お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, IN
(併催)
2014-12-18
15:25
広島 広島市立大学・サテライトキャンパス 車車間通信を用いた情報伝播のための車両クラスタリング手法
鷲尾直大奈良先端大)・松浦知史東工大/NICT)・垣内正年猪俣敦夫藤川和利奈良先端大IA2014-72
車車間通信を利用して広域での情報伝播を行う場合,車両密度が不均一であるためにエンドツーエンドの通信経路が存在しない場合が... [more] IA2014-72
pp.19-24
IA 2014-01-31
10:25
東京 機械振興会館 データ保証機構を備えた分散Publish/Subscribeシステム
松浦正尚奈良先端大)・松浦知史奈良先端大/NICT)・猪俣敦夫藤川和利奈良先端大IA2013-76
センサネットワークにおけるリアルタイムなストリームデータ処理基盤としてPublish/Subscribeシステムが利用さ... [more] IA2013-76
pp.49-54
IA 2014-01-31
14:35
東京 機械振興会館 [招待講演]広域センサネットワークにおけるリアルタイムデータ配送のあり方
松浦知史東工大/NICTIA2013-82
広域センサネットワークに関する取り組み(Live E! project)の軌跡を簡単に紹介し、
センサデータのリアルタ... [more]
IA2013-82
pp.85-90
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-23
13:55
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) 災害救助活動を想定したメッセージフェリーの動的経路決定手法
畑中健作奈良先端大)・松浦知史奈良先端大/NICT)・猪俣淳夫藤川和利奈良先端大MoNA2013-50
大規模災害の発災後、被災地では効率的な救助活動のために救助者間の情報共有が必要となる。その際の応急的な通信手段として特定... [more] MoNA2013-50
pp.7-12
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2012-03-16
14:00
北海道 北海道大学 屋内位置情報サービス提供システムにおける位置情報を考慮した負荷分散手法の提案と評価
布引佑来奈良先端大)・松浦知史奈良先端大/NICT)・猪俣敦夫藤川和利奈良先端大SITE2011-53 IA2011-103
GPSなどに対応した測位可能な携帯端末の普及から,位置情報サービスを誰もが容易に利用できるようになった.さらに,IMES... [more] SITE2011-53 IA2011-103
pp.287-292
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2012-03-16
14:20
北海道 北海道大学 配送過程における計算処理と地理的分散処理を考慮した大規模センサネットワークのためのPub/Subシステム
宮城亮太奈良先端大)・松浦知史奈良先端大/NICT)・野口 悟猪俣敦夫藤川和利奈良先端大SITE2011-54 IA2011-104
近年,センサデバイスやネットワーク技術の発達によりセンサデータの取得が容易になりつつある. センサデータは複数のデータを... [more] SITE2011-54 IA2011-104
pp.293-298
IA 2012-02-24
10:25
東京 機械振興会館 データストリームマネジメントシステムにおける映像ストリーム分割手法の提案と評価
神田景太奈良先端大)・松浦知史奈良先端大/NICT)・猪俣敦夫藤川和利奈良先端大IA2011-72
近年, 防災や防犯用途における異常事象の検知を目的として, 多地点に監視カメラを設置する事例が増えている. こういった多... [more] IA2011-72
pp.41-46
IA 2012-02-24
13:45
東京 機械振興会館 [招待講演]計算機を介した人と生態系のインタラクションの研究 ~ イリオモテヤマネコの保全現場支援から被爆生態系の再生過程解明まで ~
小林博樹崔 舜星安田真悟北陸先端大)・松浦知史奈良先端大IA2011-76
現在、人間の生活圏の拡大や自然開発の活発化に伴い、絶滅危惧種の増加や有害鳥獣類による農作物や交通システムの被害、被曝生態... [more] IA2011-76
pp.65-69
IA 2012-02-24
15:10
