お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU 2022-10-21
15:55
東京 日本科学未来館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
手の軌道特徴を用いた一人称視点料理動画における詳細動作認識
宮本蒼太東工大)・八木拓真東大)・牛久祥孝橋本敦史OSX)・井上中順東工大PRMU2022-29
料理動画の解析は,自動料理ロボットの実現に向けた重要な課題のひとつである.
本研究では,料理動画から人間の動作を詳細に... [more]
PRMU2022-29
pp.41-46
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 調理スペースの概念モデルの可視化の検討
濱 龍太郎斎藤 梓高久由香里LIXIL)・橋本敦史Omron Sinic X
本研究では調理エリアのメンタルモデルの可視化・分析の手法を提案する.
ユーザーは作業スペースを分割したエリアとして捉え... [more]

HCS 2019-10-26
14:25
東京 日本大学三軒茶屋キャンパス 作業写真列からの手順書の自動生成
西村太一京大)・橋本敦史オムロン サイニックエックス)・森 信介京大HCS2019-47
本研究は,写真列を入力として手順書を生成し,写真付き手順書の作成を容易にすることを目的とする.
この目的を達成するため... [more]
HCS2019-47
pp.41-46
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-09-21
13:40
福岡 福岡工業大学 [ショートペーパー]Stroke Recovery of Handwritten Chinese Character using Fully Convolutional Networks
Wang Yu JungMotoharu SonogashiraKyoto Univ.)・Atsushi HashimotoOmron SINICX)・Masaaki IiyamaKyoto Univ.PRMU2018-62 IBISML2018-39
In this paper, we propose a method to recover strokes from o... [more] PRMU2018-62 IBISML2018-39
pp.157-162
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
09:30
沖縄 沖縄産業支援センター 被作用物体とその位置を手掛かりとした実施工程の追跡に基づく作業者の意図推定
松村優樹橋本敦史飯山将晃森 信介美濃導彦京大IMQ2017-31 IE2017-123 MVE2017-73
本研究では,作業の進行状況に自動的に同期して,必要な情報を提示する作業支援システムの構築を前提に,観測映像から作業者の意... [more] IMQ2017-31 IE2017-123 MVE2017-73
pp.41-46
MVE 2017-09-22
13:00
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス 第一回AIチャレンジコンテストの紹介 ~ 入賞者による講演にあたってのタスク概要の説明 ~
橋本敦史京大MVE2017-23
 [more] MVE2017-23
pp.49-50
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-01-19
16:20
京都 京都大学 吉田キャンパス 百周年時計台記念館 調理過程画像に写る食材の認識
藤野拓海橋本敦史京大)・原島 純クックパッド)・飯山将晃美濃導彦京大PRMU2016-132 MVE2016-23
本研究ではレシピサイトのレシピに含まれる調理過程画像に写っている食材をそ... [more] PRMU2016-132 MVE2016-23
pp.103-108
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-01-20
10:50
京都 京都大学 吉田キャンパス 百周年時計台記念館 多視点データ学習による視点不変な人物姿勢推定
高木和久橋本敦史飯山将晃美濃導彦京大PRMU2016-142 MVE2016-33
 [more] PRMU2016-142 MVE2016-33
pp.235-240
PRMU 2016-12-16
10:30
鳥取 鳥取大学 無形概念認識の実現に向けてどんな技術が求められるのか?
橋本敦史京大PRMU2016-119
本稿では「無形の概念」の認識の実現に向けて必要な技術開発について考察する.近年の識別器の大幅な発展により,「有形の概念」... [more] PRMU2016-119
pp.27-28
MVE, ITE-HI
(連催)
2016-07-20
16:15
東京 東京大学山上会館 エリア内に設置された複数台のカメラを用いた視野外の人数推定
飯山将晃小倉 暢橋本敦史森 幹彦笠原秀一美濃導彦京大MVE2016-10
本研究では,複数のカメラが設置された街区や施設といったエリア内での自動人数推定手法を提案する.推定を行いたい領域をカメラ... [more] MVE2016-10
pp.43-46
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-07
11:00
沖縄 名桜大 経路探索に基づく映像とワークフローの対応付け
松村優樹橋本敦史森 信介舩冨卓哉飯山将晃美濃導彦京大IMQ2015-33 IE2015-132 MVE2015-60
本研究では,様々な工程からなる作業を記述したワークフローと,その作業を観測した映像との対応付けを目指す.
