お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2018-07-28
11:10
東京 慶応大学 Intervention Effects in L2 Acquisition -- A Syntactic or Processing Account? --
Noriko YoshimuraAtsushi FujimoriUniv. of Shizuoka)・Mineharu NakayamaOSUTL2018-14
本研究は、日本人英語学習者が繰り上げ構文の理解時に直面する“むずかしさ”を介在効果という観点から考察し、その本質を解明す... [more] TL2018-14
pp.13-18
HCS 2018-01-27
10:00
鹿児島 第一工業大学 大学生のソーシャルメディア使用と自己効力感との関係 ~ TwitterとFacebookの比較 ~
叶 少瑜歳森 敦筑波大)・堀田龍也東北大HCS2017-80
 [more] HCS2017-80
pp.79-84
HCS 2017-01-27
13:20
福岡 なみきスクウェア 大学生のネット・リテラシー,オンライン・プライバシー意識及び保護行動との因果関係
叶 少瑜歳森 敦筑波大)・堀田龍也東北大HCS2016-64
 [more] HCS2016-64
pp.29-34
HCS 2016-01-23
11:00
奈良 やまと会議室(奈良市) 大学生のメディア使用とネット・リテラシーとの因果関係 ~ パネル調査による推定 ~
叶 少瑜歳森 敦筑波大)・堀田龍也東北大HCS2015-72
本研究は大学生のメディア使用とネット・リテラシーとの因果関係,および両者における社会的スキルの効果を明らかにすることを目... [more] HCS2015-72
pp.79-84
TL 2015-08-06
11:40
東京 津田塾大学 Japanese Learners' Interpretation of PRO in English Control Structures
Noriko YoshimuraU Shizuoka)・Mineharu NakayamaOSU)・Atsushi FujimoriShizuoka U)・Hiroya ShimizuYoshihara HSTL2015-31
(事前公開アブストラクト) This study investigates whether Japanese speak... [more] TL2015-31
pp.71-76
ASN 2014-11-06
11:15
東京 機械振興会館 大規模災害時臨時無線ネットワークにおけるノード構成の一検討
森 敦史岡田 啓小林健太郎片山正昭名大)・間瀬憲一新潟大ASN2014-85
東日本大震災のような大規模災害時には,通信の確保が非常に重要となる.そこで,大規模災害時における臨時通信システムとして,... [more] ASN2014-85
pp.19-24
TL 2014-08-12
16:00
東京 東京大学 駒場キャンパス 18号館ホール 日本語を母語とする英語学習者にみる韻律的焦点標示の習得
藤森敦之静岡大)・吉村紀子静岡県立大)・白畑知彦静岡大TL2014-20
本研究は日本語を母語とする英語学習者が英語の韻律的焦点標示を習得できるのか調査する。実験の結果として、学習者は英語の韻律... [more] TL2014-20
pp.49-53
ASN, IPSJ-UBI
(連催)
2013-05-16
16:40
熊本 熊本大学 [ポスター講演]気球を用いたアドホックネットワーク“スカイメッシュ”におけるチャネル割り当て手法の性能評価
森 敦史岡田 啓小林健太郎片山正昭名大)・間瀬憲一新潟大ASN2013-26
大規模災害時には通信の確保が非常に重要となる.そこで大規模災害時のための気球を用いた 臨時通信システムとして ``スカイ... [more] ASN2013-26
pp.135-138
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(併催) [詳細]
2013-01-24
16:25
京都 京都大学 画素識別と回帰計算に基づく近赤外線顔画像のカラー化手法
森 敦和田俊和大池洋史和歌山大PRMU2012-126 MVE2012-91
本報告では,近赤外モノクロ顔画像から可視光カラー顔画像への回帰分析を行い,未知の近赤外モノクロ顔画像に対応する可視光下で... [more] PRMU2012-126 MVE2012-91
pp.353-358
ICD, SDM
(共催)
2006-08-17
16:35
北海道 北海道大学 定在波を用いた17GHzクロック分配法の研究
森 敦佐々木 守汐崎 充岩田 穆広島大)・池田博明エルピーダメモリ
 [more] SDM2006-139 ICD2006-93
pp.81-85
CPSY, DC
(共催)
2006-04-14
11:40
東京 東大武田ホール 大容量キャパシタを応用したブレードサーバの電力制御手法の提案
森 敦司安尾明弘池田吉朗富士通)・村上岳生富士通研)・西川克彦安里 彰富士通
ブレードサーバの高性能,高密度化が進むに従い電力密度が向上し,その結果,設置場所における電力供給能力が問題となっている.... [more] CPSY2006-6 DC2006-6
pp.31-36
CPSY 2005-12-16
12:55
栃木 宇都宮大学工学部アカデミア・ホール インターコネクトにおけるスイッチの省電力化手法とその実装
池田吉朗安尾明弘森 敦司西川克彦安里 彰富士通
インターコネクトはクラスタシステムの主要部分の一つであるが、サーバブレードの省電力化が盛んに行われているのに対して、イン... [more] CPSY2005-34
pp.7-12
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会