お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, ASJ-H
(共催)
2022-08-04
13:00
宮城 東北大通研
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自由音場における2チャンネル2次元パノラミックサウンド収音システムのチャンネル間特性
大網拓海佐藤 渉桐生昭吾東京都市大)・蘆原 郁産総研EA2022-28
2次元の空間情報を得るには3点計測が必須だが,一般的な録音フォーマットはステレオ2チャンネルであり,同時に 3 チャンネ... [more] EA2022-28
pp.1-6
EA, ASJ-H
(共催)
2022-08-04
13:30
宮城 東北大通研
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
実環境における2チャンネル2次元パノラミックサウンド収音システムの特性評価
佐藤 渉大網拓海桐生昭吾東京都市大)・蘆原 郁産総研EA2022-29
一対の単一指向性マイクロフォンを用いることにより,ステレオ録音でも2次元の空間情報を扱えることが報告されている.自由音場... [more] EA2022-29
pp.7-12
US 2022-01-25
13:55
ONLINE オンライン開催 ダミーヘッドを用いた超音波領域における耳介周りの音響計測
春澤恒輝神奈川工科大)・稲村祐美エスピック)・廣江正明小林理研)・長谷川英之富山大)・中村健太郎東工大)・神崎 晶慶大)・桐生昭吾東京都市大)・上田麻理神奈川工科大US2021-62
スピーカ呈示による超高周波音(Very High Frequency sounds:VHF音)の可聴閾値計測では,頭の位... [more] US2021-62
pp.22-27
CQ, CBE
(併催)
2020-01-16
09:40
東京 NHK放送技術研究所 fNIRSを用いた顔の印象によって賦活される脳活動の解析 ~ 感性BMIへの応用を目指して ~
中島頌康東京都市大)・武田昌一追手門学院大/東京都市大)・桐生昭吾東京都市大CQ2019-109
近年人手不足が深刻化しており,今後ロボットの活躍が期待されている.しかし,人と密接に関わり合う仕事の場合,ロボットが人の... [more] CQ2019-109
pp.13-17
CQ, CBE
(併催)
2020-01-16
10:00
東京 NHK放送技術研究所 脳血流における感性情報の特徴パラメーターの抽出
大越為亮東京都市大)・武田昌一追手門学院大/東京都市大)・桐生昭吾東京都市大)・森 真幸京都工繊大CQ2019-110
 [more] CQ2019-110
pp.19-22
EA, ASJ-H
(共催)
2018-08-23
14:20
宮城 東北学院大学 空間音響情報を利用した指向性制御
内海伶香宮浦尊士中川滉太東京都市大)・蘆原 郁産総研)・桐生昭吾東京都市大EA2018-32
音の指向性制御には、従来、干渉管や多チャンネルのマイクロホンアレイが利用されてきた。しかしながら、これらの方法では、広い... [more] EA2018-32
pp.25-30
EA, ASJ-H
(共催)
2017-11-30
15:15
海外 オークランド大学(ニュージーランド) Spatial sound morphing by using a miniature head simulator array
Takashi MiyauraReika UchimiTokyo City Univ.)・Kaoru AshiharaAIST)・Shogo KiryuTokyo City Univ.EA2017-68
It has been reported that the miniature head simulator syste... [more] EA2017-68
pp.55-60
EA, ASJ-H
(共催)
2017-08-09
14:55
宮城 東北大学 電気通信研究所 ミニチュアヘッドシミュレータアレイによる騒音制御
宮浦尊士内海伶香東京都市大)・蘆原 郁産総研)・桐生昭吾東京都市大EA2017-31
ミニチュアヘッドシミュレータによる空間音響収録により、クライアント側でのパンニング、指向性制御が可能である。しかし再現で... [more] EA2017-31
pp.27-32
CQ 2017-07-27
13:25
兵庫 神戸大学 観光案内アプリケーションにおける利用者の感性に合わせて変化する情報提示法 ~ 高野山観光案内アプリケーションを例として ~
森 真幸京都工繊大)・長谷川 優近畿大)・森本一彦高野山大)・藤吉圭二追手門学院大)・武田昌一高野山大)・桐生昭吾東京都市大CQ2017-36
筆者らは,観光案内アプリケーションにおいて,利用者の感性に合わせて適応的に変化する情報提示法を「感性BMI」という考え方... [more] CQ2017-36
pp.43-48
CQ 2015-01-23
14:10
東京 芝浦工大(豊洲) 小倉百人一首競技かるた選手の出札認識タイミングの聴取実験による計測と音響的手がかりの推定
武田昌一東京都市大)・長谷川 優近畿大)・津久井 勤全日本かるた協会)・桐生昭吾東京都市大CQ2014-111
競技かるた選手の間で「熟達した競技かるた選手は決まり字の前に来る音素の微妙な違いによって,次に何の字が来るか予測できる」... [more] CQ2014-111
pp.141-146
SP, ASJ-H
(共催)
2014-10-23
14:00
和歌山 南紀白浜温泉ホテルシーモア Demonstration of the Panoramic Sound Field System
Motoki KawanoTokyo City Univ.)・Kaoru AshiharaAIST)・Kosuke TakiKazuki AzumaShogo KiryuTokyo City Univ.
