お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2024-06-13
14:30
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
圧縮センシングによる到来方向推定におけるアレー誤差の影響の低減に関する一検討
菊間信良中野心愛榊原久二男杉本義喜名工大
 [more]
AP 2023-12-14
13:30
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ビームスペース処理を2D-FOCUSSに用いたUWB無線システムにおけるTOF及びDOA推定の性能改善
片岡研人東海理化)・菊間信良名工大)・大石佳樹古池竜也古賀健一東海理化)・榊原久二男杉本義喜名工大AP2023-155
UWB無線システムにおいてPN相関法は高精度な遅延時間(TOF:Time of Flight)推定法として知られており,... [more] AP2023-155
pp.1-6
AP, RCS
(併催)
2023-11-16
10:35
熊本 熊本県労働者福祉会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]A 2D Beam-Steerable 252-285-GHz 25.8-Gbit/s CMOS Receiver Module
吉田 毅広島大)・原 紳介萩野達雄Mohamed Mubarak笠松章史NICT)・高野恭弥東京理科大)・杉本義喜榊原久二男名工大)・天川修平藤島 実広島大AP2023-142 RCS2023-165
近年,高速無線通信用のサブテラヘルツ帯送信機(TX)および受信機(RX)に関する報告が数多くあり,チップレベルのTXおよ... [more] AP2023-142 RCS2023-165
p.66(AP), p.70(RCS)
AP, RCS
(併催)
2023-11-17
13:25
熊本 熊本県労働者福祉会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]サブテラヘルツ帯におけるアンテナ実装技術とその課題
榊原久二男杉本義喜バカル ロハニ成田貴則坂本資子バハロム バジラチョックチャイ チャッチャイ岸 峻平杉山拓矢土田偉千岩本彩月山崎敦也植村太亮菊間信良名工大AP2023-151 RCS2023-174
300GHzのサブテラヘルツ帯でアンテナの開発に取り組んでいる.本報告では,これまでの実験や設計の評価結果からわかった問... [more] AP2023-151 RCS2023-174
pp.110-115(AP), pp.113-118(RCS)
AP 2023-10-19
10:00
岩手 岩手大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]300GHz帯マルチビーム球状均一誘電体レンズアンテナの高クロスオーバレベル設計
土田偉千杉本義喜榊原久二男菊間信良名工大AP2023-93
誘電体レンズアンテナは,低損失で高い利得が実現できるため,300GHz帯用アンテナとして適している.特に球状誘電体レンズ... [more] AP2023-93
pp.27-31
AP 2023-10-19
13:00
岩手 岩手大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]一次元反射防止構造による300GHz帯低姿勢マルチビーム高誘電率レンズアンテナの利得改善
杉山拓矢杉本義喜榊原久二男菊間信良名工大AP2023-117
誘電体レンズアンテナは高い指向性利得を実現しやすく,給電損失も小さいため300GHz帯用アンテナとして適しているが,アン... [more] AP2023-117
pp.108-112
AP 2023-10-20
14:45
岩手 岩手大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数ガイディングセンサペアの利用によるVESPAの到来方向推定性能改善
菊間信良野田健太榊原久二男杉本義喜名工大AP2023-126
高次統計量(4次キュムラント)を用いた到来方向 (DOA) 推定法であるVESPA (Virtual ESPRIT Al... [more] AP2023-126
pp.147-152
AP 2023-10-20
15:45
岩手 岩手大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ビームスペース処理を2D-FOCUSSに用いたUWB無線システムにおけるマルチパス環境での信号源のTOF及びDOA推定
片岡研人東海理化)・菊間信良名工大)・大石佳樹古池竜也古賀健一東海理化)・榊原久二男杉本義喜名工大AP2023-128
UWB無線システムにおいてPN相関法は高精度な遅延時間(TOF:Time of Flight)推定法として知られており,... [more] AP2023-128
pp.158-163
MIKA
(第三種研究会)
2023-10-10
15:35
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]尖度最大化アルゴリズムによるブラインド信号分離におけるデータスムージングとウエイト直交化に関する検討
刑部翔悟菊間信良榊原久二男杉本義喜名工大
近年の無線通信の急速な進化に伴い,高品質かつ低遅延な伝送への需要や,電波環境を維持する電波監視業務の重要性が増加しており... [more]
MIKA
(第三種研究会)
2023-10-11
14:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]複数サイクリック相関を用いたMUSICアルゴリズムによる所望波のDOA推定
手嶋康博菊間信良榊原久二男杉本義喜名工大
無線通信の発達に伴い,電波伝搬構造を詳細に把握することが不可欠であり,電波の到来方向(DOA)推定は重要な技術となってい... [more]
MIKA
(第三種研究会)
