お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 41件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2022-03-02
10:20
ONLINE オンライン開催 ダイナミックMACエミュレータにおける障害回復実験結果
石井大耀村上正樹植松芳彦岡本 聡山中直明慶大PN2021-71
 [more] PN2021-71
pp.98-103
PN 2022-03-02
11:00
ONLINE オンライン開催 リアルタイム動画像処理における計算資源の利用可能確率に基づく実効レート期待値保証型分散処理割り当て手法
村松航希村上正樹植松芳彦岡本 聡山中直明慶大PN2021-73
我々はAMec (Access Metro Edge Computing)という,アクセスメトロ網内におけるネットワーク... [more] PN2021-73
pp.110-116
PN 2021-08-30
11:25
ONLINE オンライン開催 超並列伝送における部分故障に対応した縮退運転手法および実験系における評価
石井大耀村上正樹植松芳彦岡本 聡山中直明慶大PN2021-14
将来の通信トラフィック急増に対応するために,空間多重を活用して最大で 400 レーン並列伝送を適用するダイナミックMAC... [more] PN2021-14
pp.15-20
PN, NS, OCS
(併催)
2021-06-25
14:25
ONLINE オンライン開催 高確率で故障するネットワーク条件下における耐障害性マルチパスルーティング
奥村泰地村上正樹植松芳彦岡本 聡山中直明慶大PN2021-10
多くの機器から構成されるネットワークは機器故障に備えるために耐障害性手法が求められる.一方で,ネットワーク機器の故障予測... [more] PN2021-10
pp.33-39
IN, NS
(併催)
2021-03-04
09:50
ONLINE オンライン開催 特定人物捜索のためのエッジ間連携による人物追跡手法
川瀬涼太村上正樹植松芳彦岡本 聡山中直明慶大NS2020-125
無人での来客受付など様々なケースにおいて顔認識アプリケーションが活躍している.街中の監視カメラと顔認識アプリケーションを... [more] NS2020-125
pp.13-18
PN 2020-03-03
09:25
鹿児島 奄美市社会福祉センター
(開催中止,技報発行あり)
マルチパスルーティングにおけるリンク故障耐性を高めるパケット振り分け手法
奥村泰地松野将大杉浦叶典村上正樹植松芳彦岡本 聡山中直明慶大PN2019-62
通信トラヒックの爆発的な増加に伴い,ネットワークインフラストラクチャの国民生活・社会経済活動における重要性は大きくなって... [more] PN2019-62
pp.59-64
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター 多方路OXCによる高可用地域伝送網構成法
山本 宏岡 利幸NTT)・植松芳彦NTT-AT)・前田英樹NTTNS2018-237
光伝送網は,様々な通信サービスを収容する共通基盤として,高い通信品質・可用性を維持しつつ,設備・保守運用コストの削減が求... [more] NS2018-237
pp.261-265
RCS, NS
(併催)
2018-12-21
09:50
広島 尾道市民会館 待機型巡回保守のための保守システム設計法
平田孝志関西大)・山本 宏鎌村星平植松芳彦岡 利幸前田英樹NTT)・山本 幹関西大NS2018-170
 [more] NS2018-170
pp.65-70
NS, OCS, PN
(併催)
2018-06-14
15:00
福島 郡山商工会議所 [招待講演]光トランスポート網における機能分離トレンドの利用法
植松芳彦NTT-AT)・沖野 修林 理恵岡 利幸田原光穂前田英樹NTTNS2018-29 OCS2018-12 PN2018-12
(事前公開アブストラクト) WDM技術の導入以降,波長信号の相互接続難度により,光トランスポート網はシステムベンダ毎の網... [more] NS2018-29 OCS2018-12 PN2018-12
pp.5-12(NS), pp.5-12(OCS), pp.41-48(PN)
PN 2018-03-06
08:30
鹿児島 南種子町商工会館 光トランスポート網における機能分離トレンドの利用法
