お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
BioX, ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2021-07-20
15:55
ONLINE オンライン開催 トランスクリエーションを利用したプログラミング教育方法の開発 ~ トランスクリエーションスケールの創造と活用 ~
森田正大松山短大ISEC2021-38 SITE2021-32 BioX2021-39 HWS2021-38 ICSS2021-43 EMM2021-43
本研究は,双方の文化的な差異を考慮したコミュニケーションプロセスであるトランスクリエーション(Transcreation... [more] ISEC2021-38 SITE2021-32 BioX2021-39 HWS2021-38 ICSS2021-43 EMM2021-43
pp.174-181
SITE, IPSJ-CE, IPSJ-CLE
(連催)
2017-12-08
14:40
愛媛 松山大学 瀬戸内海島しょ部の生活環境と地域ブランドに関する研究 ~ しまなみ海道開通前後の調査をもとに ~
森田正大松山大SITE2017-57
筆者は,日本版DMOによる広域地域ブランド戦略推進の方法論を思索する目的で,地域の生活環境と地域ブランドの醸成に関する研... [more] SITE2017-57
pp.15-18
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-15
11:05
東京 内田洋行東京本社ショールーム 広域地域ブランドのイノベーション普及に関する理論的考察 ~ ミクロ経済学的観点から ~
森田正大松山大ISEC2017-30 SITE2017-22 ICSS2017-29 EMM2017-33
日本の最重要課題として「地方創生」が叫ばれ,これまで都道府県または市区町村を単位とした地方自治体主導による地域ブランドが... [more] ISEC2017-30 SITE2017-22 ICSS2017-29 EMM2017-33
pp.215-218
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-15
11:30
東京 内田洋行東京本社ショールーム マルチエージェント・シミュレーションを用いた広域地域ブランドのイノベーション普及に関する考察
森田正大松山大ISEC2017-31 SITE2017-23 ICSS2017-30 EMM2017-34
本研究は先の理論的研究を引き継ぎ,日本版DMOの広域地域ブランド活性化における有用性を探るべく,人工社会シミュレーターa... [more] ISEC2017-31 SITE2017-23 ICSS2017-30 EMM2017-34
pp.219-222
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会