2023-10-11
14:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]間引きサーキュラアレーにブラインドアレー校正を適用した近傍波源位置推定
垣見旭宏菊間信良榊原久二男杉本義喜名工大
本研究では,無線通信におけるユーザ端末などの電波源の位置推定を目的として,サーキュラアレーを用いたMUSIC法による近傍... [more]
AP 2023-09-01
11:25
東京 構造計画研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
IEEE AP-S/URSI 2023 参加報告および Special Session 企画報告
榊原久二男名工大)・有馬卓司東京農工大)・杉本義喜岸 峻平名工大AP2023-75
国際会議IEEE AP-S/URSI 2023に参加し,スペシャルセッションを企画したので,その状況を報告する.参加者が... [more] AP2023-75
pp.49-54
SRW, MICT, WBS
(共催)
2023-07-21
14:50
新潟 新潟大学駅南キャンパスときめいと
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]サブテラヘルツ帯ビーム走査アンテナとその実装技術および課題
榊原久二男杉本義喜バカル ロハニキム ジフン坂本資子成田貴則バハロム バジラチョックチャイ チャッチャイ岸 俊平杉山拓矢土田偉千岩本彩月山崎敦也富山真帆菊間信良名工大WBS2023-27 SRW2023-25 MICT2023-24
大容量無線通信や移動通信などに,300GHz帯の活用が考えられている.周波数が高くなるほど,アンテナや高周波回路などのデ... [more] WBS2023-27 SRW2023-25 MICT2023-24
pp.72-77
AP
(第二種研究会)
2023-06-01
14:20
長野 長野県 南牧村教育委員会・中央公民館 機械/電子ハイブリッド2次元ビーム走査円筒状高誘電率レンズアンテナの表面整合構造による低姿勢化設計
杉本義喜名工大)・グエン トゥワン ハンレクイドン工大)・成田貴則榊原久二男菊間信良名工大
誘電体レンズアンテナは300 GHz帯通信用アンテナとして有力な選択肢の一つであり,指向性が鋭いためビーム方向を走査する... [more]
AP 2023-02-17
09:55
宮城 東北大学 青葉山キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マッチトフィルタを導入したバイスタティックMIMOレーダにおけるR-MFOCUSSアルゴリズムのターゲット方向推定の性能解析
市川元也菊間信良榊原久二男杉本義喜名工大AP2022-221
 [more] AP2022-221
pp.133-138
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-14
10:40
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]PN相関法に圧縮センシングを用いたマルチパス波のTOA推定の性能改善
榊原彰太郎菊間信良榊原久二男杉本義喜名工大
近年,無線通信の分野では,セキュリティ向上のために移動端末の位置情報が重要視されている.一般に,端末からの電波に対して,... [more]
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-14
10:40
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]バイスタティックMIMOレーダを用いたDODとDOAの同時推定におけるR-FOCUSSアルゴリズムの性能解析
市川元也菊間信良榊原久二男杉本義喜名工大
近年,バイスタティックMIMOレーダを用いた,ターゲットに対する出発方向 (DOD) と到来方向 (DOA) の同時推定... [more]
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-14
10:40
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]分散アレーアンテナに近傍界SAGE-DOA-Matrix法を適用した近傍波源位置推定
田中佑汰菊間信良榊原久二男杉本義喜名工大
近年の無線通信では,ミリ波・サブテラヘルツ波のように,より波長の短い電波が使用されるようになり,それに伴い,基地局用のア... [more]
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-27
15:05
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
UWB無線システムにおけるPN相関法に2D-FOCUSSを用いた伝搬遅延時間・到来方向推定 ~ マルチパス環境における信号源位置推定性能の改善 ~
片岡研人東海理化)・菊間信良名工大)・大石佳樹古池竜也古賀健一東海理化)・榊原久二男杉本義喜名工大AP2022-42
UWB無線システムにおいてPN相関法は高精度な遅延時間(TOF:Time of Flight)推定法として知られており,... [more] AP2022-42
pp.44-49
ED, MW
(共催)
2022-01-27
14:05
ONLINE オンライン開催 280GHz帯広帯域多層基板内X字型パッチ励振差動線路導波管変換器の設計
山崎 誠ヘンリー アブ ディアウオチャッチャイ チョクチャイ榊原久二男杉本義喜菊間信良名工大ED2021-64 MW2021-106
280 GHz という高い周波数においては,低損失なアンテナや給電回路が求められる.アンテナへ給電するIC(Integr... [more] ED2021-64 MW2021-106
pp.12-15
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会