お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
初学者理学療法士の効果的な教育に向けた臨床推論過程の段階的検証
畠山駿弥吉田龍洋関西大)・堀 寛史びわこリハビリテーション専門職大)・佐々木恭志郎松下光範関西大
理学療法を効果的に行うには臨床推論を通し,対峙すべき問題を明確にする理学療法診断が不可欠で ある.しかし,その方法は体系... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 料理をひき立たせる器の選択を目的とした器と料理の相性の定量化 ~ 形体的観点から ~
高橋知奈福元 颯松下光範関西大
本研究の目的は,料理をひき立たせる器の組み合わせを提案するシステムの実現である.器は食事全体の印象に変化を与える重要な要... [more]
HCS 2021-08-21
10:30
ONLINE オンライン開催 共感覚的比喩を用いた触感と表情の対応性に関する一検討
樋口友梨穂松下光範関西大HCS2021-18
本研究は視覚情報を十分に得られないユーザに対して,触感を用いて人の表情を表現し,提示することを目指す.提示のためには表情... [more] HCS2021-18
pp.7-12
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 スマートフォンの回転角を用いた三点測量によるユーザ位置の簡易測定手法
佐藤光起松下光範関西大
本研究の目的は室内にあるIoT製品をシームレスに操作する手法の実現である.IoT製品の多くは遠隔での操作に対応しているが... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 盛り付け支援のための料理と器の関係性の分析 ~ 色ヒストグラムに着目した特徴分析 ~
福元 颯松下光範山西良典関西大
食事の魅力は美味しさや料理自体の見た目など調理の出来のみならず,盛り付けや食器の選択などの提供方法との組み合わせによって... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 スマートフォンとプロジェクタの連携による室内空間への情報投影手法
返町 周松下光範関西大
本研究の目的は,日常空間にある情報を表示しているモノを空間から排除し,情報のみが存在する室内空間を実現することである.
... [more]

HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 深層学習を用いたコミックからの料理画像検出の一検討
小林達哉松下光範関西大
本研究では深層学習を用いて実世界の料理画像を学習させることで、コミック画像中に含まれる料理画像 の検出を行う。現状て... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 調理手順の類似性に基づく料理レシピの曖昧な表現の補完
福元 颯松下光範関西大
本研究は,料理レシピにおける曖昧な表現を補完することで,料理に関する知識の少ないユーザに対してレシピの理解を支援すること... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 投資初心者のファンダメンタル分析における思考プロセスの観察
岩崎有基松下光範関西大
本研究の目的は株取引において投資初心者がファンダメンタル分析を行う際の思考プロセスを観察することである.株取引において投... [more]
WIT 2019-06-16
14:50
東京 早稲田大学 早稲田キャンパス 非熟達者の臨床推論の支援を目的とした段階的な情報提示システムの基礎検討
濵田もえ桃井啓彰宮本誠人松下光範関西大)・堀 寛史藍野大WIT2019-6
理学療法士が行う臨床推論には膨大なデータの関連付けや取捨選択が必要であり,これには実践経験に基づく知識が必要とされ,初学... [more] WIT2019-6
pp.25-30
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2018-12-21
13:05
東京 国立情報学研究所(NII) [招待講演]コミック工学:漫画を中心としたコンテンツ指向研究の試み
松下光範関西大DE2018-22
昨年,電子コミックの売上高がはじめて紙のコミックの売上を越えたことからも伺えるように,コミックをタブレットやスマートフォ... [more] DE2018-22
p.15
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 描画が苦手な人にも漫画の作成を可能にするプロット作成支援システム「ズガーン」の開発
中矢 誠アキュトラス)・野口克洋漫画家)・山西良典西原陽子立命館大)・松下光範関西大)・富永浩之香川大
本稿では,描画が苦手な人にも容易に漫画のプロット作成を可能にするシステム「ズガーン」の開発を報告する.
漫画にはエンタ... [more]

HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 災害発生時における被害状況把握を目的とした情報共有システムの基礎検討
安尾 萌北村茂生松下光範関西大
本研究では,台風や地震などの広範囲にわたる災害発生時において,被害箇所に関する情報を迅速に集約・ 共有するためのシステム... [more]
HCS 2018-01-27
13:20
鹿児島 第一工業大学 トピック分類を用いた絵本の類似検索に関する検討
朴 炳宣関西大/NTT)・松下光範関西大)・服部正嗣NTTHCS2017-86
 [more] HCS2017-86
pp.113-118
HCS 2018-01-27
13:40
鹿児島 第一工業大学 子どもの選好を考慮した類似絵本検索システムの基礎検討 ~ 絵本に関するレビュー文の構成分類 ~
宮本華奈関西大/NTT)・松下光範関西大)・服部正嗣NTTHCS2017-87
 [more] HCS2017-87
pp.119-124
DE, CEA, IPSJ-DBS
(連催) ※学会内は併催
2017-12-23
15:25
東京 国立情報学研究所(NII) 料理レシピ中の失敗しやすい工程の提示方法に関する基礎検討
大杉隆文永井廉人松下光範関西大DE2017-37
本研究の目的は,調理失敗を低減させることを企図した料理レシピの提示手法を提案することである.ユー ザ投稿型料理レシ... [more] DE2017-37
pp.109-114
HCS 2017-01-28
10:20
福岡 なみきスクウェア 物語の類型に着目した絵本の類似探索手法に関する一検討
安尾 萌服部正嗣藤田早苗NTT)・松下光範関西大HCS2016-77
 [more] HCS2016-77
pp.103-108
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 階層的トピック分類を用いた内容情報に基づくコミック探索システムの提案
山下 諒松下光範関西大
本研究の目的は,コミックの内容に基づく情報アクセス支援である.目的を実現するためには,世界設定や登場キャラクタなどのコミ... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 コミックコンテンツのアクセス支援に向けた要約手法に関する基礎検討
石丸亜美山下 諒赤井友紀松下光範関西大
本研究の目的は,コミックコンテンツ内の特定シーンに対するアクセス性の向上である.ある既読コミックの中から特定のシーンを再... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 コミックコンテンツを対象とした質問応答システムの試作
岩沖真之祐山下 諒赤井友紀松下光範関西大
本研究の目的はコミックを対象とした質問応答システムの実現である.コミックはテキストとイラストで構成されるマルチモーダルな... [more]
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会