お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, KOSST
(連催)
2022-10-07
15:05
福岡 リファレンス大博多ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
非地上系ネットワークによるカバレッジ拡張通信システムの開発 ~ UEのQoSに基づくEnd-to-Endルート制御 ~
松井宗大加納寿美阿部順一NTT)・外園悠貴巳之口 淳岸山祥久NTTドコモ)・山下史洋NTTSAT2022-54
 [more] SAT2022-54
pp.50-54
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
16:40
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]非地上系ネットワークによるカバレッジ拡張通信システムの開発 ~ 降雨時におけるUEの可用性評価 ~
加納寿美松井宗大阿部順一NTT)・外園悠貴小原日向岸山祥久NTTドコモ)・山下史洋NTTSAT2022-37
NTTが掲げるIOWN宇宙統合コンピューティング・ネットワーク構想では, Beyond 5G/6G時代のモバイル通信の要... [more] SAT2022-37
pp.48-53
SAT, SANE
(併催)
2022-02-24
10:55
ONLINE オンライン開催 非地上系ネットワークによるカバレッジ拡張通信システムの開発 ~ 混雑度と遅延時間から転送経路を決定するルーティング方法の提案 ~
加納寿美松井宗大阿部順一NTT)・外園悠貴小原日向岸山祥久NTTドコモ)・山下史洋NTTSAT2021-56
NTTはIOWN宇宙統合コンピューティング・ネットワーク構想を掲げており、静止軌道衛星(GEO)と低軌道衛星(LEO)と... [more] SAT2021-56
pp.19-24
SAT, SANE
(併催)
2022-02-24
15:50
ONLINE オンライン開催 HAPS無線中継システムにおける搭載アンテナ指向方向制御誤差の評価
濵嶋恒希安川 慧上羽正純室蘭工大)・加納寿美松井宗大阿部順一糸川喜代彦山下史洋NTTSAT2021-58
近年,高高度擬似衛星プラットフォーム(HAPS)として,無人航空機(UAV)を用いた無線サービスの検討が盛んに行われてい... [more] SAT2021-58
pp.31-38
SAT 2019-10-10
15:20
福岡 JR博多シティ(福岡) {10F 会議室A+B} 保守性と信頼性を高めた衛星通信基地局用RF送受信装置の開発
松井宗大松下 章山下史洋NTTSAT2019-52
衛星通信システムにおいて,通信サービスを継続して提供するためには,保守性と信頼性が求められる.本稿では,高い保守性と信頼... [more] SAT2019-52
pp.21-26
SAT, RCS
(併催)
2018-08-09
09:05
岩手 岩手大学 [奨励講演]衛星通信システムにおける高可用基地局構成技術
鈴木義規須崎皓平・○松井宗大松下 章原田耕一山下史洋NTTSAT2018-28
離島との通信や災害時に被災地へ通信回線を提供するために使用される衛星通信システムにおいて,数多くの端末局を中継する基地局... [more] SAT2018-28
pp.1-6
SAT, WBS
(併催)
2018-05-25
09:05
鹿児島 鹿児島大学 基地局冗長化衛星通信システムにおける高出力送信機構成の検討
鈴木義規須﨑皓平松井宗大松下 章原田耕一山下史洋NTTSAT2018-6
離島通信や災害時において被災地などに通信回線を敷設するために使用される衛星通信システムにおける基地局は,数多くの回線を収... [more] SAT2018-6
pp.25-30
SAT, SANE
(併催)
2018-02-23
12:30
山口 山口商工会議所 可用性向上を実現する衛星通信基地局用高出力送信機構成
鈴木義規須﨑皓平松井宗大松下 章原田耕一山下史洋NTTSAT2017-66
離島や被災地などに通信回線を敷設するために使用される衛星通信システム用基地局は,数多くの回線を収容するため大口径アンテナ... [more] SAT2017-66
pp.53-58
RCS 2017-10-19
14:15
宮城 東北工業大学 [依頼講演]5G時代におけるセルラー連携制御による高密度無線LANのスループット改善の検討
河村憲一猪木亮慶アベセカラ ヒランタ松井宗大鷹取泰司NTT)・岸田 朗森広芳文浅井孝浩奥村幸彦NTTドコモRCS2017-179
本稿では,5Gのヘテロジーニアスネットワークにおいて,トラフィック収容のための無線セルとして無線LANの活用を想定し,高... [more] RCS2017-179
pp.63-68
CQ 2016-08-30
16:05
茨城 筑波山温泉 IEEE 802.11無線LANにおけるネットワーク制御型チャネル割当法の特性評価
アベセカラ ヒランタ松井宗大鷹取泰司溝口匡人NTTCQ2016-72
