お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2019-12-19
17:00
宮城 東北大学電気通信研究所 サッカード眼球運動時の変位抑制へのサッカード前後の輝度コントラストの影響
高野修平松宮一道曾 加蕙栗木一郎東北大)・ハイナー ドイベルミュンヘン大)・塩入 諭東北大HIP2019-70
 [more] HIP2019-70
pp.31-34
HIP 2017-12-26
10:45
宮城 東北大学電気通信研究所 継時刺激効果に対する頭部方向の影響
坂井拓美東北大)・羽鳥康裕産総研)・方 昱千葉大)・松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大)・David WhitneyUC BerkeleyHIP2017-90
われわれ人間が物理的に安定な世界を知覚できる理由の1つとして,視覚系が現在とともに過去の視覚情報も現在の知覚に利用してい... [more] HIP2017-90
pp.35-38
HIP 2017-10-24
10:50
京都 京都テルサ サッカード変位抑制におけるブランク効果とランドマーク効果の比較 ~ 信号検出理論による分析 ~
松宮一道東北大)・佐藤雅之北九州市大)・塩入 諭東北大HIP2017-71
 [more] HIP2017-71
pp.65-68
ITE-HI, ITE-CE
(共催)
HIP
(連催) [詳細]
2016-12-21
10:30
宮城 東北大学電気通信研究所 錯覚的手の位置への視覚的注意
野々村 萌Chia-huei Tseng松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大HIP2016-67
身体近傍に潜在的に向けられる注意(身体性注意)の存在が指摘されている.本研究では,物理的な手の位置と異なる場所に、手があ... [more] HIP2016-67
pp.29-32
MBE, NC
(併催)
2016-11-19
09:35
宮城 東北大学 空間配置に対する潜在学習の探索順序効果
朱 冰一塩入 聡栗木一郎松宮一道東北大NC2016-34
視覚探索において, 刺激の空間配置情報が繰り返し呈示されると探索時間が短縮される, これは空間配置に対する学習して結果と... [more] NC2016-34
pp.9-13
ITE-HI, ITE-CE
(共催)
HIP
(連催) [詳細]
2015-12-01
13:30
宮城 東北大学電気通信研究所 L字型画面で呈示された映像に対する理解感及び視線停留
伊師華江仙台高専)・松宮一道東北大HIP2015-88
 [more] HIP2015-88
pp.1-4
MBE, NC
(併催)
2015-11-21
14:15
宮城 東北大学 ストカスティック論理に基づくガボールフィルタの構成とその高並列特徴抽出ハードウェアへの展開に関する研究
片桐大作・○鬼沢直哉松宮一道東北大)・グロス ウォーレンマギル大)・羽生貴弘東北大NC2015-43
 [more] NC2015-43
pp.35-40
HIP, ITE-CE, ITE-HI
(連催) ※学会内は併催
2014-12-01
16:30
宮城 東北大学電気通信研究所 フラッシュラグ効果による身体随伴性注意の測定 ~ 利き手の検討 ~
西川遼太松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大HIP2014-71
身体近傍に無意識に向けられる視覚的注意(身体随伴性注意)の存在が指摘されている.本研究ではフラッシュラグ効果と呼ばれる錯... [more] HIP2014-71
pp.23-27
HIP, ITE-CE, ITE-HI
(連催) ※学会内は併催
2014-12-01
17:00
宮城 東北大学電気通信研究所 全視野空間配置の無意識的学習効果
小林正幸松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大HIP2014-72
視覚探索課題において、繰り返し呈示される刺激配置は無意識的に学習され、応答時間の短縮をもたらすことが知られている(文脈手... [more] HIP2014-72
pp.29-32
HIP, ITE-CE, ITE-HI
(連催) ※学会内は併催
2014-12-02
14:30
宮城 東北大学電気通信研究所 視線位置予測における頭部位置情報の寄与
羽鳥康裕東北大/JST)・方 イク東北大)・江本正喜NHK)・松宮一道栗木一郎東北大)・塩入 諭東北大/JSTHIP2014-78
