お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP 2012-03-16
13:35
東京 東京大学 比較可能-keグラフの頂点彩色問題のパラメータ化計算量
斎藤 惇武永康彦電通大COMP2011-51
$\mathcal{F}-ke$グラフは、グラフ族$\mathcal{F}$のグラフから高々$k$本の辺を削除したグラフ... [more] COMP2011-51
pp.31-38
COMP 2010-03-12
09:05
東京 国立情報学研究所 ナンバーリンクのNP完全性と問題の列挙
古妻浩一武永康彦電通大COMP2009-49
 [more] COMP2009-49
pp.1-7
COMP 2008-03-10
16:20
神奈川 日本アイ・ビー・エム(株)大和事業所 多変量閾値関数の非明示的OBDD表現
中山昌光武永康彦電通大COMP2007-65
Ordered Binary Decision Diagram(OBDD)とは論理関数のグラフによる表現方法である.
... [more]
COMP2007-65
pp.67-73
COMP 2007-03-05
10:45
東京 電気通信大学 Chordal+k1e-k2eグラフの頂点彩色問題
三浦勇介武永康彦電通大
 [more] COMP2006-53
pp.21-27
COMP 2006-03-23
14:30
東京 電気通信大学 種々の制限を加えたTree-Shellable論理関数判定問題の複雑さ
加藤木 直武永康彦石橋 尚電通大
Tree-Shellable論理関数とは、根のノードから1にラベル付けされた葉ノードへのパスの数が、主項の数と同じように... [more] COMP2005-67
pp.31-37
COMP 2005-05-20
13:30
福岡 九州大学 リテラルの出現回数に制限を加えたTree-Shellable論理関数の判定複雑さ
加藤木 直武永康彦電通大
Tree-shellable論理関数とは、根のノードから1にラベル付けされた葉ノードへのパスの数が、主項の数と同じになる... [more] COMP2005-12
pp.25-30
COMP 2005-03-18
15:25
東京 東京工業大学 比較可能 + ke グラフの彩色問題の計算量
東出賢一武永康彦電通大
比較可能+keグラフとは、比較可能グラフに辺を高々k本加えたグラフである。本稿では、kを定数としたときの比較可能+keグ... [more] COMP2004-82
pp.71-77
COMP 2005-03-18
16:50
東京 東京工業大学 一般化ぷよぷよの連鎖数判定問題
松金輝久武永康彦電通大
計算量に関する研究において、最近ではテトリスのようないわゆる「落ちもの」ゲームの計算量にも興味が集まっている。本研究では... [more] COMP2004-85
pp.95-103
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会