無線LANによるインターネットアクセスの需要が高まる中, セル間干渉に伴いシステムスループットが劣化する問題が発生してい... [more] CQ2016-72
pp.129-134
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-07
10:25
沖縄 名桜大 無線LANにおけるビーコンを用いた隠れ/さらし端末の推定
猪木亮慶アベセカラ ヒランタ松井宗大市川武男溝口匡人NTT)・岸田 朗小泉大輔山田 曉森広芳文浅井孝浩奥村幸彦NTTドコモCQ2015-113
スマートフォンやタブレット端末の急激な普及に伴い,アンライセンスバンドを用いる無線LANの利用機会が増加している.無線L... [more] CQ2015-113
pp.31-36
CQ 2016-01-22
16:50
茨城 筑波大学 ネットワーク制御を用いたIEEE 802.11a/n/ac標準対応可変帯域型チャネル割当法
アベセカラ ヒランタ松井宗大鷹取泰司溝口匡人NTTCQ2015-107
IEEE 802.11標準規格に準拠した無線LANアクセスポイント (AP) の急増に伴うセル間干渉により, システムス... [more] CQ2015-107
pp.85-90
CQ 2015-09-01
14:30
京都 京都工芸繊維大学 将来無線通信システムにおけるアンライセンスバンドでのアクセス権制御方法の性能評価
アベセカラ ヒランタ工藤理一松井宗大鷹取泰司市川武男溝口匡人NTTCQ2015-52
モバイルトラヒックの急速な増大に対応し, 無線LAN (local area network) システムをはじめとするア... [more] CQ2015-52
pp.71-76
RCS, SR, SRW
(併催)
2015-03-04
17:40
東京 東京工業大学 無線LANにおけるネットワーク制御型チャネル割当法の性能評価
アベセカラ ヒランタ松井宗大浅井裕介鷹取泰司溝口匡人NTTRCS2014-336
IEEE 802.11標準規格に準拠した無線LANアクセスポイント(AP)の急増に伴うセル間干渉により, システムスルー... [more] RCS2014-336
pp.207-212
RCS 2014-06-18
15:50
沖縄 沖縄県青年会館(那覇) ネットワーク制御を用いたIEEE 802.11ac標準対応可変帯域型チャネル割当法
アベセカラ ヒランタ松井宗大浅井裕介溝口匡人NTTRCS2014-77
急増するモバイルトラヒックへの対策として大容量のデータ通信を実現するIEEE 802.11ac規格を用いた無線LANアク... [more] RCS2014-77
pp.263-268
SR 2011-07-29
09:50
神奈川 YRP 広帯域OFDMシステムにおける周波数選択性IQインバランス補償に関する検討
松井宗大中川匡夫工藤理一石原浩一溝口匡人NTTSR2011-38
 [more] SR2011-38
pp.135-140
LQE, OPE, OCS
(共催)
2010-10-28
17:30
福岡 門司港レトロ・港ハウス 広帯域光通信用帯域分割受信装置の試作と評価
松井宗大工藤理一鷹取泰司中川匡夫石原浩一溝口匡人小林孝行宮本 裕NTTOCS2010-68 OPE2010-104 LQE2010-77
デジタル信号処理による光伝送信号のコヒーレント受信が脚光を浴びているが,信号の広帯域化が進むにつれてアナログデジタル変換... [more] OCS2010-68 OPE2010-104 LQE2010-77
pp.79-84
OCS 2009-07-29
17:05
静岡 ウェルシティ湯河原 [招待講演]多段SPMデジタル補償・2次分布ラマン増幅による100-Gb/s x 10-ch PDM-OFDM-QPSK信号の12,015 km伝送
山崎悦史増田浩次佐野明秀吉松俊英小林孝行吉田英二宮本 裕石原浩一工藤理一松井宗大鷹取泰司NTTOCS2009-28
二次分布ラマン増幅による着信OSNR改善、及び多段SPM補償によるQ値改善技術について述べる.伝送路としてスパン長80.... [more] OCS2009-28
pp.49-54
SR 2009-05-29
10:05
新潟 新潟大学 センシング情報の信頼度に基づいた協調センシング方法の検討
芝 宏礼赤羽和徳松井宗大上原一浩NTTSR2009-10
無線システムの急激な増加にともない,周波数の逼迫が問題となっている.この問題を解決する技術として,コグニティブ無線技術が... [more] SR2009-10
pp.63-67
SR 2008-07-31
15:50
東京 NICT (小金井) [技術展示]高精度干渉検出・回避技術を搭載したコグニティブ無線システム
芝 宏礼松井宗大赤羽和徳上原一浩NTTSR2008-27
無線システムの急激な増加に伴い、周波数の逼迫が問題となっている。この問題を解決する技術として、周波数共用を実現するコグニ... [more] SR2008-27
pp.61-66
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会