お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IBISML 2022-12-22
14:50
京都 京都大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
問題文の難しさと学習者特性の時間発展を考慮した学習者正答予測
江原 遥学芸大
 [more]
TL 2022-12-11
10:30
ONLINE オンライン開催 知識追跡と受験者シミュレーション
江原 遥学芸大TL2022-26
 [more] TL2022-26
pp.1-3
ET 2022-11-05
14:55
ONLINE オンライン開催 事前学習済モデルを活用し問題文を考慮できる解釈性の高い適応的回答予測
江原 遥学芸大ET2022-37
近年,高度な意味的テキスト処理のための最近の標準的な手法として,BERTなどの深層転移学習に基づく深層言語モデルが用いら... [more] ET2022-37
pp.39-46
ET 2021-12-11
13:20
ONLINE オンライン開催 外国語語彙学習のためのテスト理論上の説明性を持つ多義語の用例の重要度の可視化
江原 遥学芸大ET2021-34
外国語の語彙学習においては、多く出現する語(高頻度語)ほど学習上重要と一般的に考えられている。
母語話者のテキストに現... [more]
ET2021-34
pp.29-34
TL 2021-09-18
14:50
ONLINE オンライン開催 語彙的難しさだけでリーダビリティはどの程度説明できるか? ~ 知識・対話・解釈性との関連から ~
江原 遥学芸大TL2021-14
近年、BERTなどの深層学習技術の向上により、文脈を考慮したテキスト分類が可能になってきている。
言語教育において重要... [more]
TL2021-14
pp.11-16
NLC 2021-09-16
16:40
ONLINE オンライン開催 英語学習者にとっての経済ニューステキストのリーダビリティ
江原 遥学芸大NLC2021-16
近年、Transformersなどの深層転移学習技術の向上により、所与のテキストのリーダビリティを自動的に判定する自動リ... [more] NLC2021-16
pp.45-50
ET 2021-09-10
11:30
ONLINE オンライン開催 教育的説明性を有する自動リーダビリティ判定に向けて ~ 語彙・概念学習支援の観点から ~
江原 遥学芸大ET2021-10
テキストから、人間が付けたテキストの難しさのラベルを予測する自動リーダビリティ判定は、Transformer等の深層転移... [more] ET2021-10
pp.11-16
HCS 2021-08-22
15:00
ONLINE オンライン開催 多様な自動リーダビリティ判定手法の性能比較と教育的説明性
江原 遥学芸大HCS2021-32
自動リーダビリティ判定は、所与のテキストの読みやすさを自動的に判定するタスクであり、難度を考慮した教材検索など様々な応用... [more] HCS2021-32
pp.84-89
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会