お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2024-03-07
15:25
沖縄 石垣市健康福祉センター(沖縄)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CodeBERTを用いたトークンレベルでのレビューコメント箇所推薦手法の提案
森川靖仁柏 祐太郎奈良先端大)・藤原賢二東京都市大)・平尾俊貴飯田 元奈良先端大SS2023-57
コードレビューはソフトウェア品質を確保するため重要なプロセスである.しかしながら,レビューは多大な時間を必要とすることが... [more] SS2023-57
pp.49-54
SS 2024-03-08
09:55
沖縄 石垣市健康福祉センター(沖縄)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Dockerイメージ管理におけるDockerfile Preprocessor採用プロジェクトの特徴調査に向けて
馬渕 航柏 祐太郎奈良先端大)・藤原賢二東京都市大)・平尾俊貴飯田 元奈良先端大SS2023-64
Dockerfileの開発においては,
コンテナのベースとなるイメージやサービスのバージョン等の多様な利用形態を想定す... [more]
SS2023-64
pp.91-96
SS 2024-03-08
16:30
沖縄 石垣市健康福祉センター(沖縄)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Equivalent Changesを考慮した不具合混入コミット特定アルゴリズムの開発
三野天羽奈良先端大)・藤原賢二東京都市大)・柏 祐太郎平尾俊貴飯田 元奈良先端大SS2023-75
不具合を混入した変更を特定する手法として,SZZアルゴリズムが一般的に利用されている.
SZZアルゴリズムでは,不具合... [more]
SS2023-75
pp.156-161
SS 2023-03-14
16:30
沖縄 名護市産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マイクロベンチマークデータセットを用いたプログラム実行速度改善の試み
大森楓己伊原彰紀才木一也和歌山大)・柏 祐太郎奈良先端大SS2022-56
プログラムには同じ機能を実現する実装方法が複数存在し,それぞれ実行速度が異なる.大規模なプログラムの各機能において手動で... [more] SS2022-56
pp.55-60
SS 2023-03-14
18:25
沖縄 名護市産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
バージョンに導入される変更提案の特徴分析
上中瑞稀伊原彰紀和歌山大)・柏 祐太郎奈良先端大SS2022-60
大規模なプロジェクトには,ソースコードの変更提案が日々膨大に提出される.プロジェクトの開発者 は,ソースコードの品質や保... [more] SS2022-60
pp.79-84
SS 2023-03-15
13:20
沖縄 名護市産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
テストコードのリファクタリングがテスト実行時間へ及ぼす影響調査にむけて
堀川康生奈良高専)・福本大介柏 祐太郎奈良先端大)・市川嘉裕奈良高専)・飯田 元奈良先端大SS2022-66
リファクタリングは, 内部構造の単純化や実行速度の向上を目的として, 外部から見た振る舞いを変更せずにプログラムを修正す... [more] SS2022-66
pp.115-120
SS 2023-03-15
15:40
沖縄 名護市産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ラピッドリリースの採択がSelf-Admitted Technical Debtの導入に与える影響調査にむけて
渡邉未来奈良高専)・福本大介柏 祐太郎奈良先端大)・山口賢一奈良高専)・飯田 元奈良先端大SS2022-71
技術的負債とは, 時間を必要とする理想的な実装の代わりに, 不完全であるが即時に問題を解決できる実装を選択することで将来... [more] SS2022-71
pp.145-150
KBSE 2023-01-20
13:45
石川 ITビジネスプラザ武蔵(金沢)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数プロジェクトにおいて技術的負債の除去に貢献するOSS開発者の分析にむけて
菱川潤哉福本大介ポルマニラタナタイ ソラタチ柏 祐太郎平尾俊貴奈良先端大)・藤原賢二東京都市大)・飯田 元奈良先端大KBSE2022-52
近年,技術的負債が現行のシステムに多く存在していることが,DXを妨げる要因となると述べられている.自社のソフトウェア開発... [more] KBSE2022-52
pp.52-57
SS 2022-03-07
16:45
ONLINE オンライン開催 トレースログを用いたバグ予測の性能評価
森田一成柏 祐太郎中村 司山本大貴近藤将成亀井靖高鵜林尚靖九大SS2021-53
ソフトウェア開発において早い段階でバグを検出するために,ソフトウェアに加えた変更にバグが含まれるか否かを予測する技術が広... [more] SS2021-53
pp.66-71
SS 2022-03-07
17:35
ONLINE オンライン開催 GitHubにおけるバグ報告等の動画および画像の活用実態に関する調査
蔵元宏樹石本優太新堂 風近藤将成柏 祐太郎亀井靖高鵜林尚靖九大SS2021-55
バグ報告レポートは,製品のバグ情報を受け取るための,開発者とユーザーとの間の極めて重要なインターフェースである.
しか... [more]
SS2021-55
pp.78-83
SS, MSS
(共催)
2022-01-12
14:05
長崎 長崎県建設総合会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Add Parameterリファクタリングにおけるメソッド実引数の自動推定
清水一輝柏 祐太郎近藤将成亀井靖高鵜林尚靖九大MSS2021-54 SS2021-41
リファクタリングはソフトウェア品質を向上させるために広く実施されている.しかし,いくつかのリファクタリングはプログラムを... [more] MSS2021-54 SS2021-41
pp.130-135
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-18
10:30
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 開発者の活動量の経時的変化がコミッター候補者予測に与える影響の分析
山崎大輝大平雅雄伊原彰紀柏 祐太郎宮崎智己和歌山大SS2018-4 KBSE2018-14
多くの大規模OSSプロジェクトでは,変更したコードを検証し版管理システムに反映するための特別な権限を持つコミッターの不足... [more] SS2018-4 KBSE2018-14
pp.19-24
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会