お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IMQ, HIP
(共催)
2017-07-21
16:30
北海道 札幌市立大学サテライトキャンパス 児童における心的回転への身体化手がかりの効果
蒔苗詩歌河西哲子北大IMQ2017-11 HIP2017-53
成人を対象とした研究において,身体化を可能にする視覚手がかりによる「身体への類推」が,心的回転の成績を向上させることが分... [more] IMQ2017-11 HIP2017-53
pp.29-31
HCS 2015-03-18
10:30
石川 山代温泉 瑠璃光 心的回転における身体化認知と男女差
蒔苗詩歌山崎圭子河西哲子北大HCS2014-126
心的回転課題の遂行には身体化認知(embodied cognition)が関わる.このことは図形に頭部を付けると図形全体... [more] HCS2014-126
pp.81-84
HCS 2013-03-05
14:00
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 注意拡散への図式的顔の効果
丁 欣放北京大)・河西哲子竹谷隆司山田優士楊 菲北大HCS2012-106
 [more] HCS2012-106
pp.161-166
ITE-HI, ITE-CE
(共催)
HIP
(連催) [詳細]
2011-11-11
15:00
宮城 東北大学電気通信研究所2号館4F大会議室 物体ベースの注意選択における複数のゲシュタルト要因の効果 ~ 事象関連電位を用いた検討 ~
竹谷隆司河西哲子北大HIP2011-56
物体ベースの注意選択は,物体あるいはゲシュタルト要因により群化した要素群全体に注意が誘導されるプロセスで達成される.本研... [more] HIP2011-56
pp.83-88
HIP 2007-06-28
- 2007-06-29
北海道 北海道大学百年記念会館 オブジェクトに基づく注意誘導には2段階ある ~ 事象関連脳電位からの証拠 ~
河西哲子北大
注意はオブジェクトを基本単位として選択する.これはオブジェクト内の領域全体に注意が自動的に拡散する過程を通じて達成される... [more]
HIP 2007-06-28
- 2007-06-29
北海道 北海道大学百年記念会館 健常成人における自閉症尺度得点による視覚処理特性の違い
片桐正敏河西哲子室橋春光北大
Milne らは,高機能自閉症を持つ人たちが健常者と比較して,背側経路における弱い情報システムを持つことを指摘している。... [more]
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会