お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-22
15:20
香川 サンポートホール高松 大規模MIMOシステムのビーム形状とビーム選択数に関する特性評価
山本順平西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大)・岸山祥久武田大樹NTTドコモIT2017-76 SIP2017-84 RCS2017-290
大規模MIMOでは,信号処理量の低減を図るため,素子空間をビーム空間に変換した後,部分空間で信号処理を行う2段階ビームフ... [more] IT2017-76 SIP2017-84 RCS2017-290
pp.125-130
RCS 2017-06-21
15:20
沖縄 石垣商工会館 時変動環境における大規模MIMOシステムのビーム選択およびビーム形状の特性評価
山本順平西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大)・武田大樹岸山祥久NTTドコモRCS2017-55
大規模 MIMO では,信号処理量の低減を図るため,少数のビーム空間で信... [more] RCS2017-55
pp.31-36
NS, RCS
(併催)
2016-12-22
16:00
石川 金沢勤労者プラザ ハイブリッドビームフォーミングにおけるビーム選択およびビーム形状に関する一検討
山本順平西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大)・武田大樹岸山祥久NTTドコモRCS2016-234
急速に増加する移動通信システムにおけるトラヒックを収容するための方法の一つとして,高周波数帯で鋭いビーム生成を行うMas... [more] RCS2016-234
pp.147-152
RCS, SAT
(併催)
2015-08-18
10:20
福岡 福岡大学 Massive MIMO伝送におけるビーム間干渉を考慮したビーム探索法のシステムレベル評価
武田大樹井上祐樹須山 聡岸山祥久奥村幸彦NTTドコモRCS2015-146
 [more] RCS2015-146
pp.85-90
RCS, AP
(併催)
2013-11-21
14:40
島根 松江テルサ [依頼講演]LTE-Advanced下りリンクにおけるSmart Vertical MIMOの屋外伝送実験
井上祐樹武田大樹齊藤敬佑川村輝雄安藤英浩NTTドコモAP2013-113 RCS2013-191
本稿では,Smart Vertical MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) につ... [more] AP2013-113 RCS2013-191
pp.79-84(AP), pp.103-108(RCS)
CPM 2011-10-26
16:25
福井 福井大学 産学官連携本部研修室 遷移金属を含有した低純度Si基板を用いた太陽電池の試作
武田大樹都築 暁籾山克章鹿又健作鈴木貴彦廣瀬文彦山形大CPM2011-116
Si太陽電池のコスト削減のために、低コスト材料である低純度Siの利用が期待されている。本研究では、低純度Siの利用を想定... [more] CPM2011-116
pp.37-39
RCS, IN
(併催)
2011-05-26
09:00
東京 機械振興会館 アダプティブアレーを用いた無線マルチホップネットワークのルーティングに関する基礎的検討
武田大樹西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大RCS2011-19
無線マルチホップネットワークでは,近隣ノードとの干渉が空間的な周波数利用効率を低下させる原因となる.このため,鋭いビーム... [more] RCS2011-19
pp.1-6
CPM 2010-09-10
15:00
東京 機械振興会館 遷移金属含有低純度Siを用いた太陽電池の製作
都築 暁武田大樹佐野裕紀鈴木貴彦廣瀬文彦山形大CPM2010-87
現在、多結晶Si太陽電池は製造コストが高く、低コスト化が望まれている。従来の多結晶Si製造法であるシーメンス法を用いずに... [more] CPM2010-87
pp.37-40
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会