お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 圧力画像とCNNによる就寝姿勢の予測
藤岡敦也桑原教彰京都工繊大
近年,高齢化が進み,高齢化に伴い介護が必要な高齢者が増加している.また,高齢者の増加により介護労働者が不足しているという... [more]
IMQ 2015-11-27
15:40
京都 京都工芸繊維大学 着物画像から受けるはんなり感と輝度との関連性の検討
小溝久美子桑原教彰森本一成京都工繊大IMQ2015-23
着物の美の一形態を表す「はんなり」という言葉の歴史は古く,近畿地方,主に京都の花街で話されてきた.もともと「粋な」に近い... [more] IMQ2015-23
pp.15-18
IMQ 2012-10-12
16:35
京都 京都工芸繊維大学 工繊会館 画像解析による認知症患者のもの探し支援
伊藤弘樹京都工繊大)・赤澤圭亮関西電力)・桑原教彰森本一成京都工繊大IMQ2012-20
本研究では、胸元に装着したカメラで撮影する日常生活動作における手の映り込んだ動画を用い、オプティカルフローなどの特徴パラ... [more] IMQ2012-20
pp.31-36
IMQ
(第二種研究会)
2010-10-29
14:50
兵庫 宝塚大学(宝塚キャンパス) マルチメディアタワー エージェントによる認知症者の視線と注意の誘導
和田 良桑原教彰森本一成三田辰弥京都工繊大)・安田 清千葉労災病院
 [more]
IMQ
(第二種研究会)
2010-10-29
16:50
兵庫 宝塚大学(宝塚キャンパス) マルチメディアタワー 3次元カメラを用いた手話認識手法の開発
李 雪塵桑原教彰森本一成京都工繊大
手話は聴覚障害者と健聴者との重要なコミュニケーション手段である.しかし,手話を理解する事のできる健聴者は極めて少なく両者... [more]
IMQ
(第二種研究会)
2010-10-29
17:10
兵庫 宝塚大学(宝塚キャンパス) マルチメディアタワー 中国手話アニメーションの生成と評価 ~ 聴覚障害者の胃部レントゲン検査のための指示法について ~
王 佳佳桑原教彰森本一成京都工繊大
本研究では,医療の場でのコミュニケーションの中で胃部レントゲン検査に焦点を絞り、レントゲン検査技師と聴覚障害受検者とのコ... [more]
PRMU 2008-12-18
14:50
熊本 熊本大 RFIDによる接触情報からのDBNを用いた行動識別
猪股知仁ATR/立命館大)・納谷 太ATR)・桑原教彰京都工繊大)・服部文夫立命館大)・小暮 潔ATR/立命館大PRMU2008-163
我々は,看護師が業務で扱う器材,薬剤にRFIDタグを付与し,それらを看護師の両腕に装着したRFIDリーダで読み取り分析す... [more] PRMU2008-163
pp.93-98
WIT 2007-03-24
11:35
愛知 中京大学(名古屋キャンパス) 写真による歩行ナビゲーション用コンテンツについての検討
松尾将幸近畿大)・上ノ山広基立命館大)・桑原教彰須佐見憲史安部伸治ATR)・服部文夫立命館大
 [more] WIT2006-130
pp.143-148
AI 2005-05-31
15:40
東京 機械振興会館 セマンティクスを考慮したメディア同期の提案 ~ 写真のアノテーションを利用した認知症者の思い出ビデオ作成支援 ~
桑原教彰桑原和宏安部伸治ATR)・安田 清ATR/千葉労災病院
 [more] AI2005-4
pp.15-20
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会