 [more] SP2014-82
pp.37-42
SCE 2014-07-23
13:00
東京 機械振興会館 [招待講演]量子電圧雑音源を用いたボルツマン定数の精密測定
浦野千春山田隆宏山澤一彰福山康弘金子晋久丸山道隆堂前篤志山森弘毅丹波 純産総研)・吉田俊介桐生昭吾東京都市大SCE2014-29
 [more] SCE2014-29
pp.31-36
SCE 2013-01-24
09:25
岡山 岡山大学 量子電圧雑音源を用いたボルツマン定数決定
浦野千春山田隆宏産総研)・堀江智弘東京都市大)・山澤一彰山森弘毅福山康弘金子晋久丸山道隆堂前篤志丹波 純産総研)・桐生昭吾東京都市大SCE2012-26
 [more] SCE2012-26
pp.7-12
EA 2011-08-10
09:30
宮城 東北大学電気通信研究所 ミニチュアヘッドシュミレータによるバイノーラル録音
佐藤香織東京都市大)・木戸 博東北工大)・蘆原 郁産総研)・桐生昭吾東京都市大EA2011-58
3次元の音響情報を記録・再生する技術として,バイノーラル録音が知られている。バイノーラル信号を録音するには,人間の頭部と... [more] EA2011-58
pp.49-53
EA 2010-08-10
11:30
宮城 東北大学 複合カフェにおける火災警報音の聞こえについて
佐藤香織桐生昭吾東京都市大)・蘆原 郁産総研EA2010-53
音楽を聴取するためにヘッドホンを用いることで、周囲音が聞き取りづらくなる。また、それによって危険を回避することも難しくな... [more] EA2010-53
pp.59-64
EA 2009-03-27
16:30
東京 機械振興会館 マイクロホンアレイとネットワークを利用した音源探査装置の試作
村上拓弥桐生昭吾武蔵工大)・蘆原 郁産総研EA2008-145
災害現場での生存者捜査等を目的とする高感度音源探査システムを開発するための基礎研究として,比較的廉価なデバイスを用いて7... [more] EA2008-145
pp.55-60
EA 2008-12-05
09:30
福島 アルパイン 非可聴信号の可聴化技術
蘆原 郁産総研)・桐生昭吾武蔵工大EA2008-109
 [more] EA2008-109
pp.49-54
EA 2008-06-27
15:30
秋田 秋田県立大学 ヒルベルト変換を用いたオーディオピッチ変換法
蘆原 郁産総研)・桐生昭吾武蔵工大EA2008-35
時変のFIR フィルタ処理のみで入力信号の音程を任意に変化させるピッチ変換法を考案した。一般的なTDHS 方式のように入... [more] EA2008-35
pp.51-56
EA 2008-06-27
16:00
秋田 秋田県立大学 スピーカアレイを用いたコンサート用音場制御装置の試作
林 聖悟丹野智陽武蔵工大)・蘆原 郁産総研)・桐生昭吾武蔵工大EA2008-36
ライブコンサートで用いるための24チャンネルスピーカアレイシステムを試作し,実際に音場の制御を行った.可変遅延回路と,ハ... [more] EA2008-36
pp.57-62
EA 2007-12-07
14:20
東京 NHK放送技術研究所 櫛型フィルタと周波数変換器を用いたハウリング低減法のハードウェア実装
板垣賢治武蔵工大)・蘆原 郁堀内竜三産総研)・桐生昭吾武蔵工大EA2007-91
入力信号を櫛型フィルタ処理し,さらに周波数変換して出力するハウリング低減フィルタが提案されている。帰還信号は周波数が移動... [more] EA2007-91
pp.31-36
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会