誘目性(視覚的顕著性)から視線位置を予測する計算論モデルが多数提案されているが,視線予測の精度は十分に高いとは言えない.... [more] HIP2014-78
pp.55-58
HIP, ITE-HI, ITE-CE
(連催)
(連催) [詳細]
2012-11-14
16:05
宮城 東北大学電気通信研究所 2号館4階大会議室 定常的視覚誘発電位による物体ベースの注意に関する検討
大森暢喬徳永留美松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大
 [more]
HIP, ITE-HI, ITE-CE
(連催)
(連催) [詳細]
2012-11-15
09:25
宮城 東北大学電気通信研究所 2号館4階大会議室 頭部方向は注視点分布を偏らせる
中島亮一方 イク松宮一道徳永留美栗木一郎塩入 諭東北大
 [more]
HIP, ITE-HI, ITE-CE
(連催)
(連催) [詳細]
2012-11-15
14:45
宮城 東北大学電気通信研究所 2号館4階大会議室 順応効果を用いた色運動と輝度運動の統合過程に関する検討 ~ 残効時間と応答時間の比較 ~
謝 鴻飛栗木一郎徳永留美松宮一道塩入 諭東北大
 [more]
ITE-HI, ITE-CE
(共催)
HIP
(連催) [詳細]
2011-11-11
16:00
宮城 東北大学電気通信研究所2号館4F大会議室 視覚系の色と形の結合における局所特徴処理と大域特徴処理の比較
繆 仁軍徳永留美栗木一郎松宮一道塩入 諭東北大
 [more]
MBE, NC
(併催)
2010-11-18
10:50
宮城 東北大学 情景の3次元性に基づくトップダウン注意を用いた視線位置の推定
真下浩平松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大MBE2010-39
視覚的注意のモデル化は多方面での応用が期待されており、現在多くのモデルが提案されている。それらのモデルの一つに、人物など... [more] MBE2010-39
pp.21-24
MBE, NC
(併催)
2010-11-18
11:15
宮城 東北大学 両眼視差による面知覚への視差伝播の影響
笠井慎平松宮一道徳永留美栗木一郎塩入 諭東北大MBE2010-40
我々が三次元世界を見る場合,そこには物体のエッジや面を見る.視覚処理においてエッジの処理についてはその生理学的メカニズム... [more] MBE2010-40
pp.25-29
MBE, NC
(併催)
2010-11-18
11:40
宮城 東北大学 追従眼球運動時の色運動検出の時空間特性
瀬川大貴松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大MBE2010-41
運動検出には大細胞経路と小細胞経路の両経路が関わっていると考えられていて、前者は輝度変化の運動信号にのみ、後者は色変化の... [more] MBE2010-41
pp.31-35
HIP, ITE-HI, ITE-CE
(連催) ※学会内は併催
2010-10-14
15:55
宮城 東北大学電気通信研究所 fMRIを用いた視覚的運動情報と色情報の知覚的結合に関する研究
中村慎吾栗木一郎松宮一道徳永留美塩入 諭東北大HIP2010-51
視覚情報のうち色情報と運動情報は,視覚経路において別々の経路で処理されていることがこれまでの研究から明らかにされているが... [more] HIP2010-51
pp.25-29
HIP, ITE-HI, ITE-CE
(連催) ※学会内は併催
2010-10-15
15:45
宮城 東北大学電気通信研究所 サッカード時のランドマーク効果におけるコントラスト依存性
松宮一道東北大)・佐藤雅之北九州市大)・塩入 諭東北大
 [more]
IE 2010-03-15
15:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 輝度コントラスト,刺激偏心度の主観的奥行き量への影響
松原和也松宮一道塩入 諭東北大)・高橋修一石川貴規大橋 功ソニーIE2009-191
輝度コントラストが主観的な奥行き量に与える影響が空間周波数によってどのように変化するかについて,心理物理実験によって定量... [more] IE2009-191
pp.71-75
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会