お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-12-03
10:30
ONLINE オンライン開催 感情次元の操作を目的とした声質変換手法の提案
向田圭汰森 大毅宇都宮大NLC2021-25 SP2021-46
感情次元による連続的な感情表記法に基づいた声質変換手法を提案する.一般的な離散的な感情表記法に基づく感情の声質変換は,変... [more] NLC2021-25 SP2021-46
pp.39-41
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 録音音声とライブ音声による説明の違いが聞き手反応に及ぼす影響
高松屋友翼森 大毅宇都宮大
人間同士の対話において、聞き手は相槌や復唱などの聞き手反応をする。しかしシステムとの対話において、聞き手反応は見られない... [more]
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-10
09:55
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) 列の選択のみで入力可能な自動文字走査入力システム
櫻岡 響森 大毅宇都宮大WIT2018-80
文字走査入力方式に基づく肢体不自由者向けのコミュニケーションインターフェースにおいて,
文字の入力に要する時間の短縮は... [more]
WIT2018-80
pp.119-123
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2017-12-22
14:40
東京 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター 自然対話における発話の文脈を考慮した笑い声合成の検討
永田智洋森 大毅宇都宮大SP2017-65
従来の笑い声合成研究のほとんどは対話場面における笑い声を対象としておらず,対話場面に頻出する言語音を伴う笑い声を合成した... [more] SP2017-65
pp.93-98
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 文字盤を用いたコミュニケーションにおける効率的な確認戦略とその文字走査入力システムへの応用
櫻岡 響森 大毅宇都宮大
文字走査入力方式に基づく肢体不自由者向けのコミュニケーションインターフェースにおいて,文字の入 力に要する時間の短縮は... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと クロスコーパスラベリングによる感情空間への感情カテゴリのマッピング ~ 音声知覚および音響分析による検討 ~
有本泰子芝浦工大)・森 大毅宇都宮大
感情研究で用いられる感情理論には,主に感情カテゴリと感情次元の二種類がある。音声に含まれる感情については未整備であり,音... [more]
SP 2014-11-13
13:45
福岡 九州大学筑紫キャンパス HMMに基づく対話音声合成におけるパラ言語情報制御手法の比較
森 大毅高橋俊介永田智洋宇都宮大SP2014-90
パラ言語情報の制御が可能な対話音声合成の実現を目指し,
快-不快や覚醒-睡眠などの抽象次元に基づくパラ言語情報ラベルを... [more]
SP2014-90
pp.1-6
SP 2014-11-13
14:10
福岡 九州大学筑紫キャンパス 対話音声合成を目的とした発話中の笑い声の変動要因の検討
永田智洋森 大毅宇都宮大SP2014-91
 [more] SP2014-91
pp.7-12
SP 2014-02-28
14:50
徳島 徳島大学 [招待講演]パラ言語・非言語情報処理の基礎と応用
森 大毅宇都宮大SP2013-117
音声言語の特徴は,文字に転写できない情報をも含む点である.これらはパラ言語・非言語情報と呼ばれている.パラ言語・非言語情... [more] SP2013-117
pp.37-42
SP 2013-02-28
15:00
愛知 大同大学 [ポスター講演]対話音声合成の自然性とパラ言語情報の可制御性に対する話者正規化学習の効果
高橋俊介森 大毅宇都宮大SP2012-121
本稿では, HMM を用いた対話音声合成において,複数話者のコーパスを用いた学習による学習データ量の増加および話者正規化... [more] SP2012-121
pp.25-26
SP 2013-02-28
15:00
愛知 大同大学 [ポスター講演]拍位置を考慮した和音bi-gramに基づく和声推定
平内雄基森 大毅宇都宮大SP2012-122
本稿では,与えられた旋律に自動で和声付けを行う手法について報告する.従来より,和声推定では和音の前後関係を考慮した確率モ... [more] SP2012-122
pp.27-28
SP, WIT
(共催)
2012-09-29
10:30
東京 芝浦工業大学 脳血流量変化の統計モデルを利用した文章入力法の検討
田澤祥亨森 大毅宇都宮大SP2012-64 WIT2012-16
本報告では,ALS患者のような重度肢体不自由者のためのコミュニケーション方法の実現のため,随意運動を必要としない文章入力... [more] SP2012-64 WIT2012-16
pp.33-38
SP, NLC
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2011-12-20
15:45
東京 芝浦工業大学 豊洲キャンパス パラ言語情報を表現可能な対話音声合成のための重回帰HSMMの検討
永田智洋森 大毅宇都宮大)・能勢 隆東工大NLC2011-52 SP2011-97
本稿では,隠れセミマルコフモデル(HSMM) に基づく音声合成方式に重回帰モデルを組み込んだ重回帰HSMM を用いて,対... [more] NLC2011-52 SP2011-97
pp.179-184
SP, WIT
(共催)
2008-05-29
- 2008-05-30
兵庫 神戸大 自動誤り訂正能力を有する走査型文字入力システムの視覚フィードバック法
森 大毅宇都宮大SP2008-10 WIT2008-10
 [more] SP2008-10 WIT2008-10
pp.55-60
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会