対応付けは,... [more]
IMQ2015-33 IE2015-132 MVE2015-60
pp.37-42
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-08
13:20
沖縄 名桜大 選手の移動軌跡の類似性を利用したサッカー映像における隠蔽区間補間の検討
相澤将吾橋本敦史飯山将晃京大)・野中敬介三功浩嗣KDDI研)・美濃導彦京大IMQ2015-70 IE2015-169 MVE2015-97
選手同士の隠蔽が頻繁に生じるスポーツの中でも競技人口が多いサッカーを対象として,カメラ配置が疎な環境で隠蔽によって映像中... [more] IMQ2015-70 IE2015-169 MVE2015-97
pp.241-242
DE 2015-09-25
16:50
神奈川 神奈川工科大学 横浜オフィス KUSK Object Dataset:調理作業中の物体への接触履歴データセットの作成
橋本敦史飯山将晃森 信介美濃導彦京大DE2015-33
調理作業では多数の道具を使いながら,複数の食材を加工し一つの料理を作る.このような流れはワークフローとして記述できること... [more] DE2015-33
pp.77-82
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-11
11:35
福岡 福岡工業大学 カメラと荷重センサの統合による机上物体に対するハンドリング開始・終了の検出
安岡竜太橋本敦史舩冨卓哉美濃導彦京大IMQ2012-46 IE2012-150 MVE2012-107 WIT2012-56
本稿では,調理支援システムへの応用を想定して,机上の各物体に対するハンドリングの開始・終了をリアルタイムで検出することを... [more] IMQ2012-46 IE2012-150 MVE2012-107 WIT2012-56
pp.69-74
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-11
12:00
福岡 福岡工業大学 調味料使用量の自動計測システムの開発および評価
中村和晃阪大)・舩冨卓哉橋本敦史京大)・上田真由美流通科学大)・美濃導彦京大IMQ2012-47 IE2012-151 MVE2012-108 WIT2012-57
 [more] IMQ2012-47 IE2012-151 MVE2012-108 WIT2012-57
pp.75-80
DE 2012-06-05
13:25
東京 国立情報学研究所12階1208.1210号室 IwaCamを用いたメディア処理による遠隔コミュニケーションの支援 ~ 同時調理を題材とした映像と音声の役割に関する考察 ~
山肩洋子橋本敦史舩冨卓哉平松紘実京大)・辻 秀典情報技研/情報セキュリティ大)・森 信介京大DE2012-2
双方向配信映像を通じて,遠隔にいる調理者たちが一緒に調理する際のコミュニケーションを支援するシステムの開発を目指す.本稿... [more] DE2012-2
pp.7-12
DE 2012-06-05
14:40
東京 国立情報学研究所12階1208.1210号室 調理者の手と容器の位置関係を利用した「かき混ぜる」行動の認識
宮澤飛鳥中村和晃橋本敦史舩冨卓哉美濃導彦京大DE2012-5
本研究では,調理中に行われる行動のうち料理の仕上がりに最も大きな影響を与えるものの1つと考えられる「かき混ぜる」行動に焦... [more] DE2012-5
pp.25-30
IE, MVE
(共催)
2012-03-12
13:10
富山 富山大学 画像・振動音・荷重データを統合的に用いた食材認識
井上 仁中村和晃舩冨卓哉橋本敦史上田真由美山肩洋子美濃導彦京大IE2011-139 MVE2011-101
本研究では,画像・振動音・荷重データを統合的に用いることで,各データを単独で用いた際に発生する誤認識を改善できる食材認識... [more] IE2011-139 MVE2011-101
pp.37-42
MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2011-03-07
14:35
長崎 やすらぎ伊王島 調理における切断加工時の荷重特徴を用いた食材認識
土本良樹橋本敦史舩冨卓哉山肩洋子上田真由美美濃導彦京大IE2010-155 MVE2010-143
本研究では,切断時の荷重特徴を用いて食材を認識する手法を提案する.荷重の測定のために,荷重センサを設置したセンサボードを... [more] IE2010-155 MVE2010-143
pp.55-60
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2010-11-19
11:40
福井 フェニックスプラザ(福井県福井市) TexCut: GraphCutを用いたテクスチャの比較による背景差分の検討
橋本敦史中村和晃舩冨卓哉椋木雅之美濃導彦京大PRMU2010-121
本研究では時間的に急激で,かつ空間的に非一様な照明環境の変化の下でも物体領域を精確に抽出することのできる背景差分手法を提... [more] PRMU2010-121
pp.93-98
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会