お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VRSJ, IIEEJ
(共催)
EID, IEE-EDD, ITE-3DMT, ITE-AIT, ITE-IDY
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2022-11-25
10:30
東京 日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]触れる動的プロジェクションマッピングの実現
橋本直己電通大
 [more]
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-09
15:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) ゲームエンジンを用いたインタラクティブなプロジェクションマッピングシステムについての検討
吉田祥子橋本直己電通大IMQ2021-24 IE2021-86 MVE2021-53
現在コロナ渦において,実際に物に触れて体験する機会が失われつつあり,拡張現実を用いた疑似体験に関する研究開発が多く行われ... [more] IMQ2021-24 IE2021-86 MVE2021-53
pp.76-81
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
10:45
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 腕への視覚的エフェクト表示による重さ錯覚に関する検討
村石匠汰佐藤美恵宇都宮大)・橋本直己電通大IMQ2021-58 IE2021-120 MVE2021-87
 [more] IMQ2021-58 IE2021-120 MVE2021-87
pp.250-254
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
14:55
北海道 北海道大学 広域映像投影における光学的補正の検討
三浦健太朗中村友香橋本直己電通大
 [more]
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
15:10
北海道 北海道大学 RGBチャンネルの非独立性に基づくプロジェクタ応答特性のモデル化
舟久保佑樹橋本直己電通大
 [more]
MVE 2016-06-03
13:35
岩手 岩手県立大学アイーナキャンパス HMDにおける三人称視点の提示に関する一考察
片桐佑一橋本直己電通大MVE2016-5
近年,ARの研究が多く行われており,特に身体の機能を拡張する研究応用事例が盛んに行われている.
この身体の拡張の中でも... [more]
MVE2016-5
pp.93-94
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2015-02-23
15:45
北海道 北海道大学 動的環境におけるマルチプロジェクションシステムによる映像補正
吉田卓矢橋本直己電通大
複数台プロジェクタを用いた映像投影は,映像の高輝度化・広域化・高解像度化やプロジェクションマッピングにおける全周囲投影な... [more]
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2015-02-23
16:00
北海道 北海道大学 動的なプロジェクションマッピングにおける遅延補償手法
酒巻祥平橋本直己電通大
動的な環境にも対応したプロジェクションマッピングに関する研究が近年注目を集めているが,動く物体に対して映像を投影するため... [more]
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2015-02-23
16:15
北海道 北海道大学 高速な輝度補正と人型3Dモデルの投影によるバーチャル着せ替えシステム
小川智史橋本直己電通大
本研究では,プロジェクタを使用してユーザが着用している衣服に映像投影をすることで,バーチャルな着せ替えを行うことができる... [more]
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2012-09-28
09:55
北海道 総合文化会館、根室グランドホテル(根室市) 映像投影によるバーチャル着せ替えシステム
中村卓磨橋本直己電通大MVE2012-41
本研究では,映像投影によって衣服の実際の外観を変化させ,瞬時に別の衣服を着用したように見せるシステムを提案する.提案シス... [more] MVE2012-41
pp.83-84
IE, MVE
(共催)
2012-03-13
15:25
富山 富山大学 室内における全周囲映像投影のための幾何補正手法の提案
福山廣相橋本直己電通大IE2011-165 MVE2011-127
本論文では,室内において全周囲映像投影を行う際に生じる課題を解決するためのアルゴリズムの考案とその実装を行った.特に,投... [more] IE2011-165 MVE2011-127
pp.187-192
IE, MVE
(共催)
2012-03-13
16:15
富山 富山大学 環境変化に適応する映像投影手法“Adaptive Image Projection”に関する研究
渡邉 暁橋本直己電通大IE2011-167 MVE2011-129
映像提示装置のひとつであるプロジェクタは,建造物への投影や携帯機器への装備などの事例が増え,多様な環境で利用されるように... [more] IE2011-167 MVE2011-129
pp.199-204
CW
(第二種研究会)
2012-03-08 東京 電通大 風を用いた力覚および温度感覚による高臨場感提示に関する一検討
田中亮平橋本直己電通大
我々は,風によって力覚と温度感覚を提示することの可能な実在感ディスプレイを提案する.このシステムは力覚および温度感覚提示... [more]
MVE, ITE-HI
(共催)
2009-06-08
15:05
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー 力覚インタラクションを用いた文強勢学習支援システムの開発について
一色正晴河上朋弥赤羽克仁東工大)・橋本直己電通大)・佐藤 誠東工大MVE2009-9
近年,学習効果の向上および学習者に学習対象への興味・関心を持たせることを目的として,インタラクティブ性の高い教材を作成す... [more] MVE2009-9
pp.49-54
PRMU 2008-01-18
16:30
京都 龍谷大学 擬似広視野化による高臨場感VRコンテンツの生成
本多健二橋本直己佐藤 誠東工大PRMU2007-207
近年,高品質な映像表現を伴ったインタラクティブなコンテンツが多くの分野において利用されている.このようなコンテンツの臨場... [more] PRMU2007-207
pp.311-318
MVE 2007-10-04
13:25
北海道 旭川市科学館「サイパル」 力覚と触覚の組み合わせによる接触感提示に関する検討
飯尾裕一郎橋本直己佐藤 誠東工大MVE2007-41
近年,仮想環境を使った組立作業システムなど等身大仮想環境でユーザが作業を行う試みが注目されている.
このような用途では... [more]
MVE2007-41
pp.25-29
MVE 2007-10-04
14:15
北海道 旭川市科学館「サイパル」 FPDと複数台プロジェクタを用いた広視野映像提示環境におけるプロジェクタカメラシステムの校正法
辻 勇旗橋本直己佐藤 誠東工大MVE2007-43
我々は一般家庭に普及しつつあるFlat Panel Display(FPD)と複数台のプロジェクタを組み合わせることで高... [more] MVE2007-43
pp.37-41
CQ, MVE
(併催)
2007-01-25
11:10
福岡 アジア太平洋インポートマート 等身大仮想環境における力覚を主体とした組立作業システムの開発
木村耕一郎橋本直己佐藤 誠東工大
 [more] MVE2006-73
pp.13-18
MVE 2006-03-22
13:30
東京 東工大大岡山キャンパス オプティカルフローの連続性を考慮した奥行きモデルを用いた時系列映像からの実時間広視野映像生成手法
本多健二橋本直己佐藤 誠東工大
広視野映像を高解像度で提示可能な没入型ディスプレイに実写映像を投影することで,テレイグジスタンスや双方向コミュニケーショ... [more] MVE2005-69
pp.1-6
MVE 2005-06-03
11:10
東京 東大山上会館 力覚と視覚提示機能を備えたリアクティブモーションキャプチャシステムによるキャラクタ動作の生成
崔 雄立命館大)・橋本直己東工大)・八村広三郎立命館大)・佐藤 誠東工大
 [more] MVE2005-5
pp.27-34
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会