東京 機械振興会館 DTN環境を考慮した高密度センサネットワークにおける収集率に応じたセンサデータ収集手法の提案と評価
松高聡史松浦知史猪俣敦夫藤川和利奈良先端大IA2011-78
近年、環境センサが様々な地点に設置され気温・湿度など様々な環境情報をセンシングし、環境のモニタリングを行なっている。
... [more]
IA2011-78
pp.77-82
IA 2012-02-24
16:10
東京 機械振興会館 コンテンツ人気遷移に追従する地理情報を用いたP2Pクエリ処理最適化手法の提案と評価
和田倫和松浦知史野口 悟猪俣敦夫藤川和利奈良先端大IA2011-80
センサデバイスの普及に伴い, 広域に存在するセンサデータを共有する分散シ... [more] IA2011-80
pp.89-94
IA 2010-12-17
10:25
東京 機械振興会館 地下 3 階 研修室 1 DTN環境を考慮した高密度センサネットワークに対するセンサデータ抽出手法の提案
松尾健司奈良先端大)・松浦知史奈良先端大/NICT)・竹内 亨NICT/阪大)・寺西裕一阪大/NICT)・藤川和利奈良先端大/阪大)・砂原秀樹慶大IA2010-59
様々な種類のセンサがネットワークに接続し,大量のデータを生成し続けている.一方DTN環境でこれらのデータを収集する事が注... [more] IA2010-59
pp.7-12
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2010-03-01
16:50
宮城 作並温泉一の坊(宮城県) 大規模センサネットワークを考慮したデータの収集・加工・再配信可能なContent-Based Networkの提案と実装
木村眞吾奈良先端大)・松浦知史奈良先端大/NICT)・落合秀也東大/NICT)・藤川和利奈良先端大)・砂原秀樹慶大SITE2009-54 IA2009-106
近年,至るところにセンサが設置されている.そのため,これらのセンサデータを管理するための大規模センサデータ共有基盤が必要... [more] SITE2009-54 IA2009-106
pp.135-140
IA 2008-05-30
10:30
東京 機械振興会館 Live E!広域センサネットワークの運用状況分析 ~ 2008年5月の運用状況 ~
落合秀也杉山哲弘阪本裕介東大)・山内正人慶大)・石塚 宏東京電機大)・松浦知史奈良先端大)・砂原秀樹慶大)・中山雅哉江崎 浩東大IA2008-3
本論文は,Live E!広域センサネットワークの運用状況を分析することで,実際的な広域センサネットワークに求められる機能... [more] IA2008-3
pp.11-16
IA 2008-05-30
10:55
東京 機械振興会館 組み込みセンサ用のプラグイン管理機構の提案
川原貴裕松浦知史洞井晋一藤川和利奈良先端大)・砂原秀樹奈良先端大/慶大IA2008-4
近年,大規模センサデータ共有基盤が構築され運用されている.このような情報基盤におけるセンサデータの収集は,センサゲートウ... [more] IA2008-4
pp.17-22
DC, CPSY, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
2008-03-28
17:00
鹿児島 屋久島 離島総合開発センター 多様なセンサを考慮した組込み機器用ミドルウェアの開発
川原貴裕松浦知史洞井晋一藤川和利砂原秀樹奈良先端大DC2007-119 CPSY2007-115
近年,大規模センサデータ共有基盤が構築され運用されている.このような情報基盤では,目的の異なる個人や団体が設置するセンサ... [more] DC2007-119 CPSY2007-115
pp.209-214
IA 2007-07-20
13:30
京都 京都女子大学 J校舎5階会議室1 (J501) 組込みOLSRノードによるIP センサシステムのMANET実装と検証
落合秀也東大)・松浦知史山内正人砂原秀樹奈良先端大)・江崎 浩東大IA2007-26
本研究では,既存のIP センサシステムを組込みOLSR ノードで作動させた場合のシステム評価を行っている.MANET に... [more] IA2007-26
pp.97-102
SN
(第二種研究会)
2006-05-19
16:25
東京 東理大森戸記念館 Live E! ~活きた地球の環境情報~ ~ デジタル環境情報の自律的な生成/流通/加工/共有に向けて ~
石塚宏紀東京電機大)・松浦知史砂原秀樹奈良先端大)・江崎 浩東大
 [more]
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会