植松芳彦沖野 修林 理恵岡 利幸木村正二前田英樹NTTPN2017-101
通信事業者が運用する光トランスポート網は全国数千ビルに分散配置された光トランスポートシステム群から構成される.多様化およ... [more] PN2017-101
pp.67-74
CS, NS, IN, NV
(併催)
2017-09-07
11:40
宮城 東北大学 電気通信研究所 伝送網の柔軟な機能拡張を実現する「機能モジュール」の有効性評価
中川雅弘田中 翔小川雅也小泉孝博植松芳彦恩田英俊行田克俊NTTNS2017-74
 [more] NS2017-74
pp.19-24
PN 2017-08-28
10:40
北海道 洞爺観光ホテル 伝送網の柔軟な機能拡張を実現する「機能モジュール」を導入したシステム構成の検討
中川雅弘並木雅俊小川雅也小泉孝博植松芳彦恩田英俊行田克俊NTTPN2017-15
昨今,通信サービスの高度化・ユーザニーズの多様化が進んでおり,我々の暮らしを変革し得るサービス提供に向けた技術革新に伴い... [more] PN2017-15
pp.7-12
PN, NS, OCS
(併催)
2017-06-15
14:15
秋田 秋田大学 Beyond 100G光トランスポートネットワークにおける信頼性向上に関する考察
横田昌宏北村 圭山本 宏鎌村星平坪井俊一植松芳彦前田英樹NTTNS2017-23
現在の100G級光トランスポートネットワークは、シングルキャリア方式のトランスポンダで構成されているが、今後の400G/... [more] NS2017-23
pp.7-10
NS 2017-04-20
13:55
富山 富山商工会議所 柔軟な網構成変更を実現する将来IP網運用制御方式の検討
福田亜紀鎌村星平山本 宏林 理恵植松芳彦NTTNS2017-2
広域IP網は,設備・運用保守コストの最小化やサービスの品質・信頼性遵守を考慮しつつ,トラヒック量の増大や交流トラヒックの... [more] NS2017-2
pp.7-12
NS 2017-04-20
15:25
富山 富山商工会議所 光トランスポート網資源プールにおける可用性・保守性評価法
植松芳彦鎌村星平山本 宏福田亜紀林 理恵NTTNS2017-5
 [more] NS2017-5
pp.25-30
NS 2017-04-20
15:50
富山 富山商工会議所 巡回型保守実現のための設備設計最適化
平田孝志関西大)・山本 宏鎌村星平植松芳彦前田英樹NTT)・山本 幹関西大NS2017-6
 [more] NS2017-6
pp.31-36
NS, IN
(併催)
2017-03-02
09:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 迅速なパス収容変更を実現するマルチレイヤ光トランスポートシステム
山本 宏福田亜紀鎌村星平林 理恵植松芳彦NTTNS2016-167
通信事業者のトランスポート網に求められる高い可用性を担保するためには,厳しい保守体制を維持する必要がある.保守体制を緩和... [more] NS2016-167
pp.59-64
PN 2016-11-17
15:40
埼玉 KDDI総合研究所(ふじみ野市, 埼玉) [招待講演]トランスポートSDNが創る光ネットワーク基盤の将来像 ~ 光技術への期待と課題 ~
植松芳彦行田克俊NTTPN2016-34
通信事業者が運用する光トランスポート網は全国数千ビルに分散配置された光トランスポートシステム群から構成される.多様化およ... [more] PN2016-34
pp.51-58
NS 2016-10-20
13:25
兵庫 姫路・西はりま地場産業センター レイヤ間情報補完による光ネットワークにおける故障位置特定の効率化方法
伊達拓紀山本 宏福田亜紀鎌村星平林 理恵植松芳彦NTTNS2016-89
 [more] NS2016-89
pp.7-12
NS 2016-10-21
11:10
兵庫 姫路・西はりま地場産業センター 高速グラフマイニングによるネットワークトポロジ主成分分析法
鎌村星平福田亜紀山本 宏伊達拓紀林 理恵植松芳彦NTTNS2016-99
グラフマイニングを用いて中継ネットワークを規定範囲に適切に分解するネットワークトポロジの主成分(コンポーネント)分析アル... [more] NS2016-99
pp.57-62
 41件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会