お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SID-JC
(共催)
ITE-IDY, EID
(連催) [詳細]
2020-10-16
14:20
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]静電容量方式全画面指紋センサの開発
上原利範林 真人藤沢晃彦鈴木祐司中野史掘河野孝明綱島貴徳齋藤玲彦山田哲平後藤尚志ジャパンディスプレイ
 [more]
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2019-08-07
13:30
北海道 北海道大学 情報科学院 3F A31 [招待講演]大規模な組合せ最適化問題に向けたスケーラブルなCMOSアニーリングプロセッサ
林 真人竹本享史吉村地尋山岡雅直日立SDM2019-36 ICD2019-1
本稿ではイジングモデルの基底状態探索を高速に実行するCMOSアニーリングプロセッサについて述べる。CMOSアニーリングプ... [more] SDM2019-36 ICD2019-1
pp.1-5
CAS, SIP, MSS, VLD
(共催)
2018-06-15
15:45
北海道 北海道大学フロンティア応用科学研究棟 イジング計算機によるスロット配置問題の解法
金丸 翔於久太祐多和田雅師田中 宗早大)・林 真人山岡雅直日立)・柳澤政生戸川 望早大CAS2018-31 VLD2018-34 SIP2018-51 MSS2018-31
イジング計算機は組合せ最適化問題を物理システムにマッピングすることで,
組合せ最適化問題の準最適解を高速に得ることがで... [more]
CAS2018-31 VLD2018-34 SIP2018-51 MSS2018-31
pp.161-166
CPSY, DC, IPSJ-ARC
(連催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-05-23
15:10
北海道 登別温泉第一滝本館 [招待講演]社会システム最適化に向けたCMOSイジングコンピューティングの開発
竹本享史吉村千尋林 真人奥山拓哉田中 咲山岡雅直日立CPSY2017-4 DC2017-4 RECONF2017-21
社会システムの最適化で必要となる組合せ最適化問題を効率良く解くために,半導体回路でイジングモデルを模擬したCMOSイジン... [more] CPSY2017-4 DC2017-4 RECONF2017-21
pp.15-20(CPSY), pp.15-20(DC), pp.111-116(RECONF)
IBISML 2016-11-17
14:00
京都 京都大学 幾何学的双対表現を用いた部分観測マルコフ決定過程の近似的価値反復アルゴリズム
塚原裕史安倍 満大林真人デンソーアイティーラボラトリIBISML2016-71
部分観測マルコフ決定過程(POMDP) の価値関数は,価値反復の再帰計算で現れる信念空間上の線形関数の集合の最大値を取っ... [more] IBISML2016-71
pp.177-184
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2016-06-25
13:40
石川 石川県教育会館 イジング計算機に向けたグラフ埋め込みアルゴリズム
奥山拓哉吉村地尋林 真人田中 咲山岡雅直日立COMP2016-11
組合せ最適化問題を省電力かつ高速に解くため,イジングモデルの基底状態探索問題に変換して回路動作で解探索するイジング計算機... [more] COMP2016-11
pp.97-103
ICD 2015-04-17
14:55
長野 信州大学 [招待講演]エネルギー効率を1800倍高めたCMOSアニーリングを用いた組み合わせ最適化問題向け20kスピンイジングチップ
山岡雅直吉村地尋林 真人奥山拓哉青木秀貴水野弘之日立ICD2015-13
組合せ最適化問題を効率よく解くアーキテクチャとしてイジングモデルを用いた計算機を提案し、20kスピンを含んだイジング計算... [more] ICD2015-13
pp.63-68
PN, NS
(併催)
2008-12-18
14:25
兵庫 神戸大学 格子状ネットワークモデルにおけるバッファレスパケットルーチングに関する検討
今野 信菅野祐輔内海富博行松健一小林真人秋田大NS2008-113
本研究は,次世代フォトニックワークのキーテクノロジーの1つと考える「バッファレスルータを用いたネットワーク」の実現可能性... [more] NS2008-113
pp.29-34
NS 2008-10-23
16:35
大阪 関西大学 中継ノードの間欠動作による低消費電力な広域センサネットワーク構成法の検討
宝田陽子内海富博行松健一今野 健洪 志偉小林真人秋田大NS2008-79
本研究では,センシングするノードとデータを中継するノードを分けたメッシュ型センサネットワークに対し,中継ノードを間欠動作... [more] NS2008-79
pp.65-70
NS, PN
(併催)
2007-12-20
16:15
千葉 千葉大学 バッファレスルーチングネットワークにおける迂回制御方式に関する検討
菅野祐輔今野 信内海富博佐藤昭憲行松健一小林真人橋本 仁秋田大NS2007-109
本研究では、次世代フォトニックネットワークで必要とされる光パケットスイッチに関するルーチング方式として、バッファレスルー... [more] NS2007-109
pp.19-24
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会