私たちの認知に与える影響について検討を行なった... [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2017-05-17
15:40
沖縄 沖縄産業支援センター 相談の成否を決める隠れ状態の推定 ~ 2者間インタラクションの時系列分析 ~
本田秀仁久松稜介東大)・大本義正京大)・久保孝富池田和司奈良先端大)・植田一博東大HCS2017-45 HIP2017-45
本研究では,旅行相談場面における,顧客と販売員の2者間インタラクションのプロセスを,両者が相談中に表出する言語・非言語行... [more] HCS2017-45 HIP2017-45
pp.293-296
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと ひとりで集合知をつくろう! ~ 個人の知性を引き出す認知的手法の提案 ~
藤崎 樹本田秀仁植田一博東大
本研究では,複数人の推定値を平均化すると正解に近づく,という“Wisdom of Crowds”と呼ばれる現象を,個人内... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 美味しいと機能を感じない ~ 機能性飲料に対する信念と味評価 ~
本田秀仁堀江 麗植田一博東大
機能性飲料に対する信念と味評価について、WEB調査と行動実験に基づいて検討を行った。具体的には機能性炭酸飲料を題材として... [more]
DE 2016-06-18
13:35
東京 楽天クリムゾンハウス ウェブ文書と機械学習で新しい商品コンセプトを生み出す創造的な人工知能に関する一検討
須藤明人藤原直哉徳田慶太本田秀仁植田一博東大DE2016-6
計算論的創造性(Computational Creativity)とは創造的なタスクを機械的に解決することであり、端的に... [more] DE2016-6
pp.25-28
HCS 2016-01-23
13:30
奈良 やまと会議室(奈良市) 消費者の認知特性と食品機能性成分情報を理解する傾向との関係
井上紗奈農研機構)・本田秀仁東大)・森 数馬阪大)・山本(前田) 万里農研機構)・椎名武夫千葉大)・曲山幸生和田有史農研機構HCS2015-74
食品の機能性成分情報からどのように消費者が情報を理解するのか,架空記事をもちいたweb調査をおこなった.新しい機能性表示... [more] HCS2015-74
pp.91-96
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-20
09:30
沖縄 沖縄産業支援センター 思考傾向が食品の新規機能性成分の記事理解に及ぼす影響
井上紗奈森 数馬山本(前田) 万里農研機構)・椎名武夫千葉大)・曲山幸生農研機構)・永井成美兵庫県立大)・本田秀仁東大)・和田有史農研機構HCS2015-24 HIP2015-24
2015年4月から食品の新たな機能性表示制度がはじまったことにより、今後、新しい機能性を表示した食品の増加が予測される。... [more] HCS2015-24 HIP2015-24
pp.163-168
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 馬名の文字数は馬券購入行動に影響を与える ~ 名前の情報量に基づく分析 ~
本田秀仁東大)・和嶋雄一郎阪大)・松香敏彦千葉大)・植田一博東大
近年、名前が我々の思考・行動・選好に与える影響について様々な報告がある。本研究では、名前の文字数が我々の行動に与える影響... [more]
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2014-07-01
16:00
東京 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) 高齢者の認知傾向とインターネットでの購買行動の関係
松原和也農研機構)・杉山 洋アサヒHD)・村越琢磨千葉大)・増田知尋農研機構)・本田秀仁東大)・和田有史農研機構
 [more]
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会