お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2021-03-05
13:00
ONLINE オンライン開催 層構造リカレントネットにおける感度調整学習時の感度と最大リアプノフ指数の関係
江島拓哉徳丸侑輝柴田克成大分大NC2020-69
筆者らは,個々のニューロンにおける入出力間の勾配ベクトルの大きさである「感度」を調整するローカルな学習によってリカレント... [more] NC2020-69
pp.151-156
NC, MBE
(併催)
2020-03-06
14:15
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
カオスニューラルネットワークの内部ダイナミクスによる探索を用いたQ-learning
松木俊貴井上創哉柴田克成大分大NC2019-112
 [more] NC2019-112
pp.207-212
NC, MBE
(共催)
2015-03-16
14:45
東京 玉川大学 カオスニューラルネットを用いた内部ダイナミクス由来の探索に基づく強化学習
柴田克成坂下悠太大分大MBE2014-166 NC2014-117
本稿ではまず,自律学習による知能創発における基本的なコンセプトとして,“... [more] MBE2014-166 NC2014-117
pp.277-282
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
16:00
東京 玉川大学 因果トレース ~ 並列かつ主観的時間スケールの導入による過去の処理の効率的学習 ~
柴田克成大分大NC2013-115
途切れることなく続く時間の中で,「主観的時間」の基本概念の下,ニューラルネットで効率よく過去の処理を学習する汎用的な手法... [more] NC2013-115
pp.157-162
MBE, NC
(併催)
2013-03-15
11:30
東京 玉川大学 ニューラルネットを用いた強化学習による行動の学習を通した色恒常性の創発
柴田克成栗崎俊介大分大NC2012-171
本論文では,``錯視''を並列で柔軟な脳の無意識下での処理の結果と捉え,「日常生活の中でより適切に行動するための学習によ... [more] NC2012-171
pp.215-220
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
13:20
東京 玉川大学 リカレントネットを用いた強化学習による探索行動と多値記憶の創発
柴田克成後藤健太大分大NC2011-134
著者らは,ニューラルネットを用いた強化学習を行うことでさまざまな機能が合目的的かつ調和的に創発することを提唱してきた.本... [more] NC2011-134
pp.75-80
NC, MBE
(併催)
2010-03-09
17:40
東京 玉川大学 強化学習とリカレントネットを用いた並列で柔軟な学習制御システムの枠組み
高津聡志後藤健太柴田克成大分大NC2009-114
筆者らは、センサからモータ(アクチュエータ)までをニューラルネットでつなぎ、強化学習で学習することで、自律的、合目的的に... [more] NC2009-114
pp.155-160
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会