お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2015-06-24
13:55
北海道 北海道大学 周波数符号化とDSTBCを連接した2次元ダイバーシチ法に関する一検討
山口歌奈子三菱電機)・Nicolas GressetMERCE)・西本 浩梅田周作塚本 薫岡崎彰浩岡本 敦三菱電機RCS2015-49
近年,大容量伝送を実現するミリ波通信が注目を集めている.一方,通信では通信品質の安定化も重要な課題であり,無線物理層の観... [more] RCS2015-49
pp.19-24
AP, RCS
(併催)
2014-11-14
10:30
山形 山形大 米沢キャンパス [依頼講演]高速移動通信環境におけるリニアセル構成に関する一検討
梅田周作岡崎彰浩西本 浩塚本 薫丹治洋士山口歌奈子岡村 敦三菱電機AP2014-148 RCS2014-217
近年需要が高まっている陸上高速移動環境における大容量通信の実現が可能なセル構成法として,リニアセルがある.リニアセルの構... [more] AP2014-148 RCS2014-217
pp.109-114(AP), pp.113-118(RCS)
RCS 2014-10-17
15:35
神奈川 慶應義塾大学 シングルキャリアブロック伝送に適した時間領域符号化型SFBCの高速変動マルチパス環境における特性改善に関する検討
西本 浩中島昭範西出剛彦塚本 薫梅田周作山口歌奈子岡崎彰浩岡村 敦三菱電機RCS2014-189
高速移動環境における高信頼無線伝送の実現に向けて,筆者らはシングルキャリアブロック伝送(SCBT: single-car... [more] RCS2014-189
pp.183-188
SAT, RCS
(併催)
2014-08-20
10:20
高知 高知市文化プラザかるぽーと シングルキャリアブロック伝送における時間領域符号化型SFBC
西本 浩中島昭範西出剛彦塚本 薫梅田周作岡崎彰浩岡村 敦三菱電機RCS2014-149
低ピーク電力特性と高いマルチパス耐性を有するシングルキャリアブロック伝送(SCBT: single-carrier bl... [more] RCS2014-149
pp.61-66
RCS, AP
(併催)
2013-11-22
11:35
島根 松江テルサ QAM信号を一次変調に用いた差動時空間符号化方式の検討
梅田周作加藤泰典塚本 薫岡崎彰浩石津文雄三菱電機RCS2013-199
本稿では,非定包絡線変調を用いた場合でも信号振幅の分散拡大を抑圧できる,差動時空間符号化(DSTBC: Differen... [more] RCS2013-199
pp.147-152
RCS 2013-10-17
13:00
東京 上智大学 40GHz帯を用いた移動体無線通信システムのフィールド試験
塚本 薫加藤泰典梅田周作河原伸幸三菱電機)・長山博幸三菱総研)・川崎邦弘中村一城鉄道総研)・辻 宏之NICT)・岡崎彰浩石津文雄三菱電機RCS2013-149
飛行機やヘリコプタ等の航空分野や鉄道等の陸上分野における大容量移動体無線通信システムとして,40GHz帯ミリ波を用いた無... [more] RCS2013-149
pp.43-48
RCS 2009-08-04
14:30
宮城 東北大学 ブロック対角化マルチユーザMIMO-OFDM伝送におけるPAPR低減法
梅田周作須山 聡鈴木 博府川和彦東工大RCS2009-103
ブロック対角化 (BD) を用いたマルチユーザ (MU) MIMO-OFDM 伝送において,ユーザ間の直交性を保ちながら... [more] RCS2009-103
pp